小諸の風

小諸の話題中心に。ツイッターは@komoro facebookはhttp://on.fb.me/hSkS59

全体表示

[ リスト ]

  平成11年3月議会で議決されたスケッチ文化都市宣言。今年で20年目となる。あらためて読んでみて、今の時点から見える課題、それはこの宣言をしている主体は「自らスケッチ(表現活動)をする」のではなくて、さあどうぞと「スケッチの素材、場を提供する」と宣言していること。
 やはり、素材を大事にし、場を提供するだけでなく、自らやる!と宣言し、実際にやることが今求められているのだと思う。
 だから、例えば、藤村文学賞を運営し、全国から作品を募集しつつ、文章の書き方講座を公民館活動などで開催し、市民が応募するようにもっていく、というような。
 宣言の改正ってできないのだろうか。
改正宣言(案)例
「小諸市は、「高原に育む活力ある詩情公園都市」であり、多くの創作的活動を受け入れる環境とステージ(舞台)が整っています。
 それらを誇りに思い、活用し、市民自らが積極的に創作的活動を行ない、発信し、市民と訪れる人びとがともに「スケッチ文化都市」を創ることをここに宣言します。」
平成11年宣言(抄)
「小諸市は、「高原に育む活力ある詩情公園都市」であり、多くの創作的活動を受け入れる環境とステージ(舞台)が整っており、市民のみならず小諸を訪れる多くの人に「スケッチ」の舞台として市民が誇りを持って提供することを目指し、ここに「スケッチ文化都市」を宣言します。」

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事