プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ

プーケットのホテル、ツアー、グルメ、スパエステ等、観光お役立ちブログ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

【ジェムズギャラリー】 ==  


プーケットにある、一番大きなジュエリーショップといえば、
プーケットタウンのバイパス沿いにある、ジェムギャラリーだ
と思います。ジェムズギャラリーといえば、バンコクをはじめ、
タイ各地に店舗を構える、ジェムズショップです。

宝石の他、お土産も置いてありますが、やはりここは、
アクセサリーを見るお店。ハンドクラフトやお土産は
プーケットの名産は揃っていますが、日本人の好みには
いまひとつかなと思いました。

宝石=高そう と思うと足がすくみますが、
押し売りされるわけではないので、多少でも宝石に
興味がある人だったら、歩いて見て回るだけでも、
かなり楽しいと思います。

店内にはいると、宝石の紹介や加工方法などをスライドで
見学するお部屋があります。こちらは見ても見なくても。
ジェムの販売のお部屋はとにかく広いです。真珠、ルビー、
サファイヤなどのブースは、壁際にあって、真ん中近くには
ダイヤモンド、部屋の一番中央が、VIPスペースというこ
とで、一番高い商品が集まったスペースとなっています。
ピアスやネックレスといったものから、ベルトのバックルなど
もあり、デザインは、白人受けしそうなものが多かったです。
同じデザイン、同じ石で、ネックレス、指輪、ピアス、腕輪を
セットにしたものも、真ん中あたりにあり、600万バーツぐら
いから。ロシア人のお客様が好んで買っていくらしいです。

また、部屋の中でもかなりのスペースを占めるのが、
タイ南部の真珠。ナカノイ島で取れた真珠が置いてあります。
塩水、淡水のものがあり、淡水のものだったら、ロングの
ネックレスで3000バーツぐらいから。タイ南部ならではの
おみやげとしていかがでしょうか。

日本人に人気があるのは、サファイヤ、ルビーということです。
土台は、14K、18K、ホワイトゴールド、プラチナなどがあり、
大きさ、デザインも様々です。値段もちゃんとついています。

ぶらぶらショーケースを見るだけでも、ちょっと楽しいです。
もちろん、気に入ったものがあったら定員さんに見せて
もらえます。日本語を話せるスタッフも、数人います。

お土産コーナーには、タイシルク、ベンジャロン焼き、
ワニやエイの皮製品、セラドン焼き、アロマグッズ、
ピューター、99.9%のシルバー製品などがあります。

パトンやカロン、ラワイなどにご滞在でしたら、
空港に行く途中にお店を通りますので、
立ち寄ってみるのも良いです。


GEMS GALLERY
OPEN 09:00-18:00

☆プーケットでのショッピングは、お得な
当社のチャーター、タクシーサービスをご利用ください☆
http://www.blueisland-phuket.com/bi4.html

☆プーケットのホテル、ツアー、スパ予約はブルーアイランド☆
http://www.blueisland-phuket.com/

BY さくらこ

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事