TSM(トータル・スポーツ・マスター)

幼児から高齢者までスポーツを通して「楽しく、真剣に」

全国小学生陸上2017

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

報告会

全国小学生陸上競技交流大会の報告会です。

イメージ 1

小学生のみんなに…

応援に来てくれた仲間からも感想の発表がありました。


イメージ 2

中学生に…

みんなに感謝しました。

頑張ったのは、もちろん選手です。
でもね、頑張ることが出来るようにフォローやサポートしてくれたのは、誰かな。

保護者さまだったり、仲間だったり…
先輩も…ですよね。
いろんな人たちが関わってくれたから…
ですよね。
次の目標に向かって、頑張りましょう。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

そろそろまとめましょうか…

TSM小学生は、4種目出場しました。
●初めてのジャベリックボール投げの、あやか(5年)
●2年連続3回目の男子ハードルは、かなた(6年)
●お久しぶり3回目の男子走高跳は、こうた(6年)
●5年連続5回目、4年連続入賞中の女子ハードルは、なりか(6年)

みんな、すごくすごく頑張りました。
応援、本当にありがとうございました。

結果は速報でもアップしましたが、以下のリンクを張らせていただきます。
http://www.jaaf.or.jp/competition/detail/804/

★緊張しっぱなしだった、あやか(5年)は、13位
★頼もしかった、かなた(6年)は、男子ハードルでは、念願の決勝進出で、第7位
★緊張して悔しかった、こうた(6年)は、
第4位
★勝ちたかった、なりか(6年)は、TSM個人種目では、初めての優勝。そして、5年連続入賞を成し遂げました。

出場した4人は、何度も何度もありがとうございました…と、感謝を伝えてくれました。
それは、コーチたちはもちろん、応援してくれた仲間たちに…競ってくれた仲間たちに…サポートしてくれた保護者の皆さまに…この大会に…グランドに…だったと思います。

悔しかったり、嬉しかったり、何がなんだかわからないぐらい緊張してしまったり、涙が出るほど舞い上がってしまったり…いろんな気持ちがあると思います。
1投の大切さや、1跳躍で、流れや空気、順位が変わってしまう、しんどさ…
でも、みんな同じ小学生。
この写真を撮ったときには、みんな笑顔でした。
ゴールの向こうに、何が見えたかな。
また、教えてください。

愛知県選手団の皆さま、谷嵜監督をはじめ、指導者、コーチの皆さま、2日間、大変お世話になりました。
これからも、TSM小学生、精一杯頑張ります。よろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

全国大会の入賞者のお楽しみは…
プレゼンターとの交流です。

イメージ 1

なりか(6年)女子80mハードル優勝は、
福島千里選手(短距離)

イメージ 2

イメージ 3

こうた(6年)男子走高跳、4位と
かなた(6年)男子80mハードルは
末続慎吾選手(短距離)

すごいことです。
さて、みんな、どんなすごい選手に表彰してもらったか、勉強しておきましょう。
あとで、ビックリするよ〜。
お二人とも、この全国小学生陸上競技交流大会に非常に関わりのある選手だそうです。

この記事に

開く コメント(0)

全国大会のお楽しみは…

出逢いと再会です。
2年続けて愛知合同合宿している、
鳥取県の布勢TCさん

イメージ 1

2月の合同合宿で、約束をしました。
「日産スタジアムで会いましょう。」って。
会えました。
布勢TCさんも、複数種目での参加です。
男子4×100mリレーと、男女のハードル

女子ハードルでは、決勝で隣のレーンで走ると言う不思議なご縁…
両チームとも頑張りました。

愛知合同合宿に参加した子どもたちは、
意識が変わり、取り組み方が変わるそうです。

では、また、合同合宿で…お会いしましょう(笑)

この記事に

開く コメント(0)

こうた(6年)
走高跳145
第4位
おめでとう

悔しい…
でも、頑張りました。

なりか(6年)
80メートルハードル 12.20
大会新記録
第1位

去年の悔しさから、どうしても勝ちたかった。
おめでとう

かなた(6年)
80メートルハードル 12.61
第7位
おめでとう

取り急ぎお知らせまで

この記事に

開く コメント(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事