清水知輝の視点 〜ビジネス・キャリア徒然草〜

昔は有無で選択し、今まではQCDで選択し、これからは信念・哲学で選択する、NPO法人FRI&Associates理事長の徒然日記

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

私が代表をつとめるNPOの主要イベントが関西にて開催されます。
次世代ビジネスリーダーを生み出すための2泊3日の合宿型ビジネスプランコンテストです。
私もフル参加して、様々な実務に基づくアドバイスをする予定です。
是非、やる気のある学生の皆さん、参加してください。
しかし、一年って早いものですね…。

以下、告知文です。


<---転送歓迎!--->
★☆★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★☆★
−12月4〜6日 兵庫県立総合体育館(西宮市)−
あなたが社会で活躍するために必要なモノ、必ず見つかります
☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★☆

NPO法人FRI&Associates presents■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【 FRI AutumnCamp 2009 】
未来のプロジェクトリーダーを体感する3日間
For Your Best Solutions and Next Leaders

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

現役ビジネスパーソンに、君の今の実力・想いの全てをぶつけるチャンス!

社会に出て成果を出すとは何か。
単にセミナーに行って偉い人の話を聞くだけではない。
皆さん自身が実践して、本物の気付きを得る場がここにある。

厳しい就職活動はもちろんのこと、実社会に出て活躍するために、
本当に必要なビジネススキルとかけがえのない仲間を得る。

仲間と1つのプラン作成を通じてビジネスを感じる
『 未来のプロジェクトリーダーを体感する3日間! 』

▼イベントの内容はコチラでチェック▼
http://www.fri-associates.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ 12月4〜6日 日本全国から熱い学生が集う!FRI AutumnCamp 2009 ■
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■開催内容
 ┌─────────────────────┐
 | チームビルディング(立候補 or リーダー選択) |
 |◆--------------------------------------◆|
 |    全体セミナー(プロジェクトマネジメント他) |
 |◇--------------------------------------◇|
 |       ビジネスプランニング グループワーク |
 |◆--------------------------------------◆|
 |   選択参加型セミナー(問題解決・プレゼン他)|
 |◇--------------------------------------◇|
 |    選択参加型ナイトセッション(就職相談含)|
 |◆--------------------------------------◆|
 |            最終報告プレゼンテーション |
 |◇--------------------------------------◇|
 | 社会人からand参加者同士の個人フィードバック |
 └─────────────────────┘

日 時 :2009年12月4日10時(金)〜12月6日(日) 17時(2泊3日)
会 場 :兵庫県立総合体育館(西宮市鳴尾浜)
     http://www.hyogo-soutai.jp/modules/pico/index.php?content_id=12
対 象 :大学生、大学院生(分野・学年は問わない)
     および若手社会人(入社1年目程度)
定 員 :40名
参加費 :20,000円(食費・宿泊費込)

▼イベントの詳細をFRI WEBサイトで見る▼
http://www.fri-associates.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆◆FRI Campの注目ポイントを要チェック!◆◆◆

『経験豊富な社会人スタッフによる、
   参加者全員へのフィードバックシステム』

営利目的ではないからこそできる、個人の成長に焦点をあてた、
ハイレベルなスタッフによる参加者ひとりひとりへのアドバイス。

事業再生コンサルタント、メーカー経営職、ベンチャー起業家、社会福祉士まで、
非常にバラエティに富んだスタッフが、プランとグループワークの進め方、
就職やキャリアに関する考え方まで、あなたを成長へ導きます。

▽▼ FRI / スタッフの詳細は ▼▽
http://www.fri-associates.com/about/

▽▲▽ し か も ▽▲▽

過去のイベントに参加した先輩は、一流企業内定や起業実績多数!
なぜ、そうした実績を残せたのか?今すぐ先輩の声を確かめよう!
http://www.fri-associates.com/camp/voice/

▽▼ 詳しいキャンプのプログラムは ▼▽
http://www.fri-associates.com/camp/program/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

FRI Campで得られることは…

┏◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆◆◆【問題解決能力】「あなたの主体的に考える力を鍛えます」   ┃
┗◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

FRIスタッフは実際のビジネス経験を元に、時に厳しく時には優しく、
真剣に向き合い、あなた自身の頭で徹底的に考えることを促します。
単にリーダーシップがあるだけでは、世の中に価値は提供できません。
問題解決に向けてチームを率いる総合力が必要なのです。

┏◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆◆◆【刺激】「意識の高い、バイタリティあふれる学生・社会人から」┃
┗◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

