ちょいと気ままに遺跡探訪(たまにレストア)&雑記

おじさんナウ : 引っ越し先(FC2版)はコチラ→ https://saiseiojisan.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

(*-゙-)ウーン…
 
ま、まさかコンビニが朝の6時からでないと開いていないとは・・・・ヽ(;´Д`)ノハラヘッタゾー
 
避暑地だけあって、オフシーズンはコンビニもオフシーズン・・・・・・・
 
開店時間まで山でも見に行って、競馬場跡地でも覗きに行くとしましょうかねぇ〜♪
 
ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
 
空気が (o ̄∇ ̄o)y-~~ ウ、ウマイ・・・
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↓真正面の山が押立山です。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さてさて・・・・
 
この軽井沢競馬場・・・・
 
郷土史では、「軽井沢競馬場」の他に・・・・・・・
 
「南軽井沢競馬場」とか「地蔵ヶ原の競馬場」とか呼ばれています。 (*-゙-)ウーン…ヤヤコシイ
 
当時の写真(明治・大正・昭和 思い出のアルバム軽井沢(高橋正義著、1976年6月1日発行) P38より)
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
他に参考資料として、ネットに絵葉書と平面図が出てました。(;^ω^)
 
どうやら、「競馬場」とは、アーカイブ写真(USA-M407-70 1947年08月13日撮影)に写っている、
 
大観楼の下のオーバルコース状のブツを指している様です。

(間違っていたら、もう一度、徹夜して行くまでです(笑))
 
で、グーグアースに当て嵌めますとこうなります。(丸く描いたのは大観楼)
イメージ 3
平面図と方角がずれているのが、ちょいと引っ掛かりますけどね・・・・・・・(。・_・?)ハテ?
 
まぁ、この四角部分が特攻隊の飛行訓練所もしくは練兵場?だったのでしょう。 (-ω-。)ゞ

軽井沢町誌 歴史編(近・現代編) (軽井沢町誌刊行委員会、昭和63年3月31日発行)
 
P354より
 
 「八丈島から、老人・女・子供ばかりで数百人(くわしい人数は、防諜の理由で公表されなかった)の人たちが強制集団疎開で南軽井沢の、もと特攻隊訓練場の宿舎に入居したのは、敗戦の年の一月か、その前年の十二月ごろのことであった。
 軽井沢の南にある地蔵ヶ原は、わたしが東京から疎開してきていた追分から、徒歩で一時間ぐらいの距離にあった。新聞には、『南軽井沢競馬場あと』としてあり、『つい二、三ヶ月前まで特攻隊の飛行訓練場であった』ことは、これも防諜上、匂わしてもいなかったが、地蔵ヶ原の競馬場が、戦争になってから、特攻隊の訓練場に転用されていたことは、隊員の下着の選択の奉仕に、大日本国防婦人会の末端組織である追分班の婦人たちも当番で動員され、わたしの妻もいくたびか出かけていって知っていた。」(風間道太郎 暗い夜の記念)と回想されている。特攻隊は大観楼、押立ホテルを宿舎としていたのである。

 
①地点から南方向(押立山方向)
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
①地点から北方向(軽井沢駅方向)
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、①地点から東方向(競馬場があった方向)
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
木で良く見えないので、少しばかり移動〜っ
 
②地点から南東方向(競馬場があった方向)
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
−③(南軽井沢飛行場跡地と治安の礎)に続く−

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事