ここから本文です
♪アマチュアゴルフ道♪
月イチゴルファーのアマチュアっぷりを動画とイラストで綴る自己中アウトプット型blog

書庫全体表示

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
昔はスリクソン、BS純正の評判が良くしっかりした純正品元調子も
使ってたが〜最近は主にディアマナやADの平均的先中を使ってた…
ようやくRe.スイングが固まってきて再度元調子も使える様に〜。
しかし同じ条件でシャフトの特性が解るFCTスリーブは画期的だ!
という以前に、釣具のマミヤや老舗藤倉の新素材が反則的だ!


●ある程度度振り込んでからそして疲れた時の感想を追加 
アッタス4Uは先端部の走り感でボールをつかまえて、
中間部の硬さでしなり過ぎを抑えて必要以上のヒッカけを抑え、
手元をダブルキックのシャフトにしては少し硬くしっかりさせる事で
インパクト以降の一押しが強い感じ。しかしスピーダー661みたく左に
巻き込んだりしないからイメージ的にノーマルモトレーレの
Ver.アップ版になってる。といっても撓り戻りは早いから飛ぶけどね。
ランバックtypeXの感想として弾き感がありピシッツ!っとした芯のある
シャフト挙動が強い!ヘッドが遅れてもスイング前半の切り返しで仕事を
してくれシャフトのしなりスピードで捕まえてタメのエネルギーを
より使えるシャフトだ。→この動きには少し感動を覚えた…
つまり切り返しで変な動き入ってたらアウトなシャフトですが。
まとめると、アッタス4Uはなにも考えなくて良く平均飛距離を稼げ、
typeXは扱いはデリケートだけど物理的に元調子の潜在エネルギー量は高い。
双方共にシャフトの特性か、RBZの嫌な音や弾き感が緩和される。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/c3/cc/tsukapiko/folder/103081/img_103081_46036524_7

■ランバックスtypeX仕上がり(※シャフト重量任意/重量配分による) 
http://www.fujikurashaft.jp/

◎45.75inch


純正ウエイト06g+純正スリーブ05g+グリップ42g+04g=D3 ◎

typeXの様な手元調子はフェースの向きがシビア。
しっかり正しい方向でしならせながら
打ち込まないと、気持ち良く振れないし飛ばない。
アッタス4Uのイメージに合わせる為に、
今回ランバックスを45.75インチのD3に変更
しなりが感じられてかなり捕まるクラブになった。
0.5インチ伸ばすだけで3ポイント強変わる計算だ。
寒い中での捕まりいいのは温かくなると危険だが…
ダブルキックで、インからでもアウトからでも
(ハードなクラブを振り込んだ後でも引っかけず)
ボールを捕まえる、アッタス4Uに対して

typeXはスイングの基本を教えられるシャフト。
BSのTD−02k、03シャフトに近いかも…
FCTはノーマルポジションに戻してベストタッチ。

.▲疋譽
まず、両脇を締めて始動し始める一体感により
アドレス時の腕のポジションとコッキングが
ズレない事で上半身がばらけずクラブも立つ
ランバックスtypeXは上から打ち込む方が良い
つまりインから煽ったりを補正する器用さ無し

▲謄ぅバック
アドレス時の左肩と左グリップが引き合う
(この動きは腰の稼働域&コッキングの密接な関係が)
浅いトップでタメを出来るだけ作っておき
シャフトが正しい方向にしなる様に扱う

切り返し
しなるスピードはもちろんメッチャ早いんだけど
アッタスに比べてtypeXは先端がかなり固いせいか
しなり戻りのタイミングがスイング前半で異常に早い。
(先調子はしなり戻り時期がスイング後半で挙動不能)
切り返しからで純正シャフトでは絶対捕まってない
ヘッドの位置からでも余裕で捕まえられるので
切り返しでより長いタメによるエネルギーが使える。
パット側だけ撓るのでフェースの向きに安心感あるし
先調子の撓りよりパワーが蓄積されてる予感はスル。

ぅぅ鵐僖ト
さらにその力を有効に使う為に左の壁をことさら使用。
今回は左足の踏ん張りを強めにして爪先立ちをやめ
左足踵で体重を支えるようにスイングしている。(動画)
ただ、これを多用すると身体の故障の原因になるから…
練習でやりたくないし練習場の人工芝はすべりやすい。

ゥ侫ニッシュ
フィニッシュでは前傾をさらに保ち、
我慢しシャフトを縦て引っかけをなくす。
又、インパクトでの踏ん張りによりクラブが縦に抜ける
手元調子は本当にフェース管理がシビアで
そのままフェイスの向きにボールが飛び出す。

元旦練習500球コース〜下半身の踏ん張りが痛い〜。
疲れてくると左の壁が崩れて引っかけぎみなのでSTDで。
インパクトは4Uは軽い感触でランバックスは重く運ぶ感じ。
始動の腰のスライドと左肩と左グリップの位置取りは重要
●‪Rory McIlroy‬の練習風景
https://www.youtube.com/watch?v=kwCYLJGX0Qw
●‪Golf-女子プロ DriverShot弾道‬
https://www.youtube.com/watch?v=LT90QVOqz4w
森田 プロは師匠ゆずりでシャフトクロスしてる、だから強い

[章討鯆めて始動し一体感でクラブを立てる
∈幻と左グリップが引き合う様に浅いトップ
切り返しの下半身始動、ヘッドで捕まえに行かない
ず限の踏ん張りを強めにして爪先立ちをやめる
ゥ侫ニッシュでは前傾をさらに保ち縦振り
とりあえず、シャフト探しの旅はこの2本立てで終了!
今年の課題54度のアプ封印、ライが怪しい50yは転がし。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事