全国から集まる熱い学生。
寝食を共にしながら、時にプランをめぐって議論がヒートアップ。
社会人スタッフも常に会場にいて徹底的にプランを叩いて昇華させます。
3日間を共にする思い出と生涯の仲間を得られます。

┏◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆◆◆【キャリア思考】「内定で終わらない実力とマインドを」    ┃
┗◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

就職活動はもちろん、あなたのキャリア全体をFRI Campは後押ししたい。
リクナビではわからない大企業とベンチャー企業の内情や
プロフェッショナルの仕事のススメ方をここだけでぶっちゃけます。

▽▼「FRI AutumnCamp 2009」をもっと知る!▼▽
http://www.fri-associates.com/

自分のキャリアを切り開くスタートとして仲間と
一緒にビジネスプランニングを体感しませんか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
NPO法人 FRI&Associates
【web】http://www.fri-associates.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

開く トラックバック(1)

私が代表をつとめるNPOの主要イベントが関西にて開催されます。
次世代ビジネスリーダーを生み出すための2泊3日の合宿型ビジネスプランコンテストです。
私もフル参加して、様々な実務に基づくアドバイスをする予定です。
是非、やる気のある学生の皆さん、参加してください。

以下、告知文です。

★☆★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★☆★
 
    あなたが社会で活躍するために足りないモノ、必ず見つかります
 
☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★☆
NPO法人FRI&Associates presents■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
                【 FRI AutumnCamp 2008 】
 
           未来のプロジェクトリーダーを体感する3日間
 
           For Your Best Solutions and Next Leaders
        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      現役ビジネスパーソンに君の今の実力すべてをぶつけるチャンス!

              社会に出て成果を出すとは何か。
        その過程を全て体験できるコンテンツとセミナーが満載!

        就職活動はもちろんのこと、実社会に出て活躍するために
       本当に必要なサバイバルセンスとかけがえのない仲間を得る

              ▼イベントの内容はコチラでチェック▼
               http://www.fri-associates.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
           仲間と1つのプラン作成を通じてビジネスを感じる
          『 未来のプロジェクトリーダーを体感する3日間! 』
        
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ■ 12月5〜7日日本全国から熱い学生が集う! FRI AutumnCamp 2008 ■
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 
                                    
       ■開催内容                        
     ┌───────────────────────────┐  
     |       チームビルディング(立候補 or リーダー選択)   |
     | ◆----------------------------------------------◆ |  
     |        全体セミナー(プロジェクトマネジメント他)  |
     | ◇----------------------------------------------◇ |  
     |        ビジネスプランニング グループワーク      |
     | ◆----------------------------------------------◆ |  
     |       選択参加型セミナー(論理思考・プレゼン他)  |
     | ◇----------------------------------------------◇ |  
     |        選択参加型ナイトセッション(就職相談含)    |
     | ◆----------------------------------------------◆ |  
     |           最終報告プレゼンテーション       |
     | ◇----------------------------------------------◇ |  
     |      社会人からand参加者同士の個人フィードバック   |
     └───────────────────────────┘  
     
        日 時 : 2008年12月5日(金)午前〜12月7日(日)
              (2泊3日の合宿形式になります)
        会 場 : 兵庫県立総合体育館
        定 員 : 50名
        参加費 : 20,000円
        参加資格: 学生および若手社会人(入社後1〜3年目程度)
              ※大学、学部、会社、職種は一切問いません

            ▼イベントの詳細をFRI WEBサイトで見る▼     
              http://www.fri-associates.com/

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ◆◆◆FRI Campの注目ポイントを要チェック!◆◆◆

           『経験豊富な社会人スタッフによる、
                 参加者全員へのフィードバックシステム』

       営利目的ではないからこそできる、個人の成長に焦点をあてた、
        ハイレベルなスタッフによる参加者ひとりひとりへのアドバイス。

    戦略コンサルタント、メーカー経営職、ベンチャー起業家、社会福祉士まで
    非常にバラエティに富んだスタッフが、プランとグループワークの進め方、
      就職やキャリアに関する考え方まで、あなたを成長へ導きます。

                 ▽▲▽ し か も ▽▲▽
      過去のイベントに参加した先輩は、一流企業内定や起業実績多数!
       なぜ、そうした実績を残せたのか?今すぐ先輩の声を確かめよう!
            http://www.fri-associates.com/camp/voice/

             ▽▼ 詳しいキャンプのプログラムは ▼▽
            http://www.fri-associates.com/camp/program/

   ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

   FRI Campで得られることは…
 ┏◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆◆◆【問題解決能力】「あなたの主体的に考える力を鍛えます」    ┃
 ┗◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     FRIスタッフは実際のビジネス経験を元に、時に厳しく時には優しく、
     真剣に向き合い、あなた自身の頭で徹底的に考えることを促します。
    
