ここから本文です
ケッタマシーン 〜ケセラセラ〜
自転車&歩いたりして、心の旅を楽しんでいます。

書庫全体表示

記事検索
検索

大船山

4月13日 土曜日

また女将に無理を言って、朝食はおにぎりにしてもらい、7時前に宿を出発。







イメージ 1

8時には「長者原(ちょうじゃばる)」の駐車場に到着し、8時過ぎに登山開始。







イメージ 2

歩き始めは木道で、「坊がつる讃歌」を口笛で吹きながら歩く。







イメージ 3

登山っぽくなってきたけど、緩やかな斜面です。







イメージ 4

「雨ヶ池」に水はありませんでした。







イメージ 5

「坊がつる」を眺めることのできる場所で、前日、「坊がつる」でキャンプをされた人から、今朝はマイナスだったとか、若い人たちは「法華院温泉山荘」の談話室で賑やかに話しをし、テントには寝るだけで戻ってくるとか、どれが「大船山」だとか、たくさん教えてもらいました。







イメージ 6

ちょくちょく展望が良くなり、振り返って「坊がつる」や「法華院温泉山荘」を見る。

ピンクリボンを頼りに登っていたのですが、途中から違う目印を追ってしまいルートを外れており、分岐の案内を見て???、GPSで気がつきびっくり!
たまたま間違えたままルートに戻れリマ下が、おかしいなと思ったらGPSで確認しないといかんと思いました。







イメージ 7

「段原」で、もう限界だー!と戻るべき考えながら休憩。







イメージ 8

昼飯も食べちゃいました。

もうすぐそこなんだよなーとたっぷり休憩してから頑張ることにしました。







イメージ 9

ほんの少しだけ残雪。







イメージ 10

「大船山」山頂。







イメージ 11

山頂で珈琲を煎れる。







イメージ 12

美味しい〜!

左には「由布岳」が見えます。







イメージ 13

下山し、初めての山小屋泊です。

せっかくなので、500円高い特別室に泊まりました。

何が違うかって、部屋に鍵がかけれる、コンセントがある、窓が二つあり窓から「大船山」が見えることです。







イメージ 14

露天風呂はありませんが、窓からの景色が良い!







イメージ 15

「坊がつる讃歌」を聴きながらの夕食。







イメージ 16

この日のために「孤高の人」って本を買って持ってきたのに、車の中に忘れてしまい、本を読むことも無く、なんともいえない時間を感じながら早々と寝ました。



つづく。

4月19日 金曜日

トラブル対応なので内容は良くないけど、私にとっては有難い場所で仕事を終え、宿まで移動。







イメージ 1

杖立温泉では、5月の連休が終わるまで、鯉のぼりがたくさん泳いでいるそうです。







イメージ 2

気に入ってお世話になっている「ふくみ山荘」。







イメージ 3

今回は初めて3Fの部屋に宿泊で、使用禁止になっているけど、こういうのを見ると、ここは山荘だったんだなーと思いました。







イメージ 4

ちなみに部屋のトイレは、暖かい便座にウォシュレットです。







イメージ 5

内風呂もですが、源泉かけ流しの露天風呂。







イメージ 6

蒸し風呂。

前回より濃〜い感じがしました。







イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


夕食。

今回は、飲み放題プラン。

生ビールを一杯、芋焼酎ロックを一杯で満足。
部屋に戻って、ちょっとだけ仕事をして、天気予報見たり、自分の登山計画を見たり、初めての山小屋泊のことを考えわくわくしていると、なにやら呼ぶ声が。
仲居さんが、忙しくしているので、私が遠慮して注文できなかったと思って、芋焼酎ロックをわざわざ部屋まで持ってきてくれました。
気遣いが嬉しいですね。
せっかくなので頂いて、良い気分に酔って就寝。







イメージ 11

翌朝、部屋から湯煙を眺め、また女将に無理を言って、朝食をおにぎり弁当にしてもらい、7時に宿を出発することが出来ました。



またお世話になりたい宿です。

今年初のTSDイベント

4月6日 土曜日

今年初のTSDイベントとして、『笠松サイクリング』に参加するに、集合場所まで自転車で自走しようかと思いましたが、遅刻しちゃまずってことで、輪行することにしました。







イメージ 1

ホームで、2つ列車を見送り、赤池駅から犬山駅まで乗り換えなしの電車に乗りました。

電車の中で本を読んでうたた寝。
犬山終点なので安気です。







イメージ 2

犬山では、「犬山祭り」が開催されていて、朝から賑やかで、山車が交差点で方向転換するときは、見ているほうも力が入ります。







イメージ 3

上はトンツクテンのぴ〜ひゃららで、下は必死のパッチ。







イメージ 4

山車をバックに桜の写真を撮ろうと待ち構えていたのですが、ちっとも来ないので諦めて桜だけ。







イメージ 5

木曽川沿いのサイクリングロードを15km/hくらいの速度でのんびり走る。







イメージ 6

集合時間まで、時間が余っちゃうし、138タワーにでも登るかなあ〜と腕時計を見ると、画面が消えてたので、携帯電話で時間を確認すると、すでに11時!
あー、さっき時計見たときにすでに時間表示がフリーズしていたんだな。
なんて考えてる場合じゃない、遅刻するって電話してダッシュ!
15分ほど遅刻してしまいました。
集合場所には、TSDのメンバーと顧問のひみよしさんが待っていてくれました。
ごめんちゃい。







