プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ

プーケットのホテル、ツアー、グルメ、スパエステ等、観光お役立ちブログ!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全397ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2005年より継続してきた
こちらのブログですが、
ヤフーブログのサービス終了にともない、
新しいブログにお引越しすることになりました。

新しいブログアドレスはこちら



「新・プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ」

https://phukettown.hatenablog.com/

はてなブログになります。



また新しい場所で、古い記事を整理しながら
続けていきたいと思っています。



当社HP

BY さくらこ

KOPI DE PHUKE

先日、久々にタウンの老舗カフェである、KOPIに行ってみました。
駐車場がないので、なかなか行けない場所なのですが、
落ち着ける場所です。

しばらく行かないうちに、メニューは従来のものでしたが、
値段が結構値上がりしていました。
会計を見たとき、計算間違いかと思って、伝票二度見したぐらい。

ただ、以前と変わったところといえば、コップが可愛くなっていた!
ドリンクでアイスのものを頼むと、時計塔の絵柄のついた、
オリジナルのプラスチックのコップで出てきます。

イメージ 1

イメージ 2


これ、プーケットっぽくてイイ!
使いすてするのが、勿体ないぐらいでした。
レトロ風の絵柄も好き。

ランチはプーケットの福建麺のやきそばと、豆腐デザートを
楽しみました。

イメージ 3

イメージ 4


客層は相変わらず、地元タイ人が多いです。
ちょっとハイソ系な中華系タイ人が、お店を陣取っていることが多いです。

ガラス瓶に入ったお菓子も昔のまま。
おじさん一人でも、ふらっと入って、コーヒーとお菓子をつまんでいます。
地元民にとっても憩いの場所です。

メニューは英語で写真付きですので、もちろん観光客でも大丈夫です。
お勧めは店名にもなっている KOPI(プーケットコーヒー)です。
豆腐デザートもおいしいですよ。


過去記事はこちら。

過去記事の写真では、コップはふつうにお店のロゴになっていますね。



当社HP

BY さくらこ

先月タイのイオンで、JCBカードを作ってみました。
タイ在住で、労働許可証を持っている人だったら、
いろいろ特典もあるので、持っていてもいいかもです。

プーケットではVISAやMASTERが主流で、JCBを使える
お店が少ないため、私も今回初のJCBです。

ということで、この一か月ぐらい、いろんな場所の会計で
JCBカードを出してトライしてみた結果報告。

プーケットでJCBカードが使えるところ。

大型スーパーや、デパートの中では、唯一BIG Cが
スーパーのレジでJCBカードを利用できます!
ちなみに、ロータスとロビンソンデパート(プーケットタウン)は
使用不可でした。

セントラルデパートでは家電のパワーバイでは利用できます。

飲食店によっては、扉にJCBカードの
ステッカーが張ってあるところもあります。(数少ないですが・・・)
プーケットタウンのKOPI DE PHUKETも張ってありましたが
600バーツ以上の飲食で利用可能となっていました。

バンコクにもあるチェーン店は、使えるところがいくつかありました。
電話会社AISの支払い、フジレストラン、セントラル別館に
入っているホームセンターでも使うことができました。

あと、ムックダースパの製品ショップでは5%手数料が
かかるようですが、使用可能って書いてありました。

日系のユニクロや、マツモトキヨシではもちろん利用可能です。

JCBカードの特典っていう記事じゃなくて、使える場所っていう
記事なのがちょっと寂しいですが・・・。

バンコクだったら、ほぼどのレストラン、ショッピングモールでも
利用することができました。
NARAYAや日系飲食店での割引などがあるみたいですよ!


当社HP

BY さくらこ

エレファントラバーズ

イメージ 1



フォトジェニックにぴったりの大人気ビーチエレファントツアー、
新しい象乗り場がオープンしました。
と言ってももともとあった「パンチャーンカマラ」が事業拡大、
ビーチの方にも乗り場を広げたんですが、象の扱いでは定評のあるさすがパンチャン!
といった内容になっています。

場所は、以前にもブログで紹介したことのある「HUA ビーチ」になります。
山を降りていったところにあるビーチなので、緑もたっぷり
日陰が嬉しいビーチです。

過去ブログはこちら
嬉しいことに、レストランとビーチチェア(少ないけど)が出ていました。

選べるコースは3つあります。
エレファントラバーズ1(30分):ビーチで餌やり、象さんとふれあい、
ジャングルをお散歩
エレファントラバーズ2(1時間):1のコースに海に入って遊ぶがプラス。
エレファントラバーズ3(30分):ビーチで餌やり、海に入って象さんと遊ぶ

