全体表示

[ リスト ]

それは春のことである。
GW前のことだったかもしれない。
 
毎朝、パンをかじりながら
新聞を隅から隅まで読む私の目に
ド〜ンと飛び込んできた広告があった。
「カナナリュック」である。
そして何より私の目を引いたのが
今回特別に発売された「母の日限定色」だった。
これはもう、母でありリュック好きでピンク好きの
私のために企画された商品としか言えない。
機能的でありながら可愛さを忘れない・・・
まさに私にピッタリのリュックであった。
 
さっそく週明けに申し込むべくPCを繋ぐ。
ガ〜〜〜〜ン!!
私の欲しいMサイズはピンクのみが在庫切れで
「カートに入れる」ボタンが表示されていない。
あ〜・・・何たるショック。
私としたことが完全に出遅れてしまった。
あれだけ大々的に新聞広告が出れば
売り切れるだろうことは分かりそうなものだった。
 
けれどそこで凹み続ける私ではなく
立ち直りの早さはご存知のとおりである。
それからは1日2回、朝に午後にと在庫を確認した。
必ずいつか入ることを信じそれは完全に習慣化した。
 
そして先週末のことである。
その午後もいつものように商品ページを開いた。
え!?「カートに入れる」ボタンが表示されてる!
私は自分の目を疑った。
もしかして違う色の商品ページ??
けれどそれは確かにMのピンクだった。
やったぁ〜!!
私は急いで商品をカートに入れた。
 
こうしてゲットするまで2ヶ月以上を要した
「カナナリュック」限定のピンク色がコレだ。
 
イメージ 1
 
サイズはMで29×28×10cmである。
ミステリーハンターとして世界中を旅した
竹内海南江さんとエースで共同開発されたものだ。
ピンクと言っても、見ての通り落ち着いたピンク。
 
イメージ 2
 
とにかくポケットが多く荷物が整理しやすいが
この横のポケットには
ペットボトルや折りたたみの傘が入る。
 
イメージ 3
 
試しに私の通勤パッグの中身を移し替えてみたが
マチが広いため問題なく収納することができた。
 
イメージ 4
 
ベルトの裏側部分はクッション性があり
背負った時、身体に驚くほどフィットする。
モチロンこちら側にもポケットはある。
その他にもメインファスナーにロックがついていたり
嬉しい機能がいっぱいの期待通りのリュックだ♪
 
やはり人間、諦めないことが大事なのだと
つくづく思う今日この頃である。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事