ポーンアイビーの平塚質屋ブログ

「つたや質店」(平塚市)の店主のブログです。 宜しくお願い致します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

新元号発表の前から、「新元号予想」などの話題がインターネットやテレビなどで賑わしていましたが、やっと落ち着いた感じですね。

イメージ 1

新元号「令和」については賛否両論あるようですが、何はともあれこれから馴染深い元号になって行ってほしいです。
「平成」も発表当時はピンと来ませんでしたが、だんだんと馴染んできましたからね。


今日さっそく、新元号に決定した「令和(れいわ)」の他に、「英弘(えいこう)」「久化(きゅうか)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」の5案があったことが、政府関係者から分かったそうです。

政府は他の候補名は発表しないと言っていたのに、この情報漏えいはいかがなものでしょうか?(・_・;)
新元号が決まったのに、今さら他の候補名が何だったのかというのはあまり意味がないと思いますが、やはり知りたい気持ちもありますよね。

元号を西暦に変換する早い計算方法を知っている方は、もちろん多いと思いますが、昭和の場合は昭和の年に25を足すと「1900年代」の西暦になりました。
例えば昭和55年は「55+25=80」なので、西暦1980年です。
平成の場合は「1900年代」と「2000年代」にまたがっているため一律の数字で足すことは出来ませんでした。

しかし、令和の場合は令和の年に18を足すと「2000年代」の西暦になります。
例えば令和2年は「2+18=20」なので、西暦2020年ですね。

今日のお昼のテレビ番組で、18を足すということは「018(れいわ)」を足すということで、「令和(れいわ)」と重なるのは偶然だったのだろうか?というのをやっていましたが、真相は分かりませんよね。

とにかく心機一転、国民みんなが潤うように経済が上向いていってほしいものです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事