トラストサルン釧路ブログ

活動報告や釧路湿原情報などをお伝えします

全体表示

[ リスト ]

コッタロ水源林保護地観察会を開催しました!

 6月25日にトラストサルン釧路コッタロ水源林保護地(第21号トラスト地)の観察会を行いました。コッタロ水源林保護地は釧路湿原のなかでも、もっとも原生的な湿原が残っていると言われているコッタロ湿原の隣接する丘陵地帯でコッタロ湿原の水源地の一部となっている場所です。
 当日は朝から曇っていて、雨の予報。どうなるか分かりませんでしたが、天気の悪い中、14名の方にご参加いただきました。
 開始前からパラパラと霧雨が舞っていたので、コッタロ第一展望台の建物の中にまずは、集まりました。

イメージ 1
黒沢理事長から保護地についての説明がありました。

 霧雨をおさまったので、とりあえず、雨が降るまでということでスタートしました。車に分乗して、入口まで移動し、そこから見晴良い丘に向かって歩きはじめました。

イメージ 2
途中、丘陵地の森についての話がありました。

 途中、両側の林を見ながら、ここが一度伐採された林であることや、遺跡などの埋蔵地でもあることなどの話をしながら歩きました。

イメージ 3
坂道をゆっくりと上がりました。

イメージ 4
コッタロ湿原の反対側です。牧草地が広がっていますが、ここも昔は湿原でした。

 コッタロ湿原が見渡せる丘まで上がり、眼下に広がる湿原を一望しました(勝手に「コッタロ第四展望台」と名乗っています)。残念ながら、タンチョウは見えませんでしたが、いま、湿原で問題となっているシカは確認でしました。

イメージ 5
展望台で記念撮影

 この後、沢まで降りる予定だったのですが、残念ながら、雨が再び降りだしてきたので、ここで引き返しました。来た道を戻り、第一展望台まで車で戻って解散となりました。
 あいにくの天気で、予定の半分くらいの行程で終了となりましたが、参加された方は、それぞれ楽しんでいただけたようです。
 これからも保護地の観察会や巡回を行っていきたいと思います。機会があれば、ぜひ、ご参加ください。








この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事