Allegro vivace

クラシック音楽ヲタクの日々のつぶやき(ぼやき?)です。

allegro vivace

すべて表示

アレグロ ヴィヴァーチェ

allegro(伊)
1 陽気な、快活な
2 楽しい
3 朗らかな、鮮やかな
4 みだらな、軽はずみな、身持ちの良くない
5 のんきな、だらしない
6 ほろ酔いの
音楽用語 アレグロ 急速調 プレストとアレグレットの中間速度

vivace(伊)
1 活発な、元気の良い、快活な、すばしっこい
2 回転の速い、鋭い、聡い
3 生き生きした、活気のある
4 鮮明な、鮮やかな
5 多年生の
音楽用語 ヴィヴァーチェ 速く、生き生きと

『allegrro vivace』とは『行け行けドンドン!』『何でもアリ!』ってことなの!
と、ある指揮者さんが仰っていました。

traviata(伊)
『La Traviata』と言えばオペラ『椿姫』の原題。

「toraviare(動詞)」の過去分詞「traviato」
過去分詞は形容詞として使われることもあるので
男性形が「traviato」、女性形が「traviata」。
その「traviata」に女性形定冠詞の「la」をつけて名詞化したのが
『La Travita』=『椿姫』。

では動詞「toraviare」の意味は?というと
traviare(他動詞)
1 道を誤らせる、堕落させる
2 (正直から)遠ざける
traviare(自動詞)
1 脇道にそれる
2 堕落する

その過去分詞「traviato」
1 道を踏み外した、堕落した     《『伊和中辞典(第2版):小学館』による》

『La Traviata』とは
『道を踏み外した女』『堕落した女』と言う意味。

オペラ『椿姫』も、もちろん好きですが
このイタリア語としての本来の意味がけっこう気に入っています。

《今日のBGM》
『La Traviata』:VERDI(ちなみに「verdi」とは緑色の複数形)

その他の最新記事

すべて表示

歌いたい 歌ってほしい

2011/6/5(日) 午後 5:28

ここしばらく、mixiメインで、このブログも久々。 でも今回はできるだけ多くの人の目に留まってほしくて こっちに書きます。 学生時代歌った曲に「幻の祭り」という曲がありました。 合唱組曲「幻の祭り」 ...すべて表示すべて表示

2010年

2010/8/15(日) 午前 1:36

今年は、ほとんど毎月本番。 それも、けっこうハンパ無い規模のが。 曲のボリュームで言ったら、たぶん4月の『ミサ・ソレムニス』だろな。 めっちゃ疲れた。 でも、日程のキツさと中身の濃さで言ったら、8月の『アキ ...すべて表示すべて表示

CONCERT in 2008 は…

2009/1/16(金) 午前 4:03

新年早々、自分の本番からスタート。 01.01月03日 ニュー・イヤー・ガラコンサート 02.03月22日 札幌サンプラザオペラ「ジャンニ・スキッキ」 03.03月23日 同上 2日目 04.06月21日 第61回コー ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

jack のヴァイオリン練習室

今週のヴァイオリン練習・・・暗譜、ダブルフラジオ苦戦中、ブレイク・インタイム

- 8月発表会の曲の暗譜は完了したようです(笑)。「ようです」というのは、前後の流れやポジション、指を置く手順などを思い出しながらゆっく...

つれづれ雑記

「帝一の國」

当初全く観るつもりがなかったのですが、映画館の予告の勢いで観てしまいました。 なんかレヴューも高評価だし。 「帝一...

農民芸術学校ブログ

えこふぁーむ農産物と音楽会のご案内

ご無沙汰しております。もっぱらフェイスブックの発信に頼るようになり、こちらはすっかり投稿しなくなってしまいましたが、こちらしか見られない方もいらっしゃ...

未登録です


.


みんなの更新記事