ここから本文です
Wild Flowers
クリーブランドでの庭仕事、生活、出張先の雑記です。

書庫全体表示

Viburnum Leaf Beetle

もしかして・・・とは思っていたのですが、我が家のバイバーナムのいくつかもViburnum Leef Beetleにやられました。デッキの近くにある1本はすでに枯れ木状態。もうひとつはこんな感じです。
 
イメージ 1
 
Viburnum leaf beetleはもともとヨーロッパの害虫で、北米では1947年にカナダ、オンタリオ州のナイアガラのあたりで見つかったそうです。そこから、メイン、ニューヨーク、ペンシルバニア、ヴァーモントに広がり、2002年にオハイオ、Ashtabula countyで見つかり、2005年にはLake, Summit, Mahoning, Lorainカウンティ、そして2007年に我が家のあるCuyahoga countyに至ったそうです。そしてさらに広がっています。
 
対処法は、卵を産み付ける10月から4月にお薬を撒くこと(全く出遅れ!)。それを逃したら、5月初め(これもときすでに遅し)。このあとは、虫がすでに大人になっているので、夏の中旬から終わりにかけてお薬を撒くことだそうです。
 
家庭で使うお薬は、Acephate、Carbaryl、Eyfluthrin、Imidacloprid、Malathionが含まれているものと言われました。まったくきちんと発音できないので、すぐに忘れます。
 
数本の枝のみが影響を受けている程度なら、枝を切り落とすこともひとつの方法です。
 
うちは木が多いので、その谷間に育つViburnumもかなりあり、被害が大きいです。幸いなのは、この虫はほかの木には被害を与えないこと。少しほっとしました。

  • 顔アイコン

    葉はガマズミで花は飾り花が有るのでムシカリ、葉の食われ方はムシカリ。どちらも同じスイカズラ科ガマズミ属ですがどちらでしょうね? ムシカリの名前の由来は「良く虫に食われる」事から来ているそうです、山に行けば写真と同じような虫に食われた葉を、ごく普通に見られます。葉を食べるのがbeetleなんですね。

    [ GGnoK3 ]

    2010/5/25(火) 午前 9:36

    返信する
  • 顔アイコン

    GGさん、バイバーナムはよく虫に食われる木ですか!納得です。穴のあいた葉っぱをよく見かけます。このBeetleの害は、何といっても、あっという間に葉っぱがすっからかんになくなってしまうということのようです。

    Clara

    2010/5/25(火) 午後 9:07

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事