小諸の風

小諸の話題中心に。ツイッターは@komoro facebookはhttp://on.fb.me/hSkS59

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

環境水道部職員の皆さんへ

おはようございます。土屋です。

昨日一昨日は6月議会の委員会対応お疲れさまでした。

今議会では環境水道部への質問通告はなく、提案議案も2本で当部にとっては静かな議会でした。一般質問や委員会での質疑への対応は大変ですが、過去の経過を調べたり、周辺市町村の状況を調べたりと勉強になります。また理事者との答弁書の打ち合わせも理事者の考えを知る貴重な機会だと思います。

さて、先週末佐久市内で開催されたpeace coinという仮想通貨を地域通貨として使うということについての学習会に個人的に参加したのですが、そこで普段意識していない、貨幣の役割や「暮らしの質」を何で測るのか、ということに対して考えました。
貨幣は「豊かさ」の尺度ではありますが、そもそも「豊かさ」とは何かということが定義しにくいです。

 当日の講師の言葉では

「今日も明日も同じ暮らしが続くこと」
「「私の幸せと他人の幸せ」「平穏と刺激」「ヴィジョナリーと現実」「抽象と具体」のバランスがとれていること」
「余裕と生きがい」
「ありがとうの連鎖」
というものでした。

よく、「地域の活性化」と口にされますが、それが何を意味しているのか共通の理解がないとそれぞれ違う方向に進んでしまうように思います。

浅間山麓の水に恵まれている小諸市の環境に感謝して、自分の仕事が「豊かな」暮らしつくりにつながっているか、見つめなおす必要を感じました。

 梅雨らしい天気ですが、雨の日には雨の中を、風の日には風の中をで過ごしましょう。

開く コメント(0)

20180521 温故知新

環境水道部の皆さんおはようございます。

 先週14日には、市議会経済建設委員会の皆さんによる現地調査があり、上水道、下水道の施設を見ていただきました。
 上水道では、まず、小諸市が受水している、軽井沢の浅麓水道企業団の新滝水源を視察しましたが、入口にあった「浅麓水道建設記念碑」には、小諸市の上水道が、千ヶ滝の余剰水の水利権を御影区から譲渡してもらう契約に端を発した水争いから、様々な協議を経て企業団が設立された経過が記されていました。
 帰ってから掛川係長から当時の経過を記した文書ファイルを見せてもらいましたが、当時、小諸市が水道水が逼迫していたこと、御影区の寛永年間から300年間用水を守り続けてきた自負、御代田、軽井沢、佐久それぞれの地域の農業用水に対する執念とも言える熱い思いが記録されています。
 先日浅麓環境施設組合の担当部課長会議が開かれた際に、冒頭東城所長から、浅麓環境施設組合の経過が説明されましたが、今の浅麓汚泥再生センターのところでかつてごみ焼却処理を行っていたことが話されました。
 私が高校生のときに小海線で東小諸の付近の車窓からは煙突がみえました。佐久地域広域行政事務組合(現在の佐久広域連合)が御代田町小田井に計画していた佐久広域のごみ焼却施設が理解を得られず、その後、佐久市と軽井沢町とで、中込原に佐久クリーンセンターが、南ケ原に
(浅麓環境施設組合として) 小諸市と御代田町で浅麓クリーンセンターが開設されました。そして現在小諸市は菱野のクリーンヒルでごみ処理しています。

 現在の課題を考えるときに、 過去の経過を共有して いることは重要なことと思います。そんなことを再認識した現地調査でした。

イメージ 1

開く コメント(0)

環境水道部の皆さんへ

おはようございます。
土屋です。


 5月12日(土)、大久保の安藤百福記念自然体験活動指導者指導者養成センター
(安藤百福センター)において、小諸ツリーハウスプロジェクト「森の生きものがたり」のオープニングセレモニーのなかで、日清食品ホールディングス、安藤百福センター、長野県、小諸市とで生物多様性保全パートナーシップ協定の締結式が行なわれました。
 担当の生活環境課の皆さん、イベントに協力された皆さん、大変お疲れさまでした。パートナーシップ協定の内容は、日清食品、安藤財団が、CSR活動
百福士プロジェクト第19弾「小諸絶滅危惧種ビオトープ プロジェクト」の一環として行う、安藤百福センター内に整備したビオトープでのチョウなど絶滅危惧種の保全行う活動に対して、長野県と小諸市も支援協力を行うものです。
このプロジェクトにかかわられている昆虫写真家の海野和男さんが当日現地で
「貴重なチョウを保護するため、農家の人にあまりきれいに草を刈らないでとお願いしたが難しかったので、センター内にビオトープを整備した。」
と語っていました。当然農家の皆さんには生業を維持していくための言い分がある理由で、まさに生物多様性と人の生活を調和して行くことの難しさを感じさせられました。今後私たちが取り組んでいかなければならない課題です。
 ともあれ、小諸に安藤百福センターがあるということは、そこに全国から自然体験活動の指導者となる人たちそして、そのまた指導者が集まってきているということで、それらの人たちとのネットワークは小諸市にとっては大きな財産です。
小諸市では、自然環境の良さをアピールしていますので、この環境を保全していく活動の支援を、部をあげて上水、下水、ごみ、それぞれの分野で取り組んでいく必要があると思います。よろしくお願いします。

