ここから本文です

書庫昆虫

記事検索
検索
 当 blogは、fc2 blog に移転しました。検索で来られた方は、こちらを見てください。⇒https://amimumeyasu.blog.fc2.com/ 自然観察日記


 10月1日五月山で見た昆虫その3です。
 クロハナムグリ(コガネムシ科ハナムグリ亜科) 
 大きさ11-14mm
イメージ 1

成虫は花に集まって花粉を食べる。幼虫は朽ち木を食べて育つ。
イメージ 2
黒い体にクリーム色の紋がなかなかおしゃれですね

 オオスズメバチ(スズメバチ科)  働きバチの大きさ:27-40mm
イメージ 3
スズメバチが数匹、木の株元から出入りしているのが見えました!
大きさ的にはそう大きくないと思ったのですが、巣があって入り口から出入りしているようです。
土中に巣を作るスズメバチはオオスズメバチです。

 ハンミョウ(オサムシ科ハンミョウ亜科)  大きさ18-20mm
イメージ 4
ハンミョウポイントにはハンミョウが結構出ていました。
イメージ 5
成虫幼虫とも生きた昆虫を捕まえて食べます
凄い顎でしょう!

 ヒメカマキリ(ハナカマキリ科)  大きさ:25-35mm
イメージ 6
小さいカマキリです。日本にいるハナカマキリ科はこのヒメカマキリだけとか。私がカメラを向けていると、車の持ち主が「何を撮っているの?」と聞かれ、手に乗せて撮らせてくださいました。
イメージ 7
生きた昆虫を捕まえて食べる 緑型と褐色型がある
イメージ 8
正面からみると目に線状のような模様が見える。

 ヤマトシリアゲ♀(シリアゲムシ科)  大きさ2cm程
イメージ 9
晩夏に現れるものは黄色っぽく小さい
昔は別種と考えられていた。(ベコウシリアゲ)
♂の腹端はサソリの尾の様に上に曲がるがこれはです。
小動物や昆虫の死骸を食べる

 ソウシチョウ(チメドリ科)  中国南部ベトナムミャンマー等で自生 篭脱け鳥 特定外来生物に指定されている
イメージ 10
ゲッゲッと地鳴きが聞こえた。
イメージ 11
至近距離である 全く人を警戒するそぶりもない

アサギマダラ

 当 blogは、fc2 blog に移転しました。検索で来られた方は、こちらを見てください。⇒https://amimumeyasu.blog.fc2.com/ 自然観察日記


 10月1日、快晴です。こんな日は観察に出かけなくちゃと五月山に行ってきました。後前中用があったので、ついたのが12時ぐらいでしたが、ヒヨドリバナでゆっくりと吸蜜するアサギマダラ1頭にあえました。マーキング調査をされている方もいたのですが、ぼちぼち出ているとの事でしたが、午前中のほうが多かったとの事で、私が見ている間にはこの1頭のみで少し残念でした。
 アサギマダラ(マダラチョウ科) 
食草:キジョラン、イケマなど
イメージ 1

イメージ 2
マーキングされています。ST9/28 KIM719 の文字が確認できます。9月28日、五月山で捕獲されたって事ですね。台風の前ですね。台風の間、嵐を避けて五月山に滞在していたって事ですね!
イメージ 3
背景の赤いのはイヌタデです
イメージ 4
↑+クリックで大きくなります

オオスカシバ

 当 blogは、fc2 blog に移転しました。検索で来られた方は、こちらを見てください。⇒https://amimumeyasu.blog.fc2.com/ 自然観察日記


 9月22日自宅周辺でやっとオオスカシバを撮りました。
見るのは何度も見ていたんですけどね、あっという間に飛びされれて撮れて無かったです。
 オオスカスバ(ホウジャク亜科)  
イメージ 1
昼間活動する蛾 ホバリングしながら花の蜜をう
イメージ 2
羽化したばかりの時はちゃんと鱗粉があるが、
羽化後すぐに落ちて透明な翅になる。

イメージ 3
前向きがなんとか撮れた
花の蜜を吸う時は、そっとやさしく前脚を花冠の縁に添えています↑↓
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


幼虫 オオスカシバの食草はクチナシです。
イメージ 8

イメージ 9
我住宅敷地内のクチナシを探したら居ましたよ。


昨日の分でアップし忘れていた ツクツクボウシ 
目の前で鳴いていました!声はすれどもなかなか姿見なかったので撮れて嬉しかったです。

 当 blogは、fc2 blog に移転しました。検索で来られた方は、こちらを見てください。⇒https://amimumeyasu.blog.fc2.com/ 自然観察日記

 9月19日マイフィールドと自宅周辺で見た昆虫からです。
 ホシホウジャク(ホウジャク亜科)  
イメージ 1
またまたアベリアでホシホウジャクです。
今度は前より少しうまく撮れたかな。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 アゲハチョウ(アゲハチョウ科)  
イメージ 5
♀ですか?
イメージ 6


 ウラギンシジミ♂(シジミチョウ科)  
イメージ 7
かなりボロボロです。

 ショウリョウバッタ(バッタ科)  
イメージ 8
褐色型♂
緑型と褐色型があります。♂<♀

 ツクツクボウシ(セミ科)  
イメージ 9
ツクツクボウシが目の前で鳴いていて見つけました。

 当 blogは、fc2 blog に移転しました。検索で来られた方は、こちらを見てください。⇒https://amimumeyasu.blog.fc2.com/ 自然観察日記


 9月11日近所のアベリアの植え込みで見た昆虫その3です。
 クマバチ 
 
イメージ 1
クマバチは、アベリアの蜜を花筒を食い破って横からとっています
これは花にとっては役に立たない(受粉してくれない)ので、こういうのを盗蜜といいます。
イメージ 2
別個体ですがこれも横からの盗蜜です


 コアオハナムグリ  
イメージ 3
コアオハナムグリは、花粉が目的なんでしょうね。
イメージ 4


 ミツバチ  
イメージ 5
花筒の中に頭をつっこんで花粉や蜜を採っています。


大きな黒いハチが居ました! クロアナバチ です。大きさ4cm程
イメージ 6
クロアナバチは、地面に穴を掘って巣穴を作り、キリギリス類を狩って巣に運び卵を産む狩り蜂です。
イメージ 7
巣を穴を掘ってキリギリスを狩ってくるところは見た事ありますが、花で見たのは初めてです。成虫は蜜や花粉を食べるようですね。
イメージ 8

イメージ 9


 ハラビロカマキリ  
イメージ 16
近づいてもゆらゆらとして何か変だなと思ったら羽化失敗したのか翅がねじれていました。
イメージ 17

以下はアベリアに絡まっているノブドウの花に来ていました。
 コガタスズメバチ  
イメージ 10


 セグロアシナガバチ  
イメージ 11


 スズバチ  
イメージ 12
ボケボケですみません
イメージ 13


 ハナアブ?の仲間  ⇒スキバツリアブ(ツリアブ科) sakakuさんが教えてくれました。
イメージ 14
イメージ 15

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事