卯月の妄想ジャニ日記

ジャニヲタ腐女子、卯月裕香の妄想に満ち溢れたぶろぐです♪すのーまん(特に自由奔放なミニマムヲタクくんw)溺愛中...vv

全体表示

[ リスト ]

.

どうも、眠れない夜なのでブログ書きに来ました。

本来ならば、書きかけの運動会レポの続きをやりたいのですが、
本日宿泊のカプセル個室の電気がつかないとかいうトラブルに見舞われまして…
メモ帳の文字を読むのがしんどいので、とりあえず記憶だけで書いていけそうな歌舞伎ネタにしました。

タイトルには「滝沢歌舞伎50の魅力」って書きましたが、正確には「滝沢歌舞伎の佐久間くん(と愉快な仲間たち)の50の魅力」というところです。
いつもどーり佐久間くんばかりを褒め称えるお花畑な展開になっておりますので、
ご理解いただいたうえでご覧いただければいいかなーと思います。


当然ながら、この記事は本作品のネタバレを含みます。
千秋楽まであと10日なのでそういう方は少ないかもしれませんが、ネタバレ見たくない方はご遠慮くださいませ。

あと、Snow Man及び林くん以外の出演者の方のレポを求めている方も回れ右してください。
あんまりご期待に添えないと思います。


そんなものでも少しくらいは興味があるよ!という方はこのまま下にスクロールどうぞ!
卯月の思う、主に佐久間くんの見どころを紹介していきたいと思います〜♪











ネタバレ要素を含みます。

本当によろしいですか???










それでは、始めます。

なお、オススメ順なんて考えていると何時間あっても書き終わらないと思うので、演目順で書いていきます。
ご了解くださいませ!




1.泰観のバイオリン

滝沢歌舞伎のオープニングといえばやはりこれ!
泰観の奏でるバイオリンの音色を聞かないことにはよぉーいやさーできません!
今年も下手側の壁のところに小部屋があって、泰観はそこで演奏してます。
心が穏やかになって洗われるよねぇ(*´∀`*)


2.滝様の後ろからずらりと現れる出演者一同

白ジャケット衣装でずらりと現れる出演者一同が圧巻。
これまでには、皆の姿は見えないけど声だけで「よぉーいやさー!」と始まることもありましたが、
やはり出演者一同がステージにいる状態で「よぉーいやさー!」と叫ぶのを見られるのは気持ちがいい!
さっくんは背が低いおかげでとても見つけやすいですww


3.春の踊り(人間櫓)

人間櫓が大好きなんですよ、私。
佐久間くんはいつも他の皆に乗せてもらって「やー!」で飛び降りる側の人でしたが、
今年は珍しく土台側にいたので、実は初見のときは見つけられませんでした…
なべしょを乗せてるんだったかなー?
降りる瞬間にグッと背中を跳ね上げて、勢いを付けさせてるのがかっこいい。
そうか、佐久間くんくらいガッチリした鋼の肉体を持ってると、たとえ小柄でも土台側に回されるのかぁ…
今年はデカめの出演Jr.が少ないせいもあるかもしれないですねぇ。


4.春の踊り(ダンス)

軽快なリズム音に合わせて背中をどんどん反らせていくところがめっちゃ好き。
毎年思うのですが、マトリックスも真っ青なくらいに反るんだよね。
さっくんもすごいんだけど、照がやばい!!

あとひとつ大事なポイントとして、箱の中から滝様が現れてビューンとフライングするんですが、
その箱がバンって開いたときに、ビシーっと滝様に向かって伸ばされる腕の美しさったら!
指先まで神経が行き届いていて、芸術作品みたいに繊細かつしなやか!
細かいですが、ぜひそこまで見ていただきたいです♡(滝様も見なさいw)


5.いにしえ冒頭のバク転

すのーまんが両袖からザザっと現れて、交差するのもかっこいいのですが、
そのあと滝様を囲んで円型に陣取り、外側に向かって揃ってバク転するのがお見事。
すのちゃんたちのスキルから考えたら全員でバク転くらいは普通のことなのですが、
このいにしえのときのバク転は綺麗に展開してていつも以上にかっこいいんです!
さっくんはバク転の直後にちょんって飛び跳ねて勢いを殺してるんですが、それでもすぐ後の振りは完璧に揃ってる。
当たり前のことを当たり前にできるって、簡単そうで難しいと思うんですよ!
だから私はここのバク転オススメです!!


