卯月の妄想ジャニ日記

ジャニヲタ腐女子、卯月裕香の妄想に満ち溢れたぶろぐです♪すのーまん(特に自由奔放なミニマムヲタクくんw)溺愛中...vv

全体表示

[ リスト ]

滝沢歌舞伎2016 No.1



本日1回目の観劇を終えてきました!
今年も本当にすばらしい作品に仕上がってましたよ〜!!
もうテンション上がり過ぎて全然眠気がこなくて困ってますww

というわけで、簡単に(いくかな?)今年の滝沢歌舞伎雑感をまとめたいと思います。

今回、右列からの観劇でしたし、何と言っても初回観劇なので
立ち位置や演目の順、台詞の主などは曖昧な部分もあります。
どうかご容赦願えると幸いに思います(><)


【グッズ】

まずはグッズ。今年はバッグがないのよねぇ。
滝沢歌舞伎の和な感じのバッグは毎年購入して大事に使ってるんだけど...残念!

集合のポスターはSnow Manも入っているようだったので購入しました!
まだ広げてないし、グッズ売り場でジッと見てないから誰が写ってるかは曖昧w

パンフレットは今年も煌びやか☆
Jr.のページはきちんと個人のコメントも掲載してもらえて非常に有難い仕様です。
無所の八人もコメント掲載されてますよ〜!
滝様と健くんの対談もあります。歴の長いオタクは必見ですね〜

扇子、和タオル、湯のみ
これはもう例年の如く購入。お布施みたいなものです(^^)
とはいえ、白を基調とした非常に落ち着きのある素敵なデザインなので、喜んで使います。

ステフォは4月16日昼公演時点ではまだ出ていませんでした。
明日くらいから出始めるのかな〜?



【一幕】

それでは、順番に見て参りましょうか。
最初にも書いたとおり、今回は初見であるため、まずは佐久間くんを追いかけてます。
その他の部分は(たとえステージの真ん中であっても)あまり見えてなかったりもしますw

まあ、佐久間くんに盲目な卯月のぶろくですから、ということでご理解のうえどうぞ。


*オープニング

今年は女性バレリーナの方が二名参加しています。(その代わりGロケさんがいないような)
そのバレリーナの方々が、後藤くんのバイオリンの音色とともに優雅に舞います。

あ、今年は、後藤くんは下手マンション、石垣さんは上手マンションに住んでます。

程なくして滝様がステージ奥から登場。
ふわりふわりとステージ上でフライングしながら、バレリーナさんと戯れます。
最後に恒例の「春の踊りはよーいやさぁー!」が入ります(^^)

バサッと幕が降りてきて、過去の滝沢歌舞伎(演舞城)の映像が映し出されます。
例年で言うところの「滝沢歌舞伎」の文字が上から下に流れ落ちていくところです。

映像が終わって幕が開くと、人間櫓から打ち出されるJr.くんたち。
多分佐久間くんは飛ばされてる...はずだけど、とっさに位置まで確認できなかった(^^;)
去年までは青×銀の和衣装でしたが、今年は青の部分が赤になってます。
なんだかめでたい印象ww


*春の踊り〜いにしえ

打ち出された後のフリーダンス(なのかな?)は、佐久間くん下手。
どんどんぱっ、で滝様がフライング登場したあとは、すのはダテフカを残して4人ハケます。
ダテフカは滝様のフライングキャッチの補助をしてからハケ。

いにしえの登場時は衣装チェンジして、桃×銀の和衣装になってます。
この桃色が淡くてかわいらしい色で個人的にはとても気に入ってます♪
佐久間くんは下手側、かな?
ひーくん、増田様も近くにいたような気がしてる(いい加減)

そんなこんな経たないうちに、すぐダテフカ合流。
上手下手に5人ずつ分かれて踊ってます。(すの+ジェシきょも増田林の10人)
ステージぐるんと回ってる間に裏で立ち位置移動〜

ぐるんと回ると、下段(最前列)に6人、その1段上に4人と別れて並んで出てきます。

上段    増田   渡辺        阿部   深澤

下段  宮舘  京本  岩本  ジェシ  佐久間  林

多分、この並びで合ってる、はず。


「いにしえ」は違うんですけど、今回の舞台では基本的に以下の組み合わせでシンメになってます。
★ジェシ&岩本
★佐久間&京本
★深澤&宮舘
★渡辺&阿部
★林&増田
前に書いた方が下手、後の方が上手に登場することが多めです。


話を戻します〜

いにしえの後半は上記の並びで曲の最後まで踊ってます。
下段外側を固めるダテ様&林くんの安定感の半端なさったら!
さっくんと大我さんはガツガツと力強い感じ、ひーくんとジェシはステップが軽快で爽やかな感じ。

曲が終わると女性ダンサーさんのパフォーマンス(だったような)
最後に三宅健くんが登場します。


*Maybe

ええ、これが噂の卯月得な健くんソロですww
バックに佐久間くん(下手→上手)と林くん(上手→下手)が出ています。
ああ、ステージの上に三人しかいないのに目が足りないなんて...

衣装は紫のジャケット、黒シャツ、黒パンツ。
佐久間くんは髪色も髪型も落ち着いた感じになったので、この衣装だと余計に大人びます。
(あ、割と暗めの茶髪でくるくるも少なめになってます)

大人びた佐久間くんの攻撃力ったらないです。
佐久間担さんは漏れなく昇天すると思うので覚悟していってください。

林くんのダンスといえば堅実さと安定感。表情もそこまで出てない感じ。
これぞバックのJr.とも言えるでしょう(もちろんいい意味で)
佐久間くんはその真逆とも言えるタイプなんですよねぇ(^^;)
ダンスに「佐久間大介」が出てくる。表情も曲の世界観に合わせて色めく。
これもまた個性をアピールして覚えてもらうという面では必要不可欠です。

この二人、合わないと思うでしょ?
それが意外と合ってるんです!!

