ここから本文です
神々の黄昏
新神名帳考証(この神社はどこの神社でしょう?お分かりになった方はゲストブックへ・・・・)

書庫全体表示

但馬国朝来郡の粟鹿神社の社家には、粟鹿大名神元記という文書が残っております。
和銅元年に粟鹿神社祭主の神部直根麻呂が勘注上申した竪系図で、京都九条家の秘庫に蔵
されていたものを、昭和三十年に是澤恭三博士が発掘されたもので、現在宮内庁書陵部に
保管されています。
それによれば粟鹿神社の神主は、素戔鳴尊、大国主神の後裔である神(みわ)部氏であり、
三輪氏と同族で、古事記における出雲神の系譜を持ちます。
 
イメージ 1
社家の姓氏-神部氏/日下部宿禰
http://www.harimaya.com/o_kamon1/syake/kinki/s_awaga.html
に解説がある通り、以下引用

太多彦命の子孫の速日・高日兄弟が神部直の姓を賜り、速日の子忍が但馬国造
となって、粟鹿大神祭主となったと記されている。
根麻呂の祖父にあたる「都牟自」は日下部氏の系図に見える日下部氏の祖、表米の子
都牟自と同名であり、のちの粟鹿神社の社家が日下部宿禰であるところから、同一人物とも考えられる。
いずれにしても、粟鹿神社の祭主は、古代に神部氏が務め、その後、日下部宿禰

が務めるようになった。そして、神部氏と日下部宿禰との接点が『粟鹿大明神元記』に
ある神部氏系図のなかにみえる都牟自に感じ取れるのである。

これを裏付ける証拠が、出雲国秋鹿郡、出雲郡に残されています。
出雲国秋鹿郡には、恵曇・多太・大野・伊農(いの)の四郷があり、その主帳にあったのは、日下部臣氏です。
また、出雲国における日下部臣氏の本拠は、出雲郡伊努郷と秋鹿郡伊野郷(=伊農=伊努)と考えられ、
出雲郡伊努郷に久佐加社および来坂(くさか)社(2社)があり日下部氏の存在が想定され、

出雲国秋鹿郡伊農郷と出雲郡伊努郷が、風土記神である「赤衾伊努意保須美比古佐倭気命」
および「天甕津日女命」を共有しており、その伝承が日下部氏の氏族伝承と考えられます。
要するに赤衾伊努意保須美比古佐倭気命という出雲神族の神と日下部氏が、実は深く関係しており、
粟鹿神社の系図を裏付けます。
更に、伊野郷と日下部氏との関連を考えるに、「いの」とは日下部氏に関連する地名のようです。
出雲国大税賑給歴名帳によれば、出雲郡漆治郷において、工田・深江・犬上(いぬかみ)の三里があ
ったといい、出雲郡漆治郷にも「いぬ」地名があり、粟鹿神社社家系譜に登場する「都牟自」、と同名の
都牟自神社が存在し、日下部氏(神部氏)がこの地に土着していたことが伺われます。

日下部氏は但馬国造氏族(丹波(丹後)国造氏族と同族)と称している一方、宝賀寿男氏の古代氏族系譜集成
によれば、神宮外宮の度会氏は、丹波国造氏族と同族であったと言います。
度会氏は、元々磯部姓であり、丹波国造氏族も磯部と呼ばれていたと、宝賀寿男氏は指摘します。
倭姫命世記によれば伊勢の外宮および内宮の神を最初に祀ったのは、度会氏の大若子命であり
元々は、伊勢の神は、丹波国造氏が祀った神であったと考えられます。
その証拠に、丹後国には外宮の元宮とされる宮が複数あり、但馬国には、内宮の神を祀る神社が
集中しています。
そういった事情から見て、伊勢や丹波・但馬の国は、出雲と同様に出雲神族である三輪氏が土着の氏族として
開拓したものであって、その祖神をそれぞれの国において祀っていたものと考えられます。
例えば、丹後国与謝郡に鎮座する宇良神社は、日下部首氏の浦島太郎を祀る神社であり、日下部首氏は
月読尊の子孫であるという伝承を持ち、外宮と内宮の神である祓戸神を祀ります。
同様に、出雲国出雲郡伊努郷の来坂(来阪)神社には、祓戸社が大切に祀られており、
伊努神社、同社神魂伊豆乃賣神社は、祓戸神の伊豆乃賣尊の御名を社名に持つ唯一の式内社です。
 
つづく

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事