日本史跡研究会 日々の徒然・改(埋もれた歴史を訪ねて)

全国各地の埋もれた史跡をご紹介致します。また、研究会活動についてもご紹介しております。

全体表示

[ リスト ]


  【小菅御殿跡】               評価 

   別   名:       千住御殿
   所 在 地:  葛飾区小菅1−35−1
   築城年代:    元文元年(1736)
   築 城 者:       徳川吉宗
   区   分:       御 殿
   現   状:      東京拘置所


イメージ 1


 寛永年間(1624〜1644)、徳川家光によってこの地は関東郡代・伊奈忠治に下賜され、敷地面積18,000坪の広大な下屋敷が構えられた。

 忠治は当時、武蔵国北部の土木工事を担っており、事業遂行のためこの地を与えられたものと思われる。


イメージ 4
                           ( 「小菅御殿の石灯篭」 )

 元禄12年(1699)、徳川綱吉は、側用人であり老中格であった柳沢吉保に伊奈氏の屋敷地を下賜し、吉保に御囲を構えさせたという。

 御囲とは、生類憐みの令における御犬様のためのものであり、御犬様に伊奈氏は屋敷地を没収されたということになろうかと思う。


 しかし、生類憐みの令は綱吉死後には廃止され、享保元年(1716)、伊奈氏に屋敷地は返還されている。

 元文元年(1736)、徳川吉宗の命によって、葛西方面での鷹狩りの際の休息所として御殿が築かれ、小菅丸という豪華な遊覧船で墨田川から綾瀬川へ上がり、水戸橋の水門あたりから水戸佐倉街道を経て、御殿に通ったという。


イメージ 2
                            ( 「小菅御殿 水堀跡」 )

 その後、徳川家重もたびたび御殿を訪れたが、寛保2年(1742)、御殿は焼失

 将軍の御成もほとんど無くなり、さらに寛政4年(1792)、伊奈忠尊の代にお家騒動によって伊奈氏が改易されると、寛政6年(1794)、御殿は取り壊されている。

 天保3年(1832)、松平定信は広大な屋敷地跡に江戸町会所の籾蔵を設置している。

 明治維新後には、小菅県役所が置かれ、廃藩置県後には民間に払い下げられ、民間初の洋式煉瓦工場が設立されている。


イメージ 3
                    ( 小菅にあった煉瓦工場を偲ばせる説明板 )

 明治11年(1878)には小菅監獄となり、現在に至るのである。


 東京拘置所となった今、なかなか足を運ぶのをためらってしまう城館址ではないだろうか?

 しかしながら、拘置所の周囲には小菅の歴史を語る説明版が多く設置されており、江戸から現代の歴史を感じることの出来る場所である。

 とはいうものの、この地を訪れるならば、世間を騒がせるニュースが無い時が望ましいのと思う。また、興味本位でも拘置所入口には近づかない方が良いと思われる。


 (参考資料)
  日本城郭体系 5 埼玉・東京                         新人物往来社
  現地案内板
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事