日本史跡研究会 日々の徒然・改(埋もれた歴史を訪ねて)

全国各地の埋もれた史跡をご紹介致します。また、研究会活動についてもご紹介しております。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


  【若槻環濠跡】           評価  

    別   名:   若槻平城・若槻塁
    所 在 地:   大和郡山市若槻町
    築城年代:  文正元年(1466)頃
    築 城 者:
    区   分:       平 城
    現   状:     天満神社・宅地


イメージ 1


 大和盆地には濠で周囲を取り囲んだ環濠集落が数多く形成し、『日本城郭体系』ではその数224としています。
 若槻環濠は「稗田環濠」と並び、環濠集落としての景観を良く残していることで広く知られます。


 形成時期については諸説ありますが、13世紀中頃から耕地拡大のため集落が形成され、灌漑設備を兼ねて集落の周囲に濠を巡らせるようになったと考えられています。

 環濠形成過程や変遷は『若槻庄土張』に記され、文正元年(1466)頃とされます。

 14世紀に入り、戦乱の世となると、環濠に軍事的な要素が加わり、城郭としての機能が強化されることになります。

 『郷土記』には若槻平城、当時の一級史料である『大乗院寺社雑事記』には若槻塁と記載され、世間からも城郭と認識されていたことが明らかとなっています。


 具体的に若槻環濠が戦国期にどのような役割を果たしたのかは不明ですが、文禄4年(1595)、東西に長い環濠集落が形成されていたと記されていたことから、戦乱の世でも機能していたと思われます。


イメージ 2
                            ( 現在の若槻集落 )

 大和郡山市HPにも環濠集落としてしっかりPRされている「若槻環濠および集落」ですが、駐車場は無いので訪問する際には注意が必要です。

 環濠自体も天満神社周辺で確認出来るが、集落内の環濠は用水路となってしまっている。

 しかしながら、奈良盆地の環濠集落の大多数が遺構としての環濠の確認が容易ではなく(用水路になってしまている場所だらけである)、この若槻環濠は良い遺構が残されていると言って良いだろう。


 奈良盆地の集落を考察する上でも、貴重な集落であるので訪れる価値は高いと思う。


 (参考資料)
  日本城郭体系 10 三重・奈良・和歌山                 新人物往来社
  現地案内板

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事