 ┏◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆◆◆【刺 激】「意識の高い、バイタリティあふれる学生・社会人から」 ┃
 ┗◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     寝食を共にする仲間、時にプランをめぐって議論がヒートアップ。
     3日間を共にする思い出と生涯の仲間を得られます。

 ┏◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ◆◆◆【キャリア思考】「内定で終わらない実力とマインドを」      ┃
 ┗◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     就職活動はもちろん、あなたのキャリア全体をFRI Campは後押ししたい。
     リクナビではわからない大企業とベンチャー企業の実際や
     プロフェッショナルの仕事のススメ方をここだけでぶっちゃけます。

           ▽▼「FRI AutumnCamp 2008」をもっと知る!▼▽
               http://www.fri-associates.com/

           自分のキャリアを切り開くスタートとして仲間と
           一緒にビジネスプランニングを体感しませんか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                 NPO法人 FRI&Associates
             【web】http://www.fri-associates.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前の会社の同期が、デジタル一眼レフを購入しており、「良いな〜」と思っていたところ、先日妻が「デジタル一眼レフ欲しい」と言い出した。これ幸いとばかりに、話を進めようと思ったのだが、ふとそう思って見てみると、デジタル一眼レフカメラ売り場に、女性一人で来ている人やカップルだが女性がカメラを手に取っているシーンを見かけるようになった。
昔は、一眼レフカメラ売り場は、ある意味、カメラマニアの聖域であり、デジタル化し価格が安くなってきてからは、男性の巣窟だったのだから、凄い変わり様である。

実際、デジタル一眼レフも、最小・最軽量といううたい文句が出てきており、ある程度の重さと大きさがないと安定しないのではないか、と思っていた私は、何となく今後のデジタル一眼がどうなっているかが見えた気がしたのである。

それは、「デジカメと同じ道を歩む」という事である。

デジカメも最小・最軽量の道は通ってきており、今は、ターゲットが絞り込まれた特徴のある製品群が販売されている。
なぜそうなったかと言えば、デジカメも元々は男性のツールであった。
しかし、ある程度価格が低下してくると、多くの人が買うようになり、最小・最軽量や画素数向上などの機能面では差がつかなくなってきて、買い替えユーザーによる需要も先細りとなった。

そこで、メーカーが目をつけたのが、当時まだブルーオーシャンであった「女性」である。

メーカーは、カメラの大きさ重さを、女性の使い易さ、に焦点を置いて変更し、男性が性能とすれば、女性は見た目を重視するため、カラーリングやデザインに力を入れ始めた。
その後、女性≒エントリー層であった事もあり、手振れ防止機能を強化したり、設定を簡単にしたり、という発展をしていった。また、利用が一般的になったため、従来は使えなかった「水場」での利用を防水機能により可能とする事で、更なる需要増を狙った。

つまり、デジタル一眼レフも、これと同じ流れになるという事である。

デジタル一眼レフは、撮る楽しみがある。
どれだけデジカメの性能が良くても、自分が撮り具合をレンズのピントなどで、簡単に調整して撮影できる楽しみは、デジタル一眼に及ばない。あのファインダー越しに見える映像は、心をくすぐるものだ。
これは、女性にしても同じだろうし、そのため、デジタルカメラを持っているユーザーも、重複して購入する可能性が高い。

後は、「女性にとって」使いやすいか、という視点を加え、更に「女性にとって」持っていたいか、つまり、デザインやカラーリングの充実である。
これは好みが分かれるかもしれないが、私も、デジタル一眼レフが黒一色である必要性はないと思うし、ブルーとかレッドとか、少しビビッドな色使いのデジタル一眼レフも、あったらあったで欲しいと思う(40歳以上の男性には、受けが悪いように思うが…)。

今後、40歳以上の既存ユーザー向けの商品展開はそのまま競争が激化しつつ、新規層、特に女性や20代以下の層向けに、エントリー型だが機能は申し分なく、デザインも色柄がそれなりに豊富な重くないデジタル一眼レフが、市場を広げると想定される。
そして、キャノン・ニコンの二大巨頭に勝つ施策として、デザインなどの領域が強かったSONYなどが実施すれば、デジタル一眼レフ市場は、また、棲み分けのなされた面白い幅のある市場になるのではないだろうか。

