日本史跡研究会 日々の徒然・改(埋もれた歴史を訪ねて)

全国各地の埋もれた史跡をご紹介致します。また、研究会活動についてもご紹介しております。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

  【白旗塚古墳】

   所在地:  足立区東伊興3−10−14   白旗塚史跡公園内


イメージ 1


 江戸時代後半に描かれた『日光道中分間延絵図』には、甲塚古墳・擂鉢山古墳(現在は消滅)とともに二本松塚として示され、名称未記載の古墳を含めると合計8基の古墳が並ぶ姿が描かれていることから、伊興古墳群を形成していたと推測されている。

 その後の土地開発によって「白旗塚古墳」以外の7基は消滅してしまっている。


 「白旗塚古墳」は直径12m、墳高2.5mの円墳であり、かつて存在していた擂鉢山古墳から出土したとされる金環・円筒埴輪などの遺物から、古墳時代初頭の6世紀前半の築造と推定されている。

 『新編武蔵風土記稿』伊興村の項には、塚の上にあった松の木が立ち枯れて大風で吹き倒された。その木の下から鉄剣が出土し、ある村人が持ち帰ったところ、祟りであろうか一家大病に苦しんだので、恐れをなして塚下に埋めなおし、目印に松の木を植えなおしたという伝承が記されている。

 その後、発掘調査は行われていないとのことであったが、今なお鉄剣は塚に眠っているのであろうか?

 また、源義家が奥州征伐時にこの地で白旗をなびかせて戦ったという逸話も残されていることから、白旗塚と呼ばれるようになったという。


 イメージ 2

 
 講演には武人埴輪・家形埴輪・舟形埴輪のレプリカがあったり、公園内を小川が流れていたりと地域の人々の憩いの場として活用されているようである。

 史跡公園化されていても手入れをされていなかったりして、十分に活用されていない例も見受けられる中、活用されている好例であると感じた。


 (参考資料)
  現地案内板


 今回の研修では足立区内を行ったり来たりでした選択した史跡を巡るのに歩くのはちょっと大変だし、バス路線もなかなか無いし
 結果、同一鉄道路線を乗ったり下りたり。まぁ、次回以降足立区を踏査するときに役立つ経験ですけどね。

 さて、足立区を代表する古刹は研修当日は縁日が行われており(あっ、花まつりということですが…)、西新井駅から無料バスが出ておりました
 せっかくですから、利用して現地へ。そして、ちょっと遅い昼食を境内に向かう途中のお店で。


イメージ 1


   西新井大師(五智山遍照院総持寺)             足立区西新井1−15−1

 天長3年(826)、弘法大師空海が関東巡錫の途中、西新井の地で観音菩薩の霊託を聞き、本尊の十一面観音を彫り、寺院を建立したことに始まるとされる。

 関東三大師の一つであり、関東八十八箇所特別霊場である。


イメージ 2


 当然のことながら、御朱印はいただくのであった。平成31年と書いてあるのは貴重なのかもしれない。
 
 境内は出店・出店・出店と大賑わい。その結果として、西新井大師境内の撮影は困難であり、さらに多くの人手だったことから、参加者各自が思い思いに散策すると…主催者は待ち合わせ場所を連絡して、そこに佇むのであった。


 さて、今回の研修で最も訪れたかった(いや、ここが目的だったと言っても過言ではない)場所へは、西新井駅から研修スタートした駅である北千住駅に一旦戻り北千住駅から亀有駅へ。