6.いにしえ(舞台回転前)

「♪〜Far away いにしえ〜」の辺りで、すのが上下に3対3で分かれます。
私が観るのは大体上手側でさっくんの他に照(とたぶん翔太)がいるんですけど、
ここのパートの照がめっちゃ好きです。
俯き加減でしゃがむんだけど、その横顔がとんでもなく美しい!!!
たくましい腕や身体つきと相反する、儚げでアンニュイな表情…ドキッとしちゃう。
なんだかジッと見つめてはいけないような気分になって視線をそらすと、さっくんの目力の強さに射抜かれる。
上手側の攻撃力、凄まじすぎる…!

(だから残りのひとりを「たぶん」翔太とか言ってしまう…ごめんよぉ)


7.赤い布を飛ばす林くん

滝様が上手側2階からフライングする直前に赤い布がヒラヒラ〜と舞い上がっていきます。
それを飛ばしているのが、今年も林くんなのですが、ここの林くんすごいんです。

飛ばす直前まで赤い布を片手に握りしめて踊っているのですが、
客席に見えないように握っている方の手は後ろに隠してます。
つまりは片腕だけでみんなと同じ振りを踊ってるんです。
それなのにすごく不思議なのが、片腕で踊ってるように感じないんですよ…!
「あっ…林くん片方だけしか踊ってないんだ…」って思わず驚くくらい自然なんです!!

しっかり覚えてないのでいけないんですけど、たぶんここ何年かずっと林くんが赤い布飛ばす役なんです。
やっぱり信頼と実績のある人に任される仕事なんだなぁって実感します。


8.いにしえ(後半ダンス)

「時の旅人」の部分のまっすぐ伸ばした腕をぐるんって時計の針みたいに回す振り付けが大好きなんです。
たくましい腕に惚れ惚れしちゃうんです(´;ω;`)

あと、後列組が踊りながら前列に出てくるところの流れるような動きも素敵ですよね。
基本的にただ動くだけってことをしないのが、さすがだなって思います。
移動ひとつ取っても魅せることを意識してる。
舞台の端から端まで少しも隙がないように構成されてる。
そんなある意味当たり前のことかもしれない些細な部分もすごいなーと思って観ています。


9.Maybe(さっくん)

これ本気で語らせると間違いなく夜が明けますww
なので、さっくんと林くんに分けて簡単に見どころを紹介します。
あなた自身の目で肌で感じてもらうのがいちばんだと思います(きっと円盤になるよ)

Twitterでもチラッと書いたので見ていただいた方もいるかもしれませんが、昨年よりもずっと進化してます。
去年は主役の健くんを食う勢いで「佐久間くんの世界」をダンスに投影してステージを侵食してました。
それはそれで実に魅力的だったと思います。ここまで自己を投影できるさっくんほんとすごいよ。

でも、今年のさっくんにはどちらかといえば「Maybe」に寄り添っているイメージを抱きました。
Maybeの世界に自身を填めて、そこから感じ取ったものをダンスと表情に乗せていた。
というかもう音楽が流れれば自然と身体が動くくらいに振付はバッチリ入ってて、
彼が毎公演の本番で意識したのは感情を乗せることただそれだけだったんじゃないかって思えるくらいだった。
前半部分は優しい微笑みの裏側に切なく苦しげな表情が隠れてた。
それは闇の中で光を模索している情景を自然と浮かばせる。
そして、確かな光を掴もうと手を伸ばすほどダンスに熱情が表れ、表情にも強い信念が宿ってくる。
自分の中にとどめておけない感情がダンスに表情に溢れ出してくる。
でも、どこか苦しそう。自然と涙が零れ出てくる。

