ここから本文です
ケッタマシーン 〜ケセラセラ〜
自転車&歩いたりして、心の旅を楽しんでいます。

書庫全体表示

記事検索
検索

平成最後の讃岐うどん

3月22日 金曜日
22:0過ぎに自宅を出発。
各ポイントで愉快な仲間たちと自転車を積んでいざ讃岐へ!







イメージ 1

まずは、いつもの『さか枝』。

まだ暗いうちからお客さんがいっぱいいます。







イメージ 2

「仏生山公園」の駐車場の車を停めさせてもらい、1時間ばかり仮眠をしてから、うどん屋巡りに出発。







イメージ 3

寒〜い!







イメージ 4

『うどんの田』。

「角煮うどん」が有名ですが、今回はかけを頂きました。







イメージ 5

『中西うどん』は、胃袋の都合で私はパス。







イメージ 6

「田村神社」に迷い込み・・・







イメージ 7

かくれんぼ。







イメージ 8

こんな道を走って







イメージ 9

『元気一番』。

ここは以前、『名も無いうどん屋』という店でしたが、廃業されたのかな。







イメージ 10

「讃岐国分寺」をお参りし







イメージ 11

「讃岐国分寺跡」の模型を見学。







イメージ 12

『一福』。







イメージ 13

「高松城」の旭橋からお堀を覗き、「フグがいる!たも!たも!」と騒いる姿はまるで小学生です。







イメージ 14

『ちくせい』。

私はまたもやパス。
トイレに行って戻ってきたらこの行列です。

みなさんが食べている間、最近始めたツムツムで時間つぶし。
これがなかなか面白くて、あっという間に時間が過ぎます。







イメージ 15

『あずま』。

ここ以外は、ぜ〜んぶかけのあつあつだけでしたが、かけのあつあつは変わらないけど、キスの天ぷらをトッピング。
塩をかけて食べたかったけど、卓上に塩が無くそのまま食べました。







イメージ 16

『なかむら』。

またまたパス。



「仏生山温泉」でさっぱりしてから、久しぶりに「たあちゃん」に行きました。

しだれ梅とうどん

3月9日 土曜日

東海三県で間違いなくベスト5に入る美味しいうどんを打つと言われている・・・かどうかわかりませんが、長年讃岐うどんを食べ歩き修行した、うどん麺職人kumoさんが、うどんを作ってくれるという、『坂の上のCafe WING』の「うどんパーティー」に参加させてもらいました。

私の予定としては、まず忙しくて洗えなかった車を洗って、銀行のATMでお金をおろしてから、自転車で『農業センター』の「しだれ梅園」で梅を愛でてから『『坂の上のCafe WING』へと計画。

車を洗いにいつものスタンドに行くとすでに並んでいる。
8時からのはずが、9時からだって。
ここで30分のロス。







イメージ 1

しだれ梅を諦めるか迷いましたが、せっかくなのでいっときました。







イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

これでもう散り始めだそうです。







イメージ 5

20分ほど遅刻で坂の下の看板。







イメージ 6

偶然、kumaさんも看板の写真を撮っていて、kumaさんは、ヒルクライマーだからと言って、坂を登っていきました。

私は山男だからと自転車を押して歩きました。







イメージ 7

すでにうどんを茹でていてくれたので、到着してすぐにかけを頂きました。

もちろん美味い!
何が美味いかって、麺が美味しいんです。
出汁が薄味だったので、kumoさんが出汁の味を調えてくれている間に、おかわりしてしょうゆをかけて食べる。
これまた美味いのなんの!







イメージ 8

揚げ立ての天ぷらも美味しいです。







イメージ 9

麺職人が仕事開始。







イメージ 10

kumaさんが、kumoさんに教えてもらって挑戦!







イメージ 11

さすが名古屋人、うどんがきしめんになっています。

すぐに職人に交代w







イメージ 12

いいね〜!







イメージ 13

鍋の中で麺が踊ります。







イメージ 14

かまたま。

美味い〜!
釜揚げもしめた麺もどちらも美味しい。

写真を撮るのを忘れて食べちゃったけど、食後の珈琲と手作りケーキも美味しかったです。




総距離:18.63 km
トリップタイム:6:59'56
平均速度:15.1 km/h

登坂高度:261 m
走行時間:1:07'26
消費カロリー:186 kcal

間違いなく消費カロリーより摂取カロリーの多かった、美味しく楽しい一日でした。

三岳梅林公園

3月2日 土曜日

kanbeyaさんのブログを見て、もう梅の季節なんだなあーってことで、私も梅を愛でに行きましょうと計画。
久しぶりにルートラボで、『道原・河内サイクリングロード』50km弱で作成し、8時過ぎにホテルを出発。
珈琲を買おうと、ポプラに着いて財布を忘れたことに気がつきUターン。
15分ほどロスしたけど、まあ余裕でしょってことで、高速道路を使わずに移動、8時15分頃、「河内サイクリングセンター」の駐車場に到着。
タイヤに空気を入れて、久しぶりのサイクリングにGO!GO!







イメージ 1

河内五橋(北河内橋・中河内橋・南河内橋・猿渡橋・水無橋)の「中河内橋」。

近代化産業遺産だそうです。







イメージ 2

「南河内橋」。

国重要文化財だそうです。







イメージ 3

「猿渡橋」。

「中河内橋」のように、自然石積ではなく、こちらは切石積となっています。







イメージ 4

「河内貯水池」から川沿いを上っていきます。







イメージ 5

上りと言っても、内装3段しかないブロンプトンでいい感じで上れる斜度です。

県道61号に出てからは、少しの間、斜度もそれなりにきつくて、歩道のあるところで、ジャケットを脱いで休憩。

ピークを越え、少し下ると左に行き、少し上ってまた下る。







イメージ 6

まるで乗鞍のようにサイクリングロードが下に見えます。

これ下ったら、帰りは上るんだよねー。







イメージ 7

「三岳梅林」入口です。







イメージ 8

奥に梅が咲いているのが見えてきましたが、曇り空なのでちょっと残念。







イメージ 9

近くで撮影。

桜のように咲き誇る感じじゃないけど、可愛らしさだけでなく凛とした感じが良いです。







イメージ 10

ここで、すでに11時を過ぎてしまったので、ます淵ダム湖へ向かうのをやめてUターン。







イメージ 11

自転車道を上っていきます。







イメージ 12

下りより上りのほうが、のんびり景色を楽しめるし、寒くないから良いね!







イメージ 13

県道に出てからの上りの途中で、林道への入口で休憩。

サドルバックの中に、飴が入ってて良かった〜。
メロン飴がこんなに美味しいと感じたのは初めてです。







イメージ 14

「南河内橋」を渡らずに、右に進み、貯水池をぐるっとまわります。







イメージ 15

「河内堰堤」。

土木学会選奨土木遺産だそうです。



12時半頃、無事、駐車場到着。
車に自転車を積んで、せっかくなので、車で「ます淵ダム」へ。

「ます淵ダム」は車を降りることもなく、へぇーって感じで通過、途中でUターン。
「菅生の滝」は、駐車場に車を停めて歩きます。







イメージ 16

菅生(すがお)って、素顔からなのぉ〜!?







イメージ 17

「菅生の滝」。

登山靴と違って、少し濡れてる石の上も滑る滑る。
危ないので、近くに行くのはやめておきました。







イメージ