ここから本文です
神々の黄昏
新神名帳考証(この神社はどこの神社でしょう?お分かりになった方はゲストブックへ・・・・)

書庫全体表示

大名持神と神門臣

播磨国風土記には、大名持(葦原志許乎)命と天日槍命の争いに関して説話が載っていて、

葦原志許乎命と天日槍命は山からお互い3本の葛を投げた。
志許の1本は宍粟郡御方に落ち、残り2本は但馬の「気多郡」・「養父郡」に落ちた。
日槍は3本とも但馬に落ちたため、但馬の出石に住むことになった。

但馬国気多郡には、大国主命の一族が移住した痕跡が神社として残っています。

出雲国の西側の式内社・豪族名を冠する名と、但馬国気多郡の式内社の名の一致が見られます。

1.気多郡 神門神社
神門神社は、まさしく出雲国神門郡から神門臣が移住した事を意味していて、富家の伝承では
神門臣は、大国主命の後裔である事も、但馬国風土記の言い伝えと合致します。
イメージ 9

2.気多郡気多神社
大国主の神話のある地には、気多という地名あるいは神社が存在します。
因幡国気多郡:大国主と八上姫の神話
能登国羽咋郡の気多大社:大国主神を祀ります。
但馬国気多郡:播磨国風土記による大名持命の支配の逸話。

イメージ 5
気多神社

イメージ 6

養父郡の養父神社


3.気多郡 山神社
出雲国神門郡、大山神社と式内社があり、神門臣族の山神の信仰が、移住先の
但馬にもたらされたと考えられます。
イメージ 7

イメージ 8
山神社

イメージ 10
大山神社

神門臣家の分家に、山直という姓があり、朝廷への山林資源提供に関わっていた。
神門臣や出雲臣といった土着系の出雲族は伯耆大山や佐比売山、相模の大山と言った、
山神信仰を持っていた。

イメージ 4
野城神社から見た佐比売山(富家の伝承によると野城大神とは佐比売神の事であるという)


4.気多郡日置神社
出雲国神門郡日置郷という地名があり、また、出雲の日御崎神社の宮司家は、日置氏とかつては
名乗っていました。神門臣は親族であると言われています。
日御崎神社の神主家は、天冬衣命を祖としており、富家と同じ出雲臣族の系譜です。
神門郡から移住した日置臣の神社というのが本来の姿ではないでしょうか。
イメージ 11
日置神社

イメージ 2
日御崎神社摂社林神社(日置臣の祖/天冬衣命を祀る)

5.高負神社
神門臣族が武蔵に移住し、武蔵国造家となった際に、横見郡を本拠地としていたが、
その横見郡に高負彦根神社があり、神門臣家は但馬を経由して武蔵に移住したと考えられる。
イメージ 3
高負神社

イメージ 1

埼玉の高負彦根神社

その他として、気多郡御井神社と 出雲国出雲郡漆治郷の御井神社、出雲国楯縫郡→楯縫神社 
出雲国意宇郡売布神社→気多郡売布神社など、出雲からの移住の痕跡は数多く見られます。

大名持神の伝承地には神門臣とその分家(日置臣、勝部臣、山直、武蔵国造、大伴直、他田日奉直)
が見られる訳です。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事