まあ、殺伐シンメが上手いこと行くんだから(ああもう殺伐じゃないか)
宮舘さんと似たタイプの林くんとも上手くいきますわねww

林くん、健くんに比べて動きは大きいんだけど、変にずれてはいないというか。
実際に見てもらうと「お〜なるほど!」ってなると思うんですけど〜!!
うん、これはもう見てください!の一言に尽きます。とにかく素敵な一曲です。

あ、最後に卯月的オススメポイント。
小指を立てて唇をなぞる仕草があるんですが...(二人はやってないので振付ではないんだけど)
そのときの佐久間くんの艶かしさはやばいです。えろすぎます。要注意です。
曲を通して2回か3回あると思うので、ぜひご覧になってください♪


*4剣士

パンフレットにこう書かれているので、合わせておきますw
白装束のJr.やJAEさん、女性ダンサーさんと滝様が殺陣を行う演目です。
(どの辺が4剣士なのか卯月は分かってない)

最初に登場するのが、宮舘、渡辺、深澤、阿部だからなのかな...?

次々と他のキャストも登場しますが、ジェシとひーくんだけ別衣装です。
白装束じゃなくて、緑?だったかな?青?
二人もそれぞれ別々だったと思うから緑と青だったのかも。

佐久間くんはアクロバットも次々やってるので見つけやすい方かな?
(ただし、どのタイミングでどこから登場してるのかはまだ分かってない)

途中、ステージ上段で戸板の上に滝様が立つ場面(毎年やってるあれですよ)
最後に戸板を支えているのがダテ様。安定感パない。
今年の滝沢歌舞伎のダテ様は今まで以上に何でも屋です!

この4剣士が終わると、いよいよ林くんの見せ場です!!


*お化け

全員ハケると、林くんがひとりで舞台下手に登場します。
衣装は黒タンクトップ、黒パンツ、白シャツ。
丸椅子に座って、本を持っていて、それを朗読する感じ。

この朗読劇がとにかくすごい!!

語りの部分、男役、雪女役の三役をひとりで演じ分けます。
多少の動きはあるんですけど(椅子から転げ落ちたり、脅えて逃げ惑ったり)、ほとんど声での演技。
怨念の篭った女の叫びから、囁くような語りの声、震える男の声...
これは本当にクオリティー高すぎて、ここだけ違う次元の作品みたいで!
(これは決して滝沢歌舞伎のクオリティとの比較ではなく、世界観が切り離されてる感があって)

林くんが好きな方はMaybeとこの語りだけ見ても満足できます!
(だけど他にもいっぱい見せ場があるんだよな〜)

林くんが朗読してる間、去年のお化けの場面みたく白装束の女が客席にたくさん出てきます。
客席からキャーキャー悲鳴が上がって、大変臨場感があってドキドキしました〜


余談ですが...佐久間くんにもこういうお仕事来ないかなぁ...



*MASK

林くんやお化けたちがすべてハケると、ステージ奥から玉座が登場。
そこに眠るように腰掛けているのが健くん。

健くんがゆっくりと身を起こし、音楽が流れ出すと、上半身だけでダンス。
(これ怪我する前は立って踊ってたのかもしれないけど)
座ったままなんだけど、全身で踊ってるのとほとんど変わらないんですよ。
他の場面もそうなんだけど、健くんどこ怪我してるのか分からないくらい動きに違和感ないから...

しばらく健くんひとりのダンスなんですけど(スクリーンの影が動きにあわせて変化するやつ)
MASKのアラビアンな音楽とともに、昨年同様ゾンビに扮したJr.たちが出てきます。

どこから登場したのかは追えなかったけど、佐久間くんは下手の中央寄り。
健くんの玉座の斜め前辺りに位置どってます。
曲の間に多少動くけどあまり端にはいかなかったかな。
2階右列からでもなんとか全部見えてたと思います(^^;)
衣装は去年のまま、黒の低めのシルクハット、ベージュのジャケット、白のひらひらシャツです。

ゾンビたちが踊ってるとき、健くんがその動きに合わせて腕を動かしていて
まるで朽ちた館に住まう領主が夜な夜なゾンビたちを操っているかのような画。
帝王感がビシビシ出てましたね〜!!
今まで以上にストーリーを感じるMASKで個人的にはとても気に入りました♪


*変面

滝様の変面もリニューアル。
中央に円形のステージがあって(四角だったかもしれんが)、そこでパフォーマンス。
周りでバレリーナさん、トワラーさんが踊っています。

そして、下手にナポレオンジャケット的な衣装の大我さんが現れて歌ってます。
上手にもきっと誰かいるんだろうな〜ジェシくんじゃないかな〜
(端っこすぎて右列からでは見えなかった)

大我さんはダンスはなし。歌だけのために出てきてます!
今年の滝沢歌舞伎一幕は結構歌重視な感じです(まあ、キャスト選考がそのものだよね)


このあと、これも恒例の花形演目となってきた腹筋太鼓です。
いったんここで終わっておきましょうか。

ようやく眠気が出てきたのでww
(これ寝坊するパターン)


最後まで読んでくださった方、ありがとうございます♪
なるべく近いうちに続きも書いていきたいと思いますので、興味があれば是非ご覧ください〜


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事