蜜欲の情人

「ああっ、来ちゃうぅ」」 「ああっ、ああっ、はああっ……」  膣の内側で、敏感なスポットが大きく膨らんでくる。  とろとろの粘液にまみれたまま充血し、あと少しの刺激で弾(はじ)けそうになる。 「ああっ、イ、イキそう」  互いの動きに全神経を集中して、うめくような声を発する。  順一郎の裸の背中に、爪が食いこむ。  スリップドレスの下で、乳房が圧迫されている。エアコンをつけているにもかかわらず、汗がじわっと滲みだしてくる。  いっそ、脱いでしまいたい。そうは思っても、そんな余裕すらなく、性感に掻きたてられる。 「ああっ、来ちゃう、来ちゃうぅ」  嗚咽(おえつ)するような喘ぎが漏れる。太腿がピンと張り、脚の内側に力が入る。  順一郎が、性器の根元を膣口により密着させるようにして、こねまわす。押しすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事