1100Seventeenth St.,NW.

「この街では、大切なことは何を知っているかではなく、誰を知っているかである」

報道の正確性についての一例

今朝のTBSビビット。 原子力科学者が発表した週末時計が昨年は30秒進んで終末2分前になったと発表したと伝えた。 進んだ要因の一つとして”トランプ大統領の北朝鮮金正恩委員長に対する乱暴な発言”を挙げている。 一方、米国のワシントンポストはこの危機の状態は、1953年に米国の水爆実験が行われ、その数ヵ月後にソ連が水爆実験を行った年以来の危機レベルである。 その要因としては、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル実験、”トランプと金正恩との戦争についての激しい言葉の応酬”、ハワイへのミサイル刑法の誤作動等を挙げている、と伝えている。 どちらがバランスの取れた報道姿勢と思いますか?

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事