ほんとうにあった不思議な出会い「つちのかみさま、たびにでた。」

つちのかみさまと子どもたちの物語。※ 第1話から読んでください。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

と思っていたら...

保育園に帰ってきたのもつかのま、
なんとまた、つちのかみさまがいなくなったらしい・・・。
え〜!!!

かっぱのオヤジに連れ去られたんだって。
「みんなが水をよごしたからだ!」ってかっぱのオヤジが怒っているらしいけど・・・

さぁ、子どもたちは、つちのかみさまを連れ戻すことができるのでしょうか。
このおはなしは、また今度。

この記事に

イメージ 1

ようやく保育園にかえってきた、つちのかみさま。
子どもたちに作ってもらったほこらに入って、とってもうれしそう。
どんぐりや、まつぼっくりのごはんもおいしいね。
よかったね、つちのかみさま。

もうどこかに行って、子どもたちをおどろかせたりしないでね〜。

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

「あかん!あかん! つちのかみさまのうえに、ほこらがのってるで!!!」
「きけんや、はやくたすけてあげな」
「ほこらのけて! あっ、そっとやで」
「はやくほりだそう。つちをはらってあげな」


みんな、とってもやさしい。
つちのかみさまが帰ってきて喜んでいるのもつかの間、早く救出しないと苦しんでる!って大慌て。
先生はといえば、子どもたちの勢いと迫力のすごさに
しばらくつちのかみさまがどうなっていたか、見る事ができなかったみたい。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

ぼくは、いそいでいるから電車にのっているよ。
はやくみんなにあいたいよ。

みんなはいま、どうしているのかなぁ?

この記事に

開く コメント(0)

第12話 やっぱりぃ〜

イメージ 1

イメージ 2

つちのかみさまは、さみしくなって家族に会いにいってたみたいだね。
「ぼくね、ほいくえんのみんなとおともだちになったんだよ」って自慢げに話したみたい。

お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、おじいちゃん?、おばあちゃん?・・・
誰がだれだかわからないけど、子どもたちは勝手に決めてしまっている様子。
それとも、もう知っていたのかな?!

この記事に

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事