dorataroの宝石箱(メロン味)

自転車・お洗濯・レコード鑑賞・金魚の飼育など…

全体表示

[ リスト ]

どうもこんばんわ。
今回は第八回目です。まだまだ続きます!w
第一回目はコチラです。

☆前回までのあらすじ…

イメージ 1
小島にすぎない伯方島の外周を選んだばかりに、強烈な紫外線
激しいアップダウンに苦しめられる筆者。

イメージ 2
なんと、外周道路が高度を下げぬまま、しまなみ海道とリンクしていました…

イメージ 3
なるほどね…(しみじみ)

イメージ 4
専用道を経て、伯方・大島大橋へ…

イメージ 5
今日は、紫外線が強いです☆(二度言いました)

イメージ 6
ウチの親戚に「自称・村上水軍の末裔」がいらっしゃいますが、真偽は不明です☆

イメージ 7
日陰だと快適なんですけどねぇ…(日焼け止め&帽子を忘れて後悔中…)

イメージ 8
はるか頭上を走るしまなみ海道。

イメージ 9
もうこんな坂慣れましたし☆w 小径+9段変速で、登り切ります♡

この島で、私は不思議な光景を見ました。

少し離れた先に、高校生くらいの「イケメン・ビアンキくん」が疲れてしゃがんでいるのが小さく見える。一方、私の目の前にはロードバイクでフル装備の女の子が居る。つまり、折りたたみ自転車の松崎しげるみたいなおじさんは一番うしろに居る。三者はそういう位置関係にある。
んで、ビアンキくんはくたばっているので、女の子とおじさんは、彼を抜いてゆく。しかし脚力がないとも思えないのに、彼を抜き去る女の子がえらく遅い。一方、おじさんは疲れているので、うまく女の子を抜き切れず、しかたなく彼女についてゆく。

しばらくすると、疲労回復したと思しき「イケメン・ビアンキくん」が一気に我々二人を抜いていく。すると突如として、女の子がスパートして「イケメン・ビアンキくん」を猛追!

イメージ 10
そして恐怖すら覚える猛烈な下り坂…

ところが小径車には難しい下り坂となり、キャッキャウフフと追いかけごっこで青春を謳歌している二人の仲をドス黒く濁ったヤキモチで引き裂こうとする見苦しいおじさんは、ぐいぐい距離を引き離され、彼らに追いつけない。

イメージ 11
そして彼らは下り坂終点の海浜公園でビバーク… ケッ!好きにしろ!(※ヤキモチです)

おじさんはね、一人でさすらいに来たんです。感傷に浸りに来たのです。
いいですか?、別に、若い皆さんに当てつけられにきたんじゃないんです!
そこんとこよろしく(古語)

イメージ 12
というわけで、しまなみ海道ファイナルブリッジ「来島海峡大橋」です。

遠目に眺めただけでも壮大なループ。わざわざ自転車・原付きのために作られた建造物としては世界最大級のモノなんじゃないでしょうか。遠目に見るだけで大迫力です。尋常ではありません。

イメージ 13
ファイナル・ステージの入り口は意外に地味でしたが…

イメージ 14
助走がとにかく長い長い!橋が遥か彼方です。

イメージ 15
まだ入り口ではありません。ここからが凄かった…

イメージ 16
しまなみ大橋界ラスボスの本領発揮…

イメージ 17
ここからどーなるのかと言うと…

イメージ 18
天国にあなた〜♪

イメージ 19
一番近い島〜♪(ちびりそう)

イメージ 20
ここまで徹底的だと、爽快ですね☆(日が暮れたらどうなるの?通行できるの?)

イメージ 21
まぁ何はともあれ、すごいです。

イメージ 22
「やべぇ!すげぇ!かっけぇ!」と、語彙力が急速に低下しています。

イメージ 23
よくこんなものを造りましたな…、とだけ…

イメージ 24
下山します。ただただ「ものすごい構造体でありました」とだけ…

イメージ 25
これは自転車愛好家のためだけの、特大の遊び場です。

イメージ 26
そしてついに"四国本土"到着。お疲れ様でした<私

イメージ 27
今来た場所を下から見上げた図。ただただすんごぃ。

イメージ 28
そしてサイクリストの定宿「サンライズ糸山」がありました。
大変流行っており、拡張工事中でした。

イメージ 32
「思えば〜遠くへ来たもんだ、この先どこまでゆくのやら…」と、つい呟く眺め。

イメージ 29
ただ私は市内中心歩まで行きますので、通過します。

イメージ 30
海沿いルートですが、路面が最悪。徐行しないと走れないレベルです。

イメージ 31
邸宅街→漁師町→市の中心部、へ駆け抜けます。

イメージ 33
中心部に入りましたね。


イメージ 35
夢の昭和30年代! 夢の防火帯建築

イメージ 36
防火帯建築こそが地方景観の醍醐味の一つと言っても過言ではありません。

イメージ 37
ただ、誰も人が歩いていない気もしますが…

イメージ 38
人が… いない…

イメージ 39
人が…

イメージ 40
どこにもいない…(小学校の廃校)

おそらく郊外化してしまっているのだろう、ということはすぐ想像がつきましたが、この中心街から察する感触としては、郊外自体も人は減っているのではないか、という印象です。

ホテルにチェックインする前に、お城の回りをウロウロしたのですが、う〜ん…呑み助はどうだか知りませんが、別に飲まない人にとっては、ホントどこにも行くあてがない。スーパーで惣菜を買い込むコース確定です。

そして今治にて今回お泊りしたホテルも、自転車待遇がバッチリでした。
到着後、何はともあれ、まずは風呂に入る!続いて大慌てで洗濯をする!
その後にくまモン4号はママチャリ仕様になり、近所のスーパーへお惣菜を買い出しに出掛けました。

イメージ 41
ホテルの真正面で野宿を決行する割と図々しい皆さん☆

イメージ 42
地元ブランドの菓子パンをゲット!でも開封せずにお土産コース。

廃墟写真も当然あちこちで撮ったんですけれど、自粛します。
明日は雨が確定の予報。福岡の711から持ち込んだ雨ガッパが活きるハメになってしまいました…とほほ。


そりでぃわ〜

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事