ここから本文です
侍浪〔ジロー〕が釣りに行く!
侍浪〔ジロー〕の釣行記や日々の出来事を紹介しています。愛亀の「キーちゃん」のことも・・・。


そろそろ真鱈の白子も完熟している頃だろうと、

週末(土曜日)は積丹の『真鱈』釣りを予約していましたが

やはり大時化で中止に・・・。

そして翌日(昨日)の日曜日に振り替えたけど、やはり回復せず・・・。


この時期になると、日本海側の釣りなかなか思うようにいかないですね。



と言って、

諦めがつく訳はなく、ならば太平洋側に釣り友3人で出張してきました。



場所は、苫小牧と白老の中間の『樽前沖』。

いわゆる『社台ファーム沖』辺りです。

イメージ 1

今回の狙いは、大型の『真カレイ』。

情報では、あまり良くないということだったけど、

数は少なくても、あのカレイの強烈な引きと、

太平洋の旨いカレイを堪能しちゃおうという訳です。







朝6時に苫小牧西港を出港して、釣り場まで1時間ほどかかるので、

Uさんはイビキをかいて熟睡。

寝るには丁度良いくらいの時間だったようです。

イメージ 2













釣り場に到着。

風は微風、程よい凪で釣りやすい状況ではありましたが、

序盤からなかなか厳しい状況が続きました。

イメージ 3


ちなみに、上の写真に写っているダイワの釣り竿(船べりに立てている竿)。

使おうとセットしておいたんですが、すってんころりんと滑って転んで

私の体重の重みで真っ二つに折れてしまいました。

余談ですが・・・。










と・・・・

気持ちを切り替えて、いつもの予備竿で挑みます。

イメージ 12













しかしながら、

餌取り(ギスカジカ)の猛攻!

イメージ 4













ギスカジカとセットで、手の平にも満たない木の葉サイズの

宗八カレイです。

イメージ 5













宗八カレイと言っても、唐揚げにもならないようなものばかりで、

下の写真のサイズでもまだ良いほうなんです。

イメージ 6


持って帰ってもしょうがないので、

死んでリリースできないもの以外、すべてリリースさせて頂きました。












あとは、この『小サバ』も餌取りに加わり、辛抱する時間が続きます。

イメージ 7













きっと、本命は居るのでしょうが、

コイツラが先に食ってきてはどうにも打つ手はありません。

Oさんも、20センチくらいの真カレイが釣れたものの大苦戦です。

イメージ 8













周りの船も、移動を繰り返しているところを見ると

同じく思わしくないようです。

イメージ 9












そんな状況でも、

釣り名人のUさんだけは別格でした。

イメージ 10














ようやく、私にも一匹目の真カレイらしいものが釣れても

30センチ程度このサイズ。

イメージ 11













Uさんだけは良型がポツポツと・・・。

イメージ 13












こんなサイズの真カレイまで釣り上げていたました。

イメージ 14













終盤に差し掛かって、私にもポツらポツらきましたがこの程度。

下に隠れている『石カレイ』は40センチ超えの刺身サイズかな?

イメージ 15












そんな時間も長くは続かず、

徐々に強風で釣り辛くなってきたので、正午前に断念して帰ってきました。

イメージ 16













最終は、

リリースできなかった小さいカレイを含めてこんな程度でした。

イメージ 17


まぁ、翌日は仕事ですし、捌くには適度な量なので

良しとしましょう・・・?

ちょっと、真カレイが少なく、石カレイのほうが多かったのは残念でしたが・・。





さて、今週末は日本海の『真鱈釣り』に行けるのでしょうか?

あの完熟した大きな白子を味わえるのかなぁ〜・・・?





では・・・。



・・


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事