清水知輝の視点 〜ビジネス・キャリア徒然草〜

昔は有無で選択し、今まではQCDで選択し、これからは信念・哲学で選択する、NPO法人FRI&Associates理事長の徒然日記

全体表示

[ リスト ]

「挑戦」への安心感

人は安心を求める。それは生き物としての本能から来るものだろう。
人間の欲求を5段階の階層で示した「マズローの欲求段階説」でも、「安全」欲求は、生命維持に必要な食欲などの生理的欲求の次に来るものとされ、自我や自己実現に対する欲求よりも、より根源的なものと位置づけられている。

しかし同時に、人は競争による挑戦により、社会を発展させてきたのも事実である。
人が「火」を手にした時点でそれだけに満足していたら、今の世の中はなかっただろう。

私は、変化の多い仕事、例えば、○○企画や○○改善・改革などの仕事に、主に就いてきたので、ある意味、変化がないと、落ち着かない方であるが、そういう人は経験上、少数派だと思う。
教育が画一的であったり、農耕民族で人と違う事をするのが苦手、というような理由はあるのだろうが、事実として、多くの人は、決まった事を決まった範囲で実行し、その中で評価される事を望む。
もちろん、私も、方針を決めた後に上位者に梯子を外された経験があるが、あれは結構こたえたので、気持ちは理解できる。

ただ、大量生産大量消費社会で、かつ、中国のような日本以上の低コスト生産国がなければ別であるが、決まった事を決まった範囲で実行しているだけでは、現代の日本では世界と伍していけないし、それによって生活レベルは相対的に低くなっていくのは当然である。
それを何とかしようと思えば、新たな挑戦を行い、永続的な改革をし続けなければならないのだ。

では、どうすればそれが可能なのだろうか。

私は、『「挑戦」への安心感』が必要だと考えている。
そして、それを生み出すのは、リーダーに他ならない。

つまり、人は決められた範囲で決められた事を遂行し、その基準によって評価されることで、安心感を持てるわけなので、全体を見れば「挑戦」であったとしても、
・ゴール像を仮説として設定
・ゴールに向かって何をすれば良いかを分解して明示
・個々の達成基準を明確化
して、仕事を依頼すれば、仮説が間違っていた時の責任をリーダーが取りさえすれば、依頼されたメンバーは、比較的安心して仕事に取り組めるのである。

「ビジネスに答えはない」とは言え、個々の到達目標を明示化する事は可能である。個々の目標を持つ人にとっては、それが「答え」になりうるのだ。

本来であれば、そういった他人任せな姿勢を肯定するのは、あまり褒められたものではない。
しかし、全員がリーダーとして不確定な世界に飛び込めるかといえば、そうではないのも事実である。
私でも、不安に感じる事は多々あるし、安心して働けているとは思っていない。失敗すれば、首になることも覚悟しなくてはならない。
だが、リーダーとして立ちたい、あるいは、成果を確実に自分の手で挙げていきたい、と心から願うのであれば、メンバーに対して、『「挑戦」への安心感』を提供すべきだろう。

願わくば、より多くの人が、安心感を得る立場ではなく、安心感を与える立場にたって貰いたいものだ。



☆100号越えのメルマガ『FRIマーケティング&キャリア』もよろしくお願いします
http://blogs.yahoo.co.jp/tshimizu33/6525382.html

☆私担当分だけで30本の『FRIコラム』もどうぞ
http://www.fri-associates.com/blog/authors/index.html#shimizu

閉じる コメント(2)

素晴らしいですね。
とても参考になりました・・・
『傑作です凸』

2008/5/26(月) 午後 11:18 [ ジェーン ]

『マズローの欲求段階説』は感心させられますよね・・・
そして訪問ありがとうございました。
これからも宜しくお願いします♪

2008/5/27(火) 午前 10:03 [ ジェーン ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事