ここから本文です
♪アマチュアゴルフ道♪
月イチゴルファーのアマチュアっぷりを動画とイラストで綴る自己中アウトプット型blog

書庫全体表示

新左軸スイング考察-4

《♬曲がらない条件♬》
(1)トップとフィニッシュの位置が常に一定
(2)ボールを中心にシンメトリに扇が描ける

実際はテイクバック時、力が後ろに向かうから
左軸は飛行線側に残す感じだけど…等々
身体の使い方でシンメトリはありえない
ただ少なくとも一つの目安として
左軸=左膝を中心にトップとフィニッシュの
クラブの位置を一定にするのが理想の流れ。

現在右手の肘が仕事で故障して
物を持ったり、掴んだり出来ない状態。
靭帯が痛んでてクラブを右手で持てない〜

クラブを握らなかったら左腕や
あらゆる箇所がルーズになりにも拘らず
やたら力任せに振りかぶり
上体維持も右膝もブレて
余計にプレーンがおかしくなるわ〈汗〉
いや右手が握れないから逆に良いのか

これだとシャフトも自然に立っててクラブの畳方が理想的
なによりも、右肘ごとトップが高くなるのが良い
左腕を張るとそれがストッパーになり
アドレスのコッキングやハンドダウン維持
及び上体や右膝も流れるのを抑えながら
最もクラブを遠く捻転させる事が可能?!

●テイクバック
●左腕を張りトップでも緩めず真っ直ぐにし
●オンプレーン方向へクラブを収める
(左腕を張るレッスンって聞いたことないな?)
比較的高いトップになり
左膝とヘッドが一番遠い位置関係に
なるので捻転度がアップ♪(´ε` )
(ショートアイアンは意識不要)

●イメージ
常にワッグルで確認しつつその流れで
弓を射るように左膝(左軸)と
左腕とで捻転差を大きく感じながら
ゆったり丁寧にテイクバックする
連続素振りでクラブが行きたい方向が近いカモ
(ここはその都度チェック→番実践的な部分)
※振りかぶる意識で力を込めてテイクバックすると
腕の畳が遅れてシャフトクロスしたり
アドレスで作ったコッキングが解けてシャフトが寝る
又は反動で左腕や右膝がやたら緩むのだf^_^;)

●フィニシュ
ちなみにフィニッシュで高く振ると
高いトップと対象となり球筋も安定する
(左OBに有効…フィニッシュの形で判別)

シャフトクロス気味→オンプレーン=シャンク(怖)

イメージ 1
●マイホームページ●

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事