いつ頃、デジタル一眼レフカメラを買うのか、迷ってしまう今日この頃である。



☆100号越えのメルマガ『FRIマーケティング&キャリア』もよろしくお願いします
http://blogs.yahoo.co.jp/tshimizu33/6525382.html

☆私担当分だけで30本以上の『FRIコラム』もどうぞ
http://www.fri-associates.com/blog/authors/index.html#shimizu

そろそろ北京オリンピックも佳境に入ってきたが、不振がささやかれる日本のお家芸である柔道の試合を見ていて、グローバルスタンダードと日本との差異がハッキリ出ているように感じた。

私は、個人的には、日本の柔道が好きだ。
ようは、主に立ち技主体の「一本」にこだわり、徹底して技のキレを磨く。確かに「一本」でスパッと投げる鮮やかさは、見ていて何とも言えないものだ。

しかし、ご存知の方もいるように、最近は、その投げられたはずの選手が、投げた選手の体を崩し、不恰好に投げた選手を引きずり倒すような勝ち方が目立ってきた。
それを見ていて、正直、「そこまでして勝つか」と思ったが、これこそ、日本とグローバルスタンダードとの差だと、自分自身で気付いたのである。

ようは、「勝つ」ということは何か、という認識の差である。

日本では、柔道での勝ちは、一本背負いや○○刈り、巴投げのような投げ技で、相手が綺麗に飛ぶように倒れるという、技のキレ、を重要視してきた。
そして、本来の柔道は、それが正しい形であったと思う。少なくとも、一度投げられてしまった側は、きちんと受身をとって、それ以上の抵抗をしない、というのが「暗黙のルール」であったはずだ。
だからこそ、一瞬のタイミングをつかみ技をかけあう、というえも言えぬ緊張感に包まれていた。

しかし、世界における「勝ち」の基準は異なる。
ある一定の「ルール」で定められたことをもとに、その中で最大限の努力を行って、定められた「勝ち」ポイントを取りに行く、という事であり、ある意味、それ以外の「お約束」はないのである。

柔道は背中の着き具合で、一本か技ありか有効か効果かが決まる。
そして、一連の「流れ」の中で、最後にどうなったかが問われる。これは、巴投げなどがそうだから、大きくはずれていない。
だからこそ、投げられたはずの選手がそのまま投げられるのではなく、投げた相手の体を崩して、最終的に相手の肩を地面につけようと、涙ぐましい努力をする。
それが、絶対の「ルール」だからである。

「暗黙のルール」など意に介さず、「明示されたルール」に従って勝つ。
これが、グローバルスタンダードであり、ある意味、各国の文化を超えて競う上で、最も基本的な考え方なのである。

また、実際の優勢度合いではなく、審判へのアピールが重視されていたのも、昔の柔道と違う面ではなかろうか。

特に「武道」においては、立会人はあくまで冷静に見守り、双方の真の力を最後の最後まで見極めるのが仕事であったし、あくまで主役は競い合う者同士であった。
しかし、今は、ルールにおいて審判が決定者である以上、審判が勝敗を定める事が明確化されたため、審判はあくまでルールに則った判定を行おうと尽力する。そうなると、「指導」を与える基準があり、それに則って、優劣を決めるため、選手は真の力を見極めて貰うのではなく、審判を納得させることが求められるのだ。

これらをビジネスに置き換えてみると、「ビジネスにおいて重要なのは明示化された合意点」であり、「良いものを作れば良いだけではなく、プレゼンテーションによって相手に納得して貰う事がゴール」となる。

もちろん、このような「職人気質」さが、日本のものは「Cool」だと言われる要因であり、失ってはいけない部分でもある。
つまり、明示化されない部分への気配りやこだわりである。ある種、究極のプロダクトアウトとも言って良い。
しかし、ベースに流れるのは、「明示化されたルール」上でどうするかであり、もっと言えば、どのような「ルール」とするかの綱引きからが重要とも言える。また、その「ルール」を適用するには、相手に納得して貰わなければならず、異文化の者同士が唯一握れるのは、明示化された「論理」なのであろう。

先日、仕事でNYCに1週間ほど滞在したが、「これが世界のビジネスの中心か」と疑問に感じるぐらい、普通なオフィス街だった。
たぶん、中東や中国で大発展を遂げている街の方が、よっぽど凄さを感じただろう。
しかし、それでも実質的に世界を牽引してこれたのは、ある種、「合理性」というものを非常に重視してきたからではないだろうか。

好き嫌いはもちろんあるし、あって良いとは思う。
私も、古典的な柔道の方が好きだし、似たような方向性を持つもの同士で阿吽の呼吸で仕事をするのは、とても楽しい時間である。
実際、欧米各国の人々も、好き嫌いは意外にハッキリしているし、常に合理的とは思えない。

