ここから本文です
神々の黄昏
新神名帳考証(この神社はどこの神社でしょう?お分かりになった方はゲストブックへ・・・・)

書庫全体表示

相武国造と富塚八幡宮

相武国造は相模国(現・神奈川県)東部を支配した国造で、成務天皇
の時代に伊勢国の地主神である伊勢都彦の3世孫・弟武彦命を国造に定めたことに始めるとされる。
 
相武国は伊勢国の伊勢都彦命と関わる神を祀る神社があると考えられるが
 
伊勢国度会郡の地主神である大山罪乃御祖命と大山阿夫利神社の大山罪命
 
その子である、牟弥乃神社の寒川比古命 寒川比女命と寒川神社、
 
大山罪の子である朝熊神社の朝熊水神と比比多神社の神吾田鹿葦津姫命
 
というように、相武国の古社と伊勢国度会郡の地主神を祀る神社はよく一致している。
 
相武国造氏族と関係する神が祀られる神社

大山 神社大山罪
寒川 神社寒川比古命 寒川比女命
八幡 神社伊勢 3 世 の2 世 孫富属彦
神社神吾田鹿葦津姫命

 
伊勢津彦命は、伊勢国の国名の由来になった神で、伊勢国、特に神国(伊勢国度会郡)
に縁の在る神である。
 
倭姫命世記によると 
 大水神−櫛玉命(伊勢津彦)−大歳命−櫻大刀自    
       朝熊水神
 
 という系譜になっていて、伊勢国度会郡の式内社には、大山罪神の子神が多数
 祀られています。
 

神国(伊勢国度会郡)
大水神社大山罪乃御祖命
 春日戸神
(河内国天照大神高座神社)
伊勢津彦、伊勢津姫
(伊勢国度会郡山田原から河内国へ遷ったという)
社神社摂社伊勢津彦、伊勢津姫)
山末神社大山津姫命
狹田國生神社速河比古命 速河比女命 山末神御魂
宇治乃奴鬼神社高水上神
朝熊神社朝熊水神(大山罪命の子)、櫻大刀自(櫛玉命の子、大歳の子)
蚊野神社大神御蔭川神
大神乃御船神社大神御蔭川神
牟弥乃神社 寒川比古命 寒川比女命

 
神奈川県横浜市戸塚区に鎮座する富塚八幡宮の宮司氏によると
 
平安時代、奥州「前九年の役」平定のために、源頼義、義家親子が奥州に下る途中、
当地に露営した折り、夢に交神天皇及び富属彦命の神託を蒙り、其の加護により戦功を立てること
が出来たのに感謝して、延文四年(西暦1072年)社殿を遺り、両祭神を勧請しました。
 
山頂の古墳は富属彦命の墳堂と伝えられ、これを富塚と称し、戸塚の地名発生となったと伝承
されています。平安時代、当地には戸塚(富塚)一族が住んでいました。
一族の神様として当神社を篤く信仰しておりました。当時は鎌倉家の家臣でしたが、鎌倉時代になると
二階堂家の 家臣に編入され、後に二階堂家が静岡の掛川に移封されると、 その地に戸塚(富塚)一族
は移住しました。
戸塚姓・富塚姓の方々にとって、当地が一族発祥の地であり、当社にまつられている富属彦命は
祖霊神として一族を守護する神様です。
 
とのことです。
 
このように戸塚氏は遠江国に移住してしまったために、富塚八幡宮には多くの伝承が残されて
いません。
 
実際に戸塚氏の一族は、鎌倉時代に遠江国榛原郡仁田村に移住したと言われ、
遠江国榛原郡仁田村は、現在の静岡県牧之原市仁田付近にあたります。
 
江戸時代末期の天保七年に作成された絵図の中に出てくる戸塚家は、慶応四年に「勝間田」
 に改名したことが静岡県の教育委員会により公表されています。
 
要するに静岡県牧之原市仁田、勝間田近辺に戸塚の一族が移住したと言うことになります。
 
現在仁田・勝間田の地区には、大山神社と浅間神社があり地域の人々に守られて
います。一族の祖神として大山罪命と子神である浅間神=朝熊水神を祀ったと
考えられます。
 
富属彦の祖である伊勢津彦命とは元々は出雲国の神であり、伊勢津彦命の祖神である
大山罪を祀る式内社の大山神社は出雲国と伯耆大山、隠岐国と、出雲に関わる地域に
集中しています。
 
また浅間神社は、駿河国の富士宮が有名ですが、実は駿河国の浅間神社からの勧請
ではない式内社が但馬国にもあります。
 
これについては別途述べてみたいと思います。
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事