イメージ 7

早速、私がひいたルートをと思ったら、地元のひみよしさんが、駐車場までサイクリングロードが整備されていることを教えてくれて、ひみよしさんの案内で出発。







イメージ 8

のんびりペースで気持ち良いね。

途中で、uccyさんと合流。







イメージ 9

計画したルートはすぐに終了、オプションでひみよしさんが、桜の綺麗なところを案内してくれました。







イメージ 10

昼飯は、「とんかつ 金光軒」のみそかつ定食。

みそかつを食べたのって10年以上ぶりかな。
美味しかったです。

集合場所までさくっと戻って、車に自転車を積んで、ひみよしさんとuccyさんとお別れし、「美濃里」でさっぱり。
風呂上りに少しうたた寝して、本日のメインである「山力」へ向かいます。







イメージ 11

早い時間に、ひみよしさんが受付をしてくれていたおかげで、開店と同時に着席することができました。







イメージ 12

名古屋から自走したkumaさんとも合流し、安くて美味しい焼肉を堪能しました。



今年初のTSDイベントは、私の計画はいまいちでしたが、ひみよしさんのおかげで、桜も走りも楽しむことが出来て良かったです。

3月31日 日曜日

平成最後の登山は、前回、山頂を断念した『銚子ヶ口』です。
https://blogs.yahoo.co.jp/tsukasanohide2004/66682263.html

風が強いので、やめとこうかと思いましたが、平成最後の登山だしってことで、7時半頃自宅を出発。







イメージ 1

8時半過ぎに登山口に到着。

登山口の桜が咲き始めている。







イメージ 2

前回と違い、雪がないので、調子よく歩けます。







イメージ 3

東峰手前の急登で残雪を見て・・・ 涙は出ませんでしたが感動。

前回の判断が間違っていたとは思いませんが、この先に進めなかったんだなーと。







イメージ 4

東峰手前からの景色。







イメージ 5

山頂手前、ここも雪が残っていました。







イメージ 6

『銚子ヶ口』山頂。

思ったより早く到着したので、西峰に向かいます。







イメージ 7

分岐で、本物の山男と出会い、話を聞き西峰を諦め、Uターン。

銚子ヶ口山頂で昼食。







イメージ 8

つるっと滑りながらも転ばずに無事下山。







イメージ 9

「六石温泉 あじさいの湯」でさっぱり。

ここはモンベルカードを見せると100円安くなります。



何かを置き忘れた「銚子ヶ口」、何かを取り戻したようですっきり。
これで気持ちよく新しい年号を迎えることができます。

平成最後の讃岐うどん

3月22日 金曜日
22:0過ぎに自宅を出発。
各ポイントで愉快な仲間たちと自転車を積んでいざ讃岐へ!







イメージ 1

まずは、いつもの『さか枝』。

まだ暗いうちからお客さんがいっぱいいます。







イメージ 2

「仏生山公園」の駐車場の車を停めさせてもらい、1時間ばかり仮眠をしてから、うどん屋巡りに出発。







イメージ 3

寒〜い!







イメージ 4

『うどんの田』。

「角煮うどん」が有名ですが、今回はかけを頂きました。







イメージ 5

『中西うどん』は、胃袋の都合で私はパス。







イメージ 6

「田村神社」に迷い込み・・・







イメージ 7

かくれんぼ。







イメージ 8

こんな道を走って







イメージ 9

『元気一番』。

ここは以前、『名も無いうどん屋』という店でしたが、廃業されたのかな。







イメージ 10

「讃岐国分寺」をお参りし







イメージ 11

「讃岐国分寺跡」の模型を見学。







イメージ 12

『一福』。







イメージ 13

「高松城」の旭橋からお堀を覗き、「フグがいる!たも!たも!」と騒いる姿はまるで小学生です。







イメージ 14

『ちくせい』。

私はまたもやパス。
トイレに行って戻ってきたらこの行列です。

みなさんが食べている間、最近始めたツムツムで時間つぶし。
これがなかなか面白くて、あっという間に時間が過ぎます。







イメージ 15

『あずま』。

ここ以外は、ぜ〜んぶかけのあつあつだけでしたが、かけのあつあつは変わらないけど、キスの天ぷらをトッピング。
塩をかけて食べたかったけど、卓上に塩が無くそのまま食べました。







イメージ 16

『なかむら』。

またまたパス。



「仏生山温泉」でさっぱりしてから、久しぶりに「たあちゃん」に行きました。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事