今や、江ノ電名物といっても良いでしょう。手広営業所の510号車、1996年の登場から14年を越え、なお現役運行を続けています。
 
イメージ 1
 
 江ノ電バス藤沢 手広営業所
 
 510号車 横浜200か27-78
 
 1996年3月26日登録
 
 KC-MP637M MP637M-24001
 
 [撮影:2010/11/20]
 
 
もともと年式の古いバスも多かった江ノ電バスですが、昨今の排出ガス規制強化を受けて、首都圏他社と同様に12年サイクルでの代替が進んでいます。そんな中で、特別な措置が図られているのがこの510号車です。
 
蓄圧式ハイブリッドのMBECS-IIながら、ディーゼルエンジン駆動オンリーで走ることが多いですが、機器はそのまま残されており、2009年以降でも独特の音を響かせながら走行するシーンが確認されています。
 
次の車検満了(H23/2)を越えるといよいよ車齢15年を迎えますが、その後も活躍が見られるのか気になるところです。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事