ここから本文です
♪アマチュアゴルフ道♪
月イチゴルファーのアマチュアっぷりを動画とイラストで綴る自己中アウトプット型blog

書庫全体表示

新左軸スイング考察-7

スイング改造もそろそろ終焉!?
作り上げた左軸(壁)をキープし続ける
ための自分的スイング傾向の資料集
万人がやってる訳でなく評価が割れるが…



●爪先立ちインパクト
以前とあるプロの記事で書いてあったがUSジュニアに顕著に表れる症状。
デービスラブやローリィマキロイもこの傾向がある。
肩幅や身長、アークとの比率や股下の長さも影響あるのか??
結局のところティーアップしたティーショットで表れる現象で
ライが悪い=5番以下では必ず左外側踵面で地面を掴むべし。
《最下部動画0:18部分》


《デービスラブ-スイング動画》
http://www.youtube.com/watch?v=cgBnFLGesdE&feature=related

《yahoo知恵袋》
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1417469934
>重心位置の正確さを出す為の技です。地面と接している面が多い程
重心位置は勝手に移動してしまいます。>が正解。
その他プレイヤー、ナタリー・ガルビス/ポーラ・クリーマー
もう一人居た…国内男子 飛距離 一位 諸藤将次選手(爆)
http://www.youtube.com/watch?v=zkK4eFCOqT8&feature=related



●ツイスト打法について
以前から研究していたインパクトで“腰がなぜか逆回転する”
レアな現象いわゆるツイスト打法の資料添付。
厳密には飛距離アップではなく野球では身体が泳がない工夫で、
変化球に対応できるとされている。(昔スポルトでやってた)
ゴルフでは不用意に腰が開かないテクニックとなる。
《最下部動画0:18部分》

《ツイスト打法?意識的か無意識か逆回転する腰》
http://ameblo.jp/timokiraku/entry-10940186374.html

《チョイ・ナ・ヨン ドライバー動画》
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=9WBMCssP3k0

《昔の石川プロ ドライバー動画》
http://www.youtube.com/watch?v=M7Lc0FoKrRI
A型スイングの話に戻るけど石川プロは右脚蹴るタイプではない
自分もそうだがダウンで蹴ると果てしなく腰が開ききる(爆)

《ツイスト打法で体の開きを抑える 右踵ベタ足でがに股》
http://golf1000.blog23.fc2.com/blog-entry-789.html

《野球の場合-動画》
http://www.youtube.com/watch?v=lU5vF5LKsIA

※無意識にやってる動きなんで評価については?
意図的に出来ない為自己のポテンシャルが大きく影響する。
確かな事は意図的にやると再現性が1/2になるので×
安楽プロでおなじみ武市悦宏プロが提唱してるらしいが
故意にできるものなの?〜そのまま腰止まりそう〜
その他プレイヤー、
アダムスコット/ロリーマキロイ
マッテオ・マナッセロ/チェ・ナヨン



●インパクト時の右肘伸ばし
マッテオ・マナセロは最新のスイングと言われる
右肘を絞ったままリリースせずインパクトを迎える
“イントゥストレート”のプッシングでヒッティングする。
『これなら体に対して扇に振らないので絶対曲がらない!!』
絶対条件として後方から見たダウンでは、
肩口から下を通すオンプレーンが必須。
ただのカットボールになってしまう。
http://blogs.yahoo.co.jp/tsukapiko/43434115.html
但しグリップ側の動きを最小にするのはツイスト原理と同じ
絞った右肘から急激にグリップ側を畳みブレーキを
掛けてヘッドをさらに走らせる行為。
縦コックによるタメのある理想的なインパクト。
《最下部動画0:47部分》



●スイング時に左腕を張るについて
ショートスイングでのテイクバックとインパクト時の動き。
猿腕と関係がある様だが、自分が猿腕かどうかは不明。
身体が固いばあい左腕を張ると肘関節が破壊される…らしい。
今自分が破壊してるのは右肘でゴルフ無関係。
《最下部動画0:45部分》





この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事