日本史跡研究会 日々の徒然・改(埋もれた歴史を訪ねて)

全国各地の埋もれた史跡をご紹介致します。また、研究会活動についてもご紹介しております。

全体表示

[ リスト ]


  【入鹿神社】
  
    所在地: 橿原市小綱町335


イメージ 1


 全国で唯一、蘇我入鹿を御神体とする神社である。

 現在の橿原市周辺は蘇我氏ゆかりの地であり、蘇我・曽我という地名が見られる。蘇我入鹿は神社付近で幼少期を過ごした家があったとか、入鹿の母が身を寄せた家があったとされる。


 645年6月12日、乙巳の変で蘇我入鹿が飛鳥板蓋宮で中大兄皇子・中臣鎌足らに誅された後に、この地で入鹿を祀った祠が建立されたと思われるが、創建時期は明らかではない。

 『日本書紀』には蘇我氏逆臣説が通説として流布されているが、入鹿は南淵請安が中臣鎌足を除いてその右に出るものはいないと称されるほど頭脳明晰であり、非常に優れた人物であった。

 入鹿という名も本名ではなく、その後の政権にとって都合が悪いことから実名が伝わらなかったのである。

 
 廃寺となった真言宗高野山派仏起山普賢寺の鎮守社として地域住民には崇敬されており、明治時代、皇国史観に基づいて逆臣である蘇我入鹿を祀るのは都合が悪いとして、祭神を素戔嗚尊とし、小綱神社に名を改めるように政府から通達されたのだが、地元住民はそれを拒んでいる。


イメージ 2
                              (入鹿神社本殿)

 
 (参考資料)
  現地配布パンフレット
  現地案内板

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事