ボクは動物カメラマン!津田堅之介「撮影日記・裏話」

自然とへヴィ&ハードロック、芋焼酎をこよなく愛す動物写真家。ネパールに住み、ネパールで死に川原で焼かれ、ネパールの土になりたい!

全体表示

[ リスト ]

 一昨日は、毎週金曜日の福岡eco動物海洋専門学校の講義を終え、大分県文化課に委託されているニホンカモシカ調査のために、雨と霧の山道を竹田へ移動しました。

 霧で運転を誤り、人生初の事故らしい自損事故でジャフと警察に来てもらう羽目に・・・でもご心配無く。ケガは無く車の損傷も無し。ただスリップして縁石をぶっ壊したので、保険会社へ事前にお世話になりますの連絡を入れ、明日は大分県土木事務所にごめんなさいの電話をすることに

 そして昨日は、夏に親子自然観察会やらせていただいた㈱コイシの3D開発国東事務所にお世話になり、今日は朝からコイシ塾の親子の皆さんと、国東半島の姫島へ今が南への渡り真っ盛りのアサギマダラの渡りを観察に行ってきました

ところが今日は、姫島のクルマエビ祭り!フェリーも島も人でごった返し、更にあいにくの雨でアサギマダラポイントへは周回バスは行かないとのことでしたが、元気いっぱいの参加された親子は歩いてでも行こう!とのことで、片道30分の道のりをワイワイ歩きながらアサギマダラポイントまで向かいました

でも途中で、山芋のむかごやグミを食べたり、親子初めての体験で大盛り上がりでした

 そして到着したアサギマダラポイント。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 5

 雨続きだったので、三ヶ所の観察地点を回り残念ながら20匹くらいしか見られませんでしたが、昨年の東映昆虫3D映画「アリのままでいたい」のロケでもお世話になった、姫島のアサギマダラを守る会の皆さんとも久々にお会いして、いろいろと解説していただき、初めてアサギマダラの群を見る皆さんは大喜びしてくれました

イメージ 3

 そして捕獲OKの場所を教えてもらい、そこで捕まえたアサギマダラの羽(鱗粉が無いので、油性マジックで字が書けるのです)に、月日と姫島のヒメそして捕まえた子の名前を書いて放しました
彼らが渡っていく南の島から便りが来て、彼らの渡りルートの解明に役立てると良いなあ

そして帰りに、春の渡りポイントへ

イメージ 4

スナビキソウは枯れ、今日はひっそりと静まり返っていましたが、春はここで凄まじい数のアサギマダラが見られます

また5月の下旬にみんなで来ような!

閉じる コメント(2)

アバター

とっても楽しそうです〜♪ 5月下旬にたくさん見ることができるのですね! 姫島は別府に住んでいた時に一度だけ行ったことがあります。今度は5月に行ってみようかな(^^)
ポチっとな

2016/10/24(月) 午後 4:00 daizu

顔アイコン

> daizuさん5月の下旬から6月頭の北への渡りの時は、狭い範囲に生えているスナビキソウに凄まじい数のアサギマダラ(ほぼ100%が♂)が見られますよ
でもクルマエビも食べたかったら、秋がおすすめ

2016/10/24(月) 午後 9:43 [ ツダケン ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事