イメージ 3


 亀有といえば…こち亀の両さんですね。

 さて、今回の研修で訪れた最終目的地は次回に…。

                                                          その4 に続く


イメージ 1


 たとえ、どんなに小さな会で吹き飛ばされそうな存在であっても、会を名乗っている以上は一年の総括としての会報は出すべきであろうと考えています。


 日本史跡研究会では、会報『埋もれた歴史を訪ねて』を毎年内容は不十分なものではありますが、刊行しております

 一年間の総括としてですから、第7号

 毎年記事を書き上げるのは困難ですが、記事を書くことでしか成長しないスキルもあると思っています。


 もっと資金力があれば、しっかりと製本して刊行したいのですが…会員向けだしなぁ。大勢会員が居たりすれば話は別なんでしょうが。身の丈にあった会報ですね。


 でも、毎年しっかりと会報を出すことが出来ていること…日本史跡研究会にとって(そして私にとって)誇れることの一つです。

 さて、GW明けに会員に向けて発送出来るように、発送準備にも取り掛からねば


 今回踏査した足立区東伊興はなかなか多くの興味溢れる史跡の宝庫もっとゆとり持った下調べしていたら、面白かったかもしれないと少々反省

 そんな反省は次回以降の研修に活かすこととして、さて続きにまいります。


イメージ 1


  塩原太助の墓                         足立区東伊興4−4−1

 「本所に過ぎたるものが二つあり。津軽屋敷に炭屋塩原」と歌に詠まれた塩原太助。

 寛保3年(1743)、上野国利根郡新治村(現在の群馬県みなかみ町)に生まれる。

 その後、木炭の粉に海藻を混ぜ固めた炭団を発明したことで富豪となるが、私財を投じて道路改修や治水事業を行った。

 文化13年(1816)、太助は没し、東陽寺に埋葬された。


 東陽寺自体は何度か移転しているのだが、大旦那であった塩原太助の墓は墓域でしっかりと守られているものだと思っていた。

 がっ、盛者必衰…本堂横に写真のような状況で「塩原太助の墓」はあった。庫裏で墓の場所をお尋ねしない限りは(否、太助の戒名を知っていれば時間さえかければ見つけられたであろう)なかなか場所もわからないのではないだろうか?

 時の流れの儚さというものを史跡巡りでは感じることが多々ある。


 次に向かったのは…、


イメージ 2


   伊興遺跡                         足立区東伊興4−9−1

 この地に約4000年前の縄文時代後期から集落が営まれた。

 都内でも稀な古墳時代の祭祀遺跡として知られている。

 平成8年(1996)、延暦17年の年号の入った木簡などが出土したことから、奈良時代には、律令国家の郡衙が営まれたと推定されている。


イメージ 3


 遺跡内には、「竪穴住居址」や「方形周溝墓」が復元されています。

 竪穴住居址内の写真は撮り忘れましたが…竈があった。このことから古墳時代の竪穴住居址と理解出来る。

 奈良大学で学ぶ前であれば、竪穴住居址はどの時代のものも同じだと感じていた。しかし、炉であれば古墳時代以前、竈があれば古墳時代以後と思えるようになった。
 これだけでも多少の知識として学習した内容が身に付いているのだと感じることが出来る。


イメージ 4


 遺跡内には遺跡より出土した遺物の数々を展示している展示館がある。

 残念ながら、木簡はパネル展示であったが、土器などの遺物を購入したモノキュラーHGでじっくりと観察できたのが良かった。これも大学で学び直した成果の一つであろう。
 まだまだモノを見る目はないが、単眼鏡で見る遺物などはこれまでと違うことだけは感じることが出来る


 本来であれば来た道を竹の塚駅まで戻るはずであったが、それでは面白くないとちょっと別ルートで駅まで戻ることにした。

 この一帯は寺町で浄土真宗本願寺派の寺院が多く感じた。これは地域性というものなのだろうか?そんな寺院の中に見つけたのが…


イメージ 5


   本庄家墓域                             足立区東伊興4−14−8

 法受寺境内にあったのが「本庄家墓域」である。

 徳川五代将軍・綱吉の生母である桂昌院の墓や常陸笠間藩主・本庄宗資の墓があった。

 
 当然のことながら、当初の予定にはなかったので、詳細はこれから調べなくては…。こうしたことも研修事後にしなければなりませんから、時間がいくらあっても足りないのかも


 竹の塚駅から西新井駅へと移動して、次の目的地へと無料バスで向かいます。丁度、華祭りだったので無料バスが出ていてラッキーな反面、目的地は人・人・人。さらに出店・出店・出店

 それはまた次回に…。

                                                         その3 に続く


イメージ 1


 今週末の土曜日、27日から企画展『大新田展』が開催される群馬県立歴史博物館ですが、20日(土)から6/23日(日)までの期間、第10回テーマ展示『ポスターと図録でたどる企画展40年の軌跡』が開催しております。


 昭和54年(1979)10月に開館した群馬県立歴史博物館は、『大新田展』で98回の企画展が開催されてきました。

 今回のテーマ展示では、これまで開催された企画展のポスターや展示図録を一堂に会しています。

 実際に企画展を訪れたことがある方も多いのではないでしょうか?

 考古学が進歩した今だからこそ、改めて開催しても魅力的だろうなぁと自分の中で感じる企画展も多数ありました(特に、「藤ノ木古墳と観音山古墳」なんて面白いだろうなぁ)。


 昭和から平成、平成から令和へと時代が移り変わっても、博物館が有する役割は変わることはありません。

 今週末にはGW突入ですから、是非群馬県立歴史博物館へお出かけ下さいませ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事