花のある生活

生活の中での花とリゾートライフを中心としたブログです。

全体表示

[ リスト ]

湯の花:秋田玉川温泉

連休の秋田旅行の続きです。田沢湖から341号線を北に1時間ほどかけてた所にある玉川温泉に行ってきました。玉川温泉は世界でも珍しい塩酸を主成分とした強酸性の泉質でラジウムを大量に含んでいるそうです。毎分9千リットルの熱湯の温泉が噴出、1箇所からの噴出量としては日本一だそうです。

イメージ 3

玉川温泉地内に自然研究路があり、温泉が出ているほか、硫黄系のガスが吹き出ています。この地域は岩場全体が暖かかくなっており、この岩場の上で温熱浴をすることを岩盤浴と呼んでいます。この岩場からでるラジウムが体によいということで多くの方が療養のため岩盤浴をしていました。
イメージ 1
イメージ 2

温泉が湧き出ているそばでは湯の花を採取していました。ちなみにそこでの看板には「湯の花は熱い温泉水に含まれている硫化物などが、温泉水が冷えるときに結晶し固まったものです。いろいろ薬効があるといわれ、様々な利用がなされています。ここでは、木のといに温泉水を引き、付着した湯の花を採取している珍しい光景が見れます。  環境庁 秋田県」
イメージ 4

今回の旅行で泊まったのは、この玉川温泉の隣の新玉川温泉。いまだに宿の周りは雪に覆われていました。玉川温泉までは雪がないと遊歩道でいけるようですが、今回は雪崩の危険があるということでバスで行きました。
イメージ 5

宿の温泉は強酸性のため、100%源泉の他に50%に薄めた温泉もあり温泉を楽しめました。ただ20分も入っているとかなり疲れるため、浴後は休養そして温泉と、温泉しかないところです。帰宅して新聞を見て驚いたことに、昨日の日経夕刊ではこの玉川温泉へのツアーの広告が2つも掲載されていました。
新玉川温泉の宿のHPは:http://www.shintamagawa.jp/

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事