潮が満潮でないと海には入れないとのことで、
今日は1のコースを体験してきました。

イメージ 2


山の上の方に象さんの寝泊まりするキャンプがあるとのことで、
ゆっくり降りながら登場。
ジャングルの間からちらりと見える象が、大自然な感じ。

イメージ 3

イメージ 4


まずは象への餌やりですが、たっぷりバナナが用意されています。
全て料金に含まれているので、ケチらずたくさんあげてOK!
甘え上手な象にすでにメロメロ・・・・。
象は6才、30才、34才のメスの象が3頭。
象使いが声をかけてくれるので満遍なくふれあえます。

次にお散歩。一番若い6才の象を連れてジャングルへ。
ジャングルと言ってもただの山道で、道がないところには入っていかないので
ご安心を。

イメージ 5


象に乗ってのトレッキングではなく、一緒にお散歩です。
象使いの「はい、こっち行くよ?」「そろそろ行くよ?」という掛け声で
のんびりぶらぶら歩きます。
バナナを袋に渡されますので、それを渡しながら・・ですがあっという間に
あげてしまいました。
バナナがなくなった後は、道端の草を食べながら(笑)
芸を披露してくれたり、写真のためのポーズをとってくれたり。
トレーニングしているのか鼻を使って上までリフトもしてくれました。
もうなんて可愛いの?!

イメージ 6


もちろん象にも乗れますよ。座席はないのでベアバックという直乗りになります。
トレッキングとなると、やはり座席をくくりつけておかないと危ないので
やらないとのことでした。

イメージ 7


ここのポリシーとして、「調教用のフックは使わない」「足かせをつけない」
「象を傷つけない」というのが徹底しているので、見ていてとても気持ちがいいです。
象もすごく自由で人懐っこいんですよね。
長くプーケットにいて象と触れ合う機会も多かったですが
こんなに象が可愛いと思ったのは正直初めてで感動しました。

イメージ 8


今度は満潮の時を狙って、海で「映え」写真をとってきます!

●エレファントラバーズ1コース
30分の象さんとの写真、餌あげ、ビーチ、ジャングルウォーク
大人/子供 一人1500バーツ

●エレファントラバーズ2コース
60分の象さんとの写真、餌あげ、ビーチ、ジャングルウォーク
大人/子供 一人2200バーツ

●エレファントラバーズ3コース
30分の象さんとの写真、餌あげ、ビーチスイミング
大人/子供 一人1500バーツ


上記料金には、パトン、カマラ、スリンのホテルは無料送迎が
ふくまれております。


イメージ 1



今年は2月5日が中国正月(春節)でしたが
その前後を含めプーケットも街が飾られたり、
ジャンクセイロンやセントラルなどデパートでもイベントが開催、
お祭りが続いていました。
子供達も「お年玉いくらもらった?」などと盛り上がっていましたよ。

イメージ 2


さてプーケットで一番大きな中国寺院で、観光客にも人気の
「ワットシャロン」のお祭りです。
一年に一度ということで、家族連れやカップル、
学生グループなどで賑わいます。
日本で言うところの初詣的な感じですね。
しっかりお参りして、そのあとは周りの屋台を楽しみます。

イメージ 3


夜はお寺もライトアップしていてとても綺麗でした。

表通りから入ってくると、まず園芸屋さん多数。
可愛い観葉植物から、実利を兼ねた果物の木も多く
あの果物はこんな木だったんだ?とみるのも楽しいです。

イメージ 4


屋台は食べ物、雑貨、土産物と盛りだくさんでした。
正直どこのマーケットよりも品揃えは豊富。
ござやカゴバックなど扱っているお店もあり、外国人観光客に人気でした。
日本でも今人気のうさぎの耳が長い帽子も売っていました。

イメージ 5



いつもそうなのですがタイは一つのことが流行ると、そのお店がバーっと出て
あれ?あのお店好きだったのに、ない・・・ということが多々あります。
今年は、「ナコンシータマラート産のタバコの葉」。
きつさ?のレベルがあるようで
ソフトからハードまでいくつか扱っている店があちこちにありました。
あとなぜか今年は虫(食用)の屋台も多かったのか匂いがきつい!
家に帰ってからも体に匂いが染み付いてしまったようで、困りました。
タイの屋台あるあるだとは思うので、興味のある方は
ぜひ食べてみてください。

イメージ 6


もちろんシュールな遊園地?も健在。
残念ながらハイテク乗り物はもうありませんでした・・・。
こちらの今年の目玉は鯉の餌やり。
小さい哺乳瓶に入った餌をあげるのですが、楽しいのかな・・・?

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


金魚すくいマスターの名を欲しいままにして、今年のお祭りは終了。
来年の屋台は何が流行るのか楽しみです。

イメージ 10


全397ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事