清水知輝の視点 〜ビジネス・キャリア徒然草〜

昔は有無で選択し、今まではQCDで選択し、これからは信念・哲学で選択する、NPO法人FRI&Associates理事長の徒然日記

全体表示

[ リスト ]

最近、活躍している経営者の方々の話を聞いていると、多くの人が、いわゆる「本流」のキャリアを歩んでいない事に気がつく。もちろん、経営者育成を主眼に、敢えて本流を作らない会社も出てきているが、特に、日系大企業はこの傾向が強いように感じる。
「本流」とは、いわゆる、「エリートコース」というものである。

多くの企業において、本社管理部門はエリートコースになっている事が多い。
最近は、経営幹部候補ということで、子会社の経営層を経験するケースも出てきているが、大抵は、財務部門や経営企画部門などを経て、役員への階段を登り始める。
他にも、その企業で最も大きく安定している事業の管理職も、コース上にある事が多い。

しかし、そういったタイプの人が社長に就いても、企業は大きな発展をしたケースは少ない。
それは、多くの著名な経営者を見てみれば明白だ。ほとんどが傍流で多様な経験を積んでいるケースが多い。
確かに、本流の人がトップに就くと、企業が潰れるケースは少ないようだ。ただ、大きな問題が起きた際に、企業が傾くのもまた、こういったエリートコースを歩んできたトップであるケースが多い。
ようは、失敗がないかわりに成功もなく、安定するが変化に弱いのである。

これは、今までの「エリートコース」が「成功させる(≒挑戦する)」人ではなく「失敗をしない」人を選んできたからに他ならない。
こういっては何だが、大企業のメインストリームを担う事業は、頑張って良くしようと「しなければ」、悪くなることもまた少ない。ようは、変化させなければ、誰がやっても同じようなものである。だからこそ、その企業は秀でているとも言えるのだ。
そんな安定的なところばかり経験し、失敗だけはせずに、それなりの期待にだけ応えてきた人が、自ら目標を掲げて会社をリードし、環境変化に合わせて変革し、更なる発展を遂げられるのだろうか。それが難しいことは、想像に難くないだろう。

そして、どれだけ大きな企業でも、事業の集合体であることに他ならない。そして、事業は成長と衰退のサイクルで動く。つまり、いつまでも安定だけ求めていてはならず、必ず転換期を乗り越えなければ、その企業は傾くのである。
多くの日本企業は、市場の拡大にのって、そういった本来の転換期を誤魔化して乗り越えたような錯覚を得て成長してきた。その分、企業の内部に多くの歪みが残されており、そういった部分にメスを入れたり、ボーダレス化や消費者の成熟化という市場環境変化に対応するため変革を進められるトップでなければ、企業を更に成長させることは難しいと言えよう。

少し脱線するが、いわゆる新卒で入社する人気企業についても、企業の抱える事業のサイクルから考えると、ある程度仕事で実績をあげて、更に大きな実績をあげるための仕事に就ける頃には、その企業や企業が属する産業自体が、衰退期に入っていることも多々ある。
今でも、多くの学生が金融業界を目指すと聞くが、金融とは社会インフラの一部である以上、なくなる事はなくとも、大きく役割を変える事もない。ガスや電力のように規制がかからないのであれば、その多くは競争に晒されて、当然ながら業績を悪化させる銀行も出てくる。あれだけ多くの雇用を、将来にわたって維持できるとは到底思えないし、給与だって相対的に下がってくるだろう。
それなのに、なぜか現状の安定を求めて、多くの人が「現在の人気企業」、そして、多くの場合「将来の不人気企業」を選んでいる。これも1つの歪みと言えるだろう。

話を戻すと、これからますます本質的なリーダーが求められる傾向は強まっていくだろう。後少なくとも、四半世紀近くは続くと思われる。
そうであれば、大企業の「エリートコース」を目指すことが、本当に将来の自分のためになるのか、素直に考えてみればわかって貰えると思う。

これから求められる人材は、自ら考え、自ら方向性を打ち出し、それを推進できる人である。
そういった人材は、早くから人の上に立ち苦労をし、新しいことに挑戦して意思決定し、多くの失敗も経験することで、多様な価値観を理解し、自らの考えを的確に伝えて人を動かせるようになるのだ。
すなわち、今で言う「非エリート」コースを歩まなければならない。
いわゆる本社管理部門ではなく、新しい事業や大きくない事業、あるいはベンチャー企業などにおいて、自らがなるべく重い責任と権限を持って、事業を遂行する立場に身を置き、極論すれば、本社管理部門のような安定環境から遠い、いつ潰れるともわからない不安定な事業現場で、事業の本質を学ぶべきだろう。

そのためには、旧来型の「エリートコース」に乗っていては、それは望めない。
社内異動でも転職しても良いが、若いうちから安定した場所に身を置くのではなく、数年でビジネスの基本を身に付けた後は、失敗できるうちは失敗を恐れずにチャレンジする、また、チャレンジできる環境にいることを心がけた方が良いだろう。
少なくとも、大企業に入って育てて貰おう、などという甘い考えは捨てた方が良い。正直、そんな余力はほとんどないのが実態である。少なくとも、活躍の場、として捉えるべきだろう。

それこそが、自身を加速度的に成長させ、自立という最も安定した力を手にする方法なのである。



☆100号越えのメルマガ『FRIマーケティング&キャリア』もよろしくお願いします
http://blogs.yahoo.co.jp/tshimizu33/6525382.html

☆私担当分だけで30本の『FRIコラム』もどうぞ
http://www.fri-associates.com/blog/authors/index.html#shimizu

閉じる コメント(3)

顔アイコン

OLやってます。毎日刺激なく平々凡々と暮らしておりましたが、
素敵なブログに出会えて、楽しみ(刺激)が
一つ増えそうです。

応援しています。これから毎日読ましてもらいますね。

2008/6/1(日) 午前 1:04 [ ひかる ]

顔アイコン

難しい選択ではありますが
とても納得
これからの明快な
ベクトルですね。

marcun 拝

2008/6/8(日) 午後 3:30 [ mkovac ]

顔アイコン

コメントありがとうございます。
難しい分、選択には勇気はいりますが、確信を持って頑張りたいと思います。

2008/6/9(月) 午後 5:33 [ T. Shimizu ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事