なお、今年後半のNHKの朝ドラ「まんぷく」は安藤百福の奥さんが主人公とのことです。


今週の日程(略)
イメージ 1

イメージ 2

開く コメント(0)

環境水道部の皆さん おはようございます。

 連休はどのように過ごされたでしょうか。心機一転今週もよろしくお願いします。
 私は、昨日孫たちといった懐古園の児童遊園地の砂場のところで砂に埋もれたカラーマンホールを発見して、ちょっとうれしかったです。

 先週までで部内3課の歓送迎会も終わりました。転入された皆さんには1日も早く引き継ぎ事項を踏まえた上で自分なりの新たな工夫をお願いしたいと思います。新規採用の皆さんにはそれぞれ志を抱いて自治体職員になったことに拍手を送り応援したいと思います。

 小諸市では、職員採用の住所要件を外してから、市外県外からも多くの受験者があり、採用されています。企業誘致による定住人口増加策が取り組まれていますが、小諸市も一つの事業所として、人口増に貢献しているともいえます。
 人口増といえば、首都圏への大学の集中による若者の移動が話題となりますが、地域の高校が人口増に貢献している実例もあります。「ないものはない」で有名な海士町にある島根県隠岐諸島の「隠岐島前高校」は地域として高校の魅力化に取り組み成果をあげています。同校では卒業式に唱歌「故郷」の一節を「こころざしをはたしに いつの日にか帰らん」と歌うそうです。
折しも小諸市では、小諸高校と小諸商業高校の統合による新しい高校づくりの議論が始まっています。数合わせの学校づくりでなく、全く新しい、それでいて小諸らしいコンセプトの高校づくりにより全国から生徒が集まり、卒業後広く活躍しながら、生涯小諸と関係を持ってくれることは定住人口増にとどまらない価値があると思います。

 3月の日経ビジネスでは「新説 人は高校時代が9割」という記事が出ていましたがこれからは大学よりも高校が重視される時代になるといわれてるようです。今回の新しい高校づくりは小諸市にとって大きなチャンスです。
「文化では食えないが、文化の無い所は食えなくなります」という言葉がありますが、教育も同じだと思います。職員の皆さんも大きな観点でとらえて、こんな高校をという提案をお願いします。





参考

平田オリザ 「これからは志を果たしに故郷に帰る時代」J-WAVE NEWS 2016年05月17日
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1595.html



特集 大事なのは高校
PART2
新説 人は高校時代が9割「一流大でもダメ社員」の理由 日経ビジネスDigital
<http://business.nikkeibp.co.jp/NBD/s/entry/?i_cid=nbpnbd_sied_pcatclbn01>
2018年3月16日(金)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/NBD/15/special/031300938/?ST=pc


ヘミングウェイの『移動祝祭日』の冒頭に「もしきみが幸運にも青年時代にパリに住んだとすれば、きみが残りの人生をどこで過そうともパリはきみについてまわる。なぜならパリは移動祝祭日だからだ。」という言葉がありますが、「パリ」を「小諸」に置き換えられて、心のふるさとと言ってもらえるようにしたいですね。
イメージ 1

開く コメント(0)

2018/05/01 名刺について

環境水道部の皆さんへ 

 土屋です。おはようございます。

GWの間の出勤ご苦労さまです。五月は「さつき」と呼ばれますが「早苗月」から来ているようです。あちこちの田んぼでも水が入り田植えの準備が始まっていますね。

さて、今日は「名刺」についてです。
名刺は、自分の所属、名前や連絡先を示す身分証明の役割と相手に記憶していただくための手段でもあります。

 先日いただいた佐久市長の名刺は表4面、裏4面計8面を名刺サイズに折りたたんだもので佐久市のPR満載でした。

 佐久市長のようにはできませんが私はちょっとしたことですが3つの工夫をしています。

1 裏面のゴム印
2 左肩をかどまる君で丸く
3 香り

1は「どうぞよろしく」などのゴム印を朱肉スタンプでおしています。
2は以前はハサミで斜めに切っていましたが大げさなのでかどまる君にしています。「はじをかいています」くらいの意味です。
3は「名刺香」という小さい香りの紙袋を名刺入れの中に入れておきます。

名刺交換したときに相手がどんな反応を示すかなというのを密かな楽しみです。気づいていただけるとそれが話題のきっかけづくりとなります。その場で名刺の裏まで見ていただけるような方は10人に1人いるかいないかくらいですが。

小諸市は役所として名刺のテンプレートが決まっていません。小諸市役所が組織として何をめざしているのかをアピールするためにも、統一したデザインが望ましいと思いますが、皆さんどうですか。

 休み中英気を養ってまた来週も元気に頑張りましょう。
イメージ 1

開く コメント(0)

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事