最後に後ろを向いて両腕で背中を抱くところ。
小柄なのに大きな手がとても印象的。
あと、その少し前の踊ってるとこで片手をポケットに突っ込んでるんだけど、健くんに合わせてるのよね。
細かいところもよく健くんを見てて、このパフォーマンスを本当に大事にしてるんだなっていうのがひしひしと伝わってくる。
兎にも角にも、Maybeのさっくんは涙腺泥棒すぎて本当にずるい。


10.Maybe(林くん)

冗談抜きで長くなったので林くんはさらっと。
さっくんの表現の方向性を動とするなら、林くんは完全に真逆の静。
音も立てずにジワジワと熱を帯びていく。

その様子がいちばん分かりやすいのが、林くんの腕や足の振り幅だなって思う。
サビに入る前は身体に近い辺り、割と小さめな動きで踊ってる印象なんですが、
これがサビに入って、感想に入って、ラスサビに入って、と曲がどんどん感情的になっていくのに合わせて、
林くんの腕や足のスタンスもどんどん広く大きくなっていくのがとてもよく分かる。
林くんはさっくんほど表情豊かに踊ってはいないんだけど、だからこそ動きに分かりやすく振り幅を付けてくる。
双眼鏡で覗かなくても感情の抑揚が伝わってくるぐらいダンスで色をつけてくる。

全く異なる表現の仕方をする二人だけど、表してるものは全く同じって本当にすごい。
だからそれぞれのファンの方は余計難しいとは思うんだけど、どちらのMaybeも見るべきだと私は思う。
(もっと言うと、健くんの表現も二人とはまた違う角度だろうからそれも見るべきだろうなと思う)
(けど円盤でしっかり見れるだろうから…と思って、ついさっくんと林くんばかり見てしまいました…てへ)


11.蒼き日々(上手袖)

今回二度ほど左列で観劇したのですが、いちばん客席寄りの上手袖がよく見えたんですよ。
健くんが蒼き日々の説明をしてるとこから、ケンタッキーのみの歌いだし部分までの間、そこに照の姿が見えます。
アクロバット前だからか、軽くジャンプして身体を慣らしてて、その様子がとてつもなくかっこいい。
一度や二度じゃなくて、待機中ずっとトーントーンって跳んでるんですよ。
そして「ジャジャジャジャーン」って間奏が始まると同時にシュッと駆け出してロンダードバク転。
すんごい綺麗。切れ味のいいナイフみたい。そりゃそうだよな。

そういう真剣な照は大好物。


12.蒼き日々(アクロバット)

結局動きが速すぎて全部は追い切れなかったのが悔しいところです。
未練たらたらです。
円盤にする際にはスローエフェクト入れてほしいです(いつかのさっくんみたいに)

そうじゃなくても、蒼き日々はすのーまん個々のマルチアングルが欲しい!というくらい個々が魅力的。
冒頭の右から左から飛び出してくるアクロバットの波はそのうちの一片です。
ここで辛抱強く待っていると、ひとしきりアクロバットが終わって横1列に並んだメンバーの前を、
満を持して!という感じにさっくんが連続バク転していくところが見れて最強にかっこいいです。
(Maybeに出てるので登場が他のみんなよりも遅いのです)


13.蒼き日々(サビ)

先日の観劇時にようやくたどり着いた「蒼き日々」を上手いこと例えた表現が『大乱闘スマッシュブラザーズ』です。
自分が踊ってる場所がセンターだ!とばかりに誰もが遺憾なく個性を発揮してくる。
容赦ない殴り合いのような激しさと「俺こそがNo.1だ!」ばりのアピール力。
これを引きで全員見るなんて無謀!無謀すぎると個人的には思います(´;ω;`)
(だからマルチアングル頼む)

特にすごいのがサビの前半部分。
フリーダンスですよ、きっとここ。
だって毎公演違うダンス踊ってるんだもん、さっくんってば。
アイドルジャンプだったり、高速ターンだったり、髪を耳にかけてみたり、天に突き上げた腕を仰いでみたり…
兎にも角にも出演者全員が自由奔放に踊りまくってるという恐ろしい演出!!
かと思えば突如ピタッと振りが重なって、きっちり全員で揃えてくるパートもある。
台風みたいな感じ?暴風域と中心部で熱量が全然違うの。
揃えてるパートに感情が乗ってないとかそういう意味では全然ないけど!!

