ここから本文です
神々の黄昏
新神名帳考証(この神社はどこの神社でしょう?お分かりになった方はゲストブックへ・・・・)

書庫全体表示

多祁御奈刀弥神は、阿波国名方郡の式内社で、徳島県名西郡石井町
浦庄字諏訪213−1に鎮座しています。

イメージ 1

地元では、この神社のタケミナトミ神を諏訪大社のタケミナカタトミ神の事であるとしています。

諏訪大社の式内社としての正式な名称に南方刀美神社とあって、
出雲の富家のトミを省くと、ミナカタとなります。美称としてタケを付けると、
タケミナカタとなります。
タケミナトミ神も、富家のトミを省くと、タケミナとなって、タケミナカタとは一致しません

では、タケミナトミとは一体何なんでしょう。

まず、前提となる情報を提示します。

諏訪大社上社大祝の系譜に、南方刀美神の五世孫に会知速男命がいて
子に阿蘇姫があります。そして神八井耳後裔の武五百建命(磯城瑞籬宮朝定賜
科野国造)の妻となっています。

阿波国の式内社に、天村雲神伊自波夜比賣神社という神社があって、
大日本史神衹志には、伊自波夜比賣について建御名方命の孫にあたる
出速雄命の女。天村雲命の妃であるとします。

長野には出速雄神社とその娘である會津比賣神社があって、伊自波夜比賣
が會津比賣である事が神社の伝承で分かります。
これは、諏訪大社上社大祝の系譜の南方刀美神の
五世孫に会知速男命があって、娘に阿蘇姫があるという伝承と同じ事を指して
います。

建御名方神とその関係者の神社が阿波には三座あるという事になるのです。

旧出雲大社上官家の富家伝承では、事代主命の子(子孫か)が建御名方神であるといい
ます。富家は、大国主ではなく、事代主を祖としていたそうです。

阿波国には阿波郡と勝浦郡などに事代主命を祀る式内社があり、
事代主命を祖とする長国造族が繁栄した阿波の式内社に、タケミナカタやコトシロヌシ、ミマツヒコをを祀る、
事代主神社、大御和神社、多祁御奈刀弥神社、御間都比古神社などがあります。

イメージ 2
この写真の御間都比古神社の宮司家である井開氏は、長国造の後裔で、現在も
家は続いています。

長国造の一族は、隠岐国造、都佐国造の系譜と一致しており、
隠岐国造における系譜は

事代主命(味鋤高彦根命)−天現津彦命−観松彦伊呂止命−大日腹富命−
建美奈命−甕男立命−麻斯命−多米津古命
(古代氏族系譜集成より)

となっています。
この系図を見る限り、
多祁御奈刀弥とは、観松彦伊呂止命の孫の「建美奈命」の事であり、
御間都比古とは観松彦伊呂止命と想定できます。

富家の伝承では、大国主の子としての建御名方神の国譲り神話など
無かったと言いますから、建美奈命にこそ建御名方神の元の姿が
あったと言えるのではないかと考えます。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事