ここから本文です
じじい見習いのアウトドア日記
バイク、自転車、登山、野鳥観察、釣り、山野草などアウトドア活動の記録です。

遠い鳰(にお)

ご存じの方もあると思いますが、鳰(にお)とはカイツブリの事です。
今は中々鳥が撮れないので、先日ある川で見かけたカイツブリを。(遠くて良い写真ではありませんが)

イメージ 1

前日が大雨で増水していましたが、無事にやり過ごしたようです。
イメージ 2

巣を作る?
イメージ 3

ゼブラキッド(子供)が二羽ほど見えていました。
イメージ 4

近くから撮ろうとそっと近寄りましたが、気付かれて隠れてしまいました。


さて、今日の花は鳳仙花(こちらの方言ではトッサゴ)。
イメージ 5

昔、夏にはどこの家の庭にも植えてあった花で、今でも夏と言えば先ず鳳仙花が思い浮かびます。


         記憶の実 山と弾くや 鳳仙花

         A touch-me-not
                          Ready to squirt
                          Tons of memories


注)鳳仙花は何と初秋の季語です。
鳳仙花の英語名は色々あるようですが、touch-me-not (触らないで)がピッタリくるような気がします(笑)。          

向日葵と揚羽蝶

前回撮った向日葵(ヒマワリ)畑とは別な畑を見つけました。

花の並びは今ひとつだなあと見ていると、おっ、揚羽蝶(アゲハチョウ)が一頭。

イメージ 1

黄色い向日葵と黒い紋黄揚羽(モンキアゲハ)のコンビネーションが良いなあ。
イメージ 2

イメージ 3

向日葵の花は大きいようで、
イメージ 4

小さいような。(一つの大きな「花」に1000〜2000の小さな花があるらしい)
イメージ 5

吸蜜に苦労してる?(そうではないかも知れませんが)
イメージ 6

それは兎も角、揚羽にはここに居てくれて有難うという思い(笑)。
イメージ 7


          揚羽蝶 向日葵の花 馳走かな

                                Sunflowers are heliotropes

                                Do butterflies like that?
                                They don't care


注)揚羽蝶も向日葵も夏の季語で、ダブっています。

また雨

南九州は昨夜からまた相当な雨が降り、土砂災害警報が出ていました。
しかし昼頃には雨は上がったので、ちょっと外出。

普段は小滝が連続する川ですが、かなりの増水で様相が違う。
イメージ 1

先日見つけたボタンクサギの花に、モンキアゲハ。
イメージ 2

クサギの花もアゲハは好きですが、このボタンクサギも好きらしい。
イメージ 3

雨が止んだ隙に農家の人達は畦の草刈り(中央)。稲が少し色づいてきました。
イメージ 4


         長雨も 何するものぞ 稲穂垂る


夏の百舌鳥

百舌鳥(モズ)は高鳴きを始める9月頃はよく撮りますが、それ以降はあまり撮らなくなります。冬鳥が増える事もあるし、春以降はあまり見なくなるというのが理由。
しかし、実際百舌鳥は通年居て、ある場所では毎年繁殖しているのを確認しています。

この百舌鳥も先日その場所で撮ったもので、多分若い鳥だと思われます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


さて、今日の花はカノコユリ(鹿の子百合)。我が家のは未だ咲いてないので、人様の庭先の花を(笑)。
ボツボツが苦手な人は、オニユリよりカノコユリの方がダメでない?(笑)
イメージ 5


          桃色の 花提灯や 鹿の子百合



幸い今日は晴れたので、定期サイクリングに。
と言っても、時間の都合で一時間40分、約30Kmだけでしたが。

イメージ 1

途中で見た向日葵畑に、おおっ!
イメージ 2

特大の向日葵ではないけど、数に圧倒されて思わず幸せな気分に(笑)。
イメージ 3

青空に大きな赤い花がいかにも夏。芙蓉の一種と思いますが、名前は?
イメージ 4

ニワトコにクロアゲハ? いや、オナガアゲハかも。
イメージ 5

走行中に今季一番目のタマムシを発見。
イメージ 6

元気が良くて、離したら直ぐに飛んで行きました。
イメージ 7

イメージ 8


        畑(はた)埋める 向日葵に顔 ほころびぬ


注)向日葵(ひまわり)は夏の季語。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事