実を言いますとここのサビ部分、毎公演思わずさっくんを観てしまってました。
だから他メンバーもそうなんじゃないかなーと思って全体ごとのように書いてますが、嘘かもしれません(;´Д`)
いや、きっと他のみんなも同じようにものすごい勢いの自己アピールしながら踊ってるはず…!
あーほんとに惜しい!こんなにすごいのに、新橋演舞場で限定1ヶ月半しか見られないなんて!!!


14.蒼き日々(二番)

二番冒頭は円型ステージの円周をなぞるようにすの+女性ダンサーが交互に並びます。
(人数合わないのですのが連続のところもあるけれど)
ステージが回転して、自分の立ち位置がセンターに来るとスポットライトが当たってソロダンスする。という仕組みです。

これ本当に絶品だよ!?
それぞれが「俺(私)のパフォーマンスはどうだ!!」ってしてやったり顔で決めてくるんだよ!?
このときばかりは双眼鏡をセンターに固定して、順番にソロダンスを堪能してました。

みやちゃんのハイキックからの少年みたいな笑みはやばい。いたずらが成功した子どもみたいな無邪気さ。
アイドルスマイルやクールなキメ顔とはまた違う、ときめきをくすぐられる表情。
照は自分の番が終わって次の人になるかならないかの瀬戸際辺りで「どーよ?」って感じにニヤつくのがずるい。
ふっかにはこの短いアピールタイムにバク転盛り込んでくる時点でしてやられた。
さっくんは…色気の塊すぎてどうにかなりそう。゚(゚^ω^゚)゚。

なべもあべちゃんも女性ダンサーさんたちも本当に美しくてかっこよくてそれぞれに見応えあり!!
ここは絶対確実にひとりずつ抜いてほしいですね!


15.蒼き日々(後半)

ケンタッキーの後ろそれぞれに縦に並んで、アクセントで動くところもとてもかっこいい。
(最後尾の照が抜け殻みたいに脱力した状態でアクセントつけてるのが特に目を引く)
そのあと徐々に扇形に広がっていくところもひとつひとつの動きが大きくて視覚的にインパクトがある。
そしてそこからまたフォーメーションが1サビと似た感じになって、大戦争が始まる…(こわい)

息付く暇がないよ!!
めちゃくちゃかっこいいけど、すべてを見られたなんて到底思えない。
ほんとこれ舞台でしか見られないなんて勿体ないよ…せめて少年倶楽部でやろう!


16.こどもつかい

映画こどもつかいのPR版と言いますか、あらすじをサラッとお話してくれるコーナーです。
語り部が林くんと言うと想像つくと思いますが、めちゃくちゃ怖い!!
昨年の雪女伝説も然ることながら、今年のこどもつかいも彼の滑舌と演技力が惜しみなく発揮されています。
個人的に勿体ないなーと思うのは林くんが恐怖を表現するときのリアクションのでかさ。
「うわぁぁぁぁ!!!!」とかの声が大きすぎて、話の内容よりもそっちにビビっちゃう(;´Д`)
それこそが狙いなのかもしれないけど、語り部としての技能が十分高いだけに若干の勿体なさを感じてしまいます。


17.MASK DANCE

蘇生を司る帝王(だと勝手に思ってる)健くんに操られ、魂を得た死者たちが狂喜乱舞する演目です。(たぶん違う)
最初蘇った死者たちが帝王を囲んで、自らの首を締めるような振付がありますが、
このときのさっくんの恍惚とした表情はあまりに常軌を逸していてゾクッとします。
他のみんなはそんな顔してないよ( ´。pωq。)どちらかといえば無表情だよ!
でも、そーいうところこそさっくんの感受性と表現力ってほんとすごいなーって思います。

帝王が椅子から降りるときは右手をみやちゃん、左手をふっかの肩に置いて、
さっくんとなべしょの背中を階段がわりにしています。
なんて頼もしいすのーまん!