しかし、好き嫌いとは別に、異なる価値観(文化)を持つ者同士が、一定の土俵に立とうとすれば、合わせなければならないものはある。

お盆休みに北京オリンピックの柔道中継を観ながら、世界を相手にビジネスをしなければ、もはや立ち行けないという事実の中で、もっと日本は世界の本質を知る必要があると感じてやまなかった。
そして、スポーツの世界だけでなく、ビジネスにおいても、世界と御していけるリーダーの必要性を改めて感じ、この感覚を少しでも多くの人に伝えていこうと、気持ちを新たにした。



☆100号越えのメルマガ『FRIマーケティング&キャリア』もよろしくお願いします
http://blogs.yahoo.co.jp/tshimizu33/6525382.html

☆私担当分だけで30本以上の『FRIコラム』もどうぞ
http://www.fri-associates.com/blog/authors/index.html#shimizu

私が変革の仕事をしたり、NPOなどの活動を通して、よく感じることがある。
それは、多くの人が多くのことについて、「自らが枠をはめている」「自らが限界を作っている」という事だ。

例えば、構造改革の組織設計のところでよく出てくるのが、「この部署を担う人材がいない」という話である。
確かに、物理的に人数が足りないという事はあるが、大抵の場合、それが「できる」人がいない、という意味で使われる事が多い。そうして、「うちでやるのは難しい」という話になり、改革自体が有耶無耶になるのだ。
あるいは、新しい企画を考えている時に、「経験がないからわからない」と考えること自体を止めてしまう。
他にも、「時間がない」から「進め方がわからない」から「自信がない」からなどと、出来ない理由を並べて、話が進まないことが良くある。

皆さんの周りにも、そんな事はないだろうか。
いや、皆さん自身もそのように考えていないだろうか。
※ 詳しくは、FRIコラム『知らずに陥る魔の思考停止とは』(http://www.fri-associates.com/blog/professional/000164.html

私はそのような場面に立ち会う度に、「どのようなことも最初から出来ていた人はいない」という明らかな事実を忘れていないだろうか、と思うし、時にはそれを口にしている。
私自身も、元々はできないことばかりであった。経営コンサルティングやマーケティングアドバイスなど、知恵を買って貰う仕事もしてきたが、経営やマーケティングなど、元から知っているはずもないし、実際、マーケティングなどは、仕事でするからということがわかってはじめて、必死に勉強したくらいだ。それを言えば、会計や財務、人事などについても、ほとんど全てがそうである。
それは、どのような著名経営者でもそうだし、そもそも今の仕事は、昔のように決まったことをやっていれば儲かるものは少なく、わからない事だらけの中で模索する必要がある方が多いくらいだ。

つまり、「できる」から「する」と言っていては、いつまで経っても、今以上の事は決してできない。「する」からこそ初めて「できる」ようになるという事実を受け止めることが必要なのである。
要は、「出来るか出来ないか、ではなく、やるかやらないか」である。

よく「時間はつくるもの」と言うが、忙しい人ほど、時間に追われるのではなく、時間をコントロールし、色んな場所に顔を出したりしているし、ハードワークなのに趣味の時間も確保していたりする。
仕事は、学校のテストではない。100点などと言うものはもとから存在しない以上、100点を取れる状態に勉強しておこう、というような考え方は通用しないのだ。どちらかと言えば、テスト前に自分で作る単語帳のようなイメージの方が適切だろう。自ら想定して問題をつくり、体系的に覚えながら自分の中での完成形に近づけていくのである。

これは、一言でいうと「仮説思考」といえるのかもしれないが、私はそこに「挑戦」という気持ちも加えたい。出来ない事実を認め、目的達成のために、それでも成果を出そうと懸命に努力することで、結果的に多くの力が身に付くのである。そして、将来を可能な限り見通そうとし、それを実現するために、不確実なことを1つ1つ確実なものにしていく。
それが、成果を最大化するために求められる力・姿勢なのである。企業経営においても、そのことを忘れてはならない。

『「できる」から「する」のではなく、「する」から「できる」ようになる』

この言葉を胸に、これからも挑戦し続けていきたい。



☆100号越えのメルマガ『FRIマーケティング&キャリア』もよろしくお願いします
http://blogs.yahoo.co.jp/tshimizu33/6525382.html

☆私担当分だけで30本の『FRIコラム』もどうぞ
http://www.fri-associates.com/blog/authors/index.html#shimizu

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事