日本史跡研究会 日々の徒然・改(埋もれた歴史を訪ねて)

全国各地の埋もれた史跡をご紹介致します。また、研究会活動についてもご紹介しております。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

  【甲良屋敷跡】              評価  

   別   名:       ―――
   所 在 地:  足立区千住旭町10−31
   築城年代:    寛文10年(1670)
   築 城 者:       甲良宗清
   区   分:        屋 敷
   現   状:    千寿常東小学校


イメージ 1


 甲良氏は、近江国犬上郡法養寺村(現在の滋賀県犬上郡甲良町)出身であり、江戸幕府に大棟梁として仕えた工匠の家柄でした。

 初代・甲良豊後守宗広から11代・棟隆まで江戸幕府に仕えています。この間、江戸城や日光東照宮などの造営修築に関与し、建仁寺派と呼ばれました。
 こうした功績から、江戸幕府によって町人の身分でありながら武士並とされ、屋敷地を拝領しています。幕府拝領の屋敷地は市ヶ谷にありました。

 
 寛文10年(1670)、三代・甲良宗清の代に甲良家別荘として築かれ、敷地約1万坪の中に間口約56m、奥行約52mの屋敷が構えられました。

 11代・棟隆の時に明治維新を迎え、廃業。その流派は10代・甲良宗全の子である大島盈株に引き継がれ、後に初代新橋駅造営に貢献している。


 甲良氏自身は、昭和21年(1946)、棟隆の子・伝次郎が没したことで断絶している。

 
 屋敷地がいつごろまで甲良氏所有であったのかは不明であるが、明治期までは所有していた可能性が高いと思われる。


 (参考資料)
  現地案内板


  【富岡市郷土館】

   所在地: 富岡市妙義町上高田1209−13 
   入館料:        無 料
   休館日:       年末年始


イメージ 1


 富岡市郷土館は、これまで行われた様々な発掘調査によって出土した遺物を主に展示しています。

 上丹生屋敷山遺跡の縄文土器、七日市観音前遺跡の弥生土器、芝宮古墳群の形象埴輪、小舟遺跡の墨書土器、富岡製糸場の煉瓦など、富岡市内から出土した遺物のうち、興味深い逸品が厳選されて展示されています


 場所は、富岡市妙義支所敷地内の一角で、訪れた際には「何処にあるの??」と思うかもしれません。

 遺物の写真撮影も可ですから、興味ある方はお出かけ下さい。


 令和元年が始まりましたね。

 平成元年はまだ中学生でしたから、即位した儀式見ても全く???だったのですが、あれから30年。今回はしっかりとテレビで儀式を見ちゃいました。

 これも歴史的なものですからねぇ。


 さて、今日から5日間ですが…。GW休み本来ならば遠征したいところなのですが、まだまだ母の体調は万全ではないので、今年も遠征はありません。
 
 ですが、何処にも行かずに家に居るのも寂しいですからねぇ。


  〇  大道寺駿河守政繁屋敷址                 安中市松井田町新堀

     補陀寺が屋敷址なのですが…。松井田城の補陀寺郭でもありますね。

     政繁公の墓所には、上代家老・小板橋氏も祀られています。


  ●  富岡市郷土館                         富岡市妙義町上高田

     富岡市妙義庁舎にあり、富岡市で出土した遺物が展示されています。

     
  ●  富岡市立岡部温故館                     富岡市上丹生

     ここもこれまで訪れていませんでした。江戸時代、財をなした岡部氏の収蔵品が展示されています。

     モノキュラーの出番とばかりに、しっかりと観察してまいりました。


 多少のお出かけであっても、机に向かってばかりより、良い意味での気分転換になりますね。

 さて、令和元年スタートしましたから、気分を新たに何事も一所懸命で〜す


  【旧茂木家住宅】

    所在地:          富岡市宮崎329
    観覧料:           一般 ¥100 
    休館日:     毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
            国民の祝日の翌日 年末年始(12/28〜1/3)


イメージ 1


 切妻造板葺石置屋根。桁行15.1m、梁間7.5m。南側庇16.1m×1.0m、西側庇8.5m×1.0m。

 大永7年(1527)に建築された民家であり、日本最古の民家建物と推定されている。

 板葺屋根であること、古代掘立柱建物に通じる「石場建て」小屋組み技法を用い、棟持柱は屋根まで達していること、梁等に曲がりくねった細いものが使用されていること、柱が丁斧仕上げで多角形であることが特徴です。


 茂木家は戦国時代、大山城主と伝えられ、このことに関する古文書も多数所蔵しています。

 文化12年(1815)の古文書には、『納戸大称た之書付写、大永七丁亥年建と有』と記され、大永7年建造の根拠の一つとなっている。


 宝永5年(1708)、文政11年(1828)、大規模な修理が行われたことが、古文書・納戸大曳や座敷桁の木材に墨書されていました。

 さらに明和5年(1768)にも大修理が行われたことを示す墨書も発見されています。


 旧茂木家住宅はもともと富岡市神農原にありましたが、昭和52年(1977)、復元修理のうえ一般公開されています。

 神農原には、屋敷を守るための土塁痕が今も見られます。このことも旧茂木家住宅が戦国期に築造されたことを示すと考えられています。


 (参考資料)
  現地配布パンフレット
  現地案内板


 今回の研修を急遽開催した理由には…、
  ① 4月21日(日) 丸一日予定が空いていたから
  ② どうしても見たかった企画展が開催されていたから

 このうち、②の理由によるところが大きいものでした。


 JR亀有駅から歩いて向かうには距離があり入館時間も微妙な時間(亀有到着時点で15:30頃)だったことから、普段の研修で使用することのないタクシー移動を選択

 イメージ 1


   足立区立郷土博物館                    足立区大谷田5−20−1

 平成21年(2009)3月15日、「江戸東京の東郊」をテーマにして展示改修され、リニューアルオープンした博物館です。

 この博物館で5/6(月)まで開催されている企画展『戦国足立の三国志―宮城氏・舎人氏・武蔵千葉氏―』。戦国時代の足立区の豪族にスポットを当てた企画展、とっても魅力的でした


イメージ 2


 当日は講演会も開催されており、多くの聴講者がいらっしゃっていました。

 企画展見学時、思うところもある人々もおりましたが…素晴らしい展示で満足しております。(若干、いやかなりその方々の会話が耳に入りイライラしました…、こうしたところももっと成長しなければいけない部分です)


 イメージ 3


  東渕江庭園

 博物館に隣接した庭園であり、故小形研三氏によって設計された回遊式庭園である。

 
 博物館企画展や庭園を見学し終えると、17:00。

 本来であれば、この後は懇親会ということになるのだが、今回は亀戸駅近くのでアンケートを回収し、今回のドタバタ研修は終了したのであった。


 今回、日本史跡研究会創立以来初の急遽開催した研修であったが、今後の研修を開催する上で非常に良い経験を得ることが出来たものだった。

 準備期間が少なく、慌ただしい内容となったが、こうした急遽開催する場合には集合時間を遅くしたり、午後のみの開催というのもアイデアとして有りかと思う。

 やはり何事も経験ということだろう。経験は活かすもの。今後の活動にしっかりと活かしたいと思う。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事