さっくんの演じる蘇った死者は狂気を孕んだゾンビ。
他のメンバーが操られている無感情な死者を演じる中、
実に感情豊かに(といっても狂気一択だけど)暴れ回っています。
だからこそ自然と目を奪われるし、怖いって感じる。
最後に仮面を外すところにもそれぞれ個性が出てて見比べると面白いです。
みやちゃんはかなーり溜めて外すのですが、その一瞬でニヤッと笑んでくるからずるい。


18.さっくんのパーフェクト腹式呼吸

これは腹筋太鼓ですね。
暗闇の中でJr.たちが「ハッ!」と声出しをしていますが、
このときさっくんの腹筋に注目すると美しい腹式呼吸を見ることができます。
完璧!実に素晴らしい!
ひゅうって吸い込んだ空気を一気に吐き出してる様子が視覚的に分かる。
これが腹式呼吸か!!と感動しました。
(なお、林くんやなべしょの腹式呼吸も綺麗です。さすがイケボ)


19.シンクロ率100%の演奏

腹筋太鼓前半戦ではサクダテがシンメ位置にいるのですが、
太鼓を叩く動きがぴったんこかんかんで素晴らしかったです。
身体が上下する具合、腕の伸ばし方、タイミング(はもちろん)…
全部シンクロしてるんですよ!さすがサクダテ!!

そーいや、腹筋太鼓の後半戦で腕の組み方がバラバラなんですよね。
腕をクロスしてるとき、右腕が上の人と左腕が上の人がいる。
あんまり気にせず、組みやすい方でそれぞれがやってるんだろうけど。
こういうのは右利きとか左利きとかはあんまり関係ないのかなぁ?


20.腹筋太鼓(後半戦)

後半の腹筋太鼓の部分でも、さっくんとみやちゃんすごーく似てるんです!
ガンガン頭振りまくって、BGMに合わせて腹筋使ってるの、タイミング一緒!
サクダテシンメ萌えますわ〜♡
照のそれはもう完全にトレーニング!ww
でもそうやって腹筋いじめるのが楽しいんだろうね。とても楽しそうに演奏してるからすごいなーって思う。
必死に食らいついてるあべちゃんにその余裕少し分けてあげてww
ふっかも割と余裕なさげなイメージだったけど、
今日の夜公演は振り切ってて「うおー!」って感じだったからかっこよかった!
なべしょも全力でやりきってる感が表情から伝わってくる。
あと何より声!なべしょの声がいちばんよく聞こえるんだよね〜!


21.セグウェイを乗りこなすさっくん

これめちゃくちゃかっこいいで!!
セグウェイってバランス感覚ないと乗りこなせないでしょ?
しかも滝沢歌舞伎で使ってるのは持ち手がないタイプだから余計難しい(って朝日が雑誌で言ってた)
さっくんはそれを自由自在に乗り回してて本当にすごい!
もちろん他のメンバーもみんなすごい!!

あそこは唐突にセグウェイが入ってくることについて賛否両論だろうけど、
個人的にはそんなに悪くないというか、むしろ気に入ってます。
浮世艶姿桜自体、ボカロっぽい雰囲気のある曲なので、
ちょっと現代的というか近未来的な演出が入った方がかっこよさ増すなぁって。
あと、セグウェイで捌けるときにさっくんが後ろ手で手袋外してるのかっこいいです。
後ろ手でササッとっていうだけで単純にかっこいいヽ(;▽;)ノ


22.浮世艶姿桜

ダンスがキレッキレなのがとにかくかっこいい!!
その隙間にガンガン色気ぶっこんでくる出演者たち…
激しさと色気って同居できるの!?できるんです!!
楽曲のメロディーラインは儚さ、繊細さ、美しさ、みたいな印象が強いけど、
力強い歌声、熱量溢れるダンス、群舞並にバッチリ揃ってる迫力…
そうやって総合的に気高く咲き誇る桜の魅力すべてが詰まってるっていう。

滝沢歌舞伎のダンスナンバーはどれも素敵な曲ばかりで勿体ない(´・ω・`)
どこかで披露する機会があればいいなーと願ってます。
なお、個人的には間奏のピアノパートがめっちゃ好きです。 



ふわぁ…ようやく眠くなってきた…

中途半端ですが、とりあえずここでいったん更新します。

続きはまた時間があれば連休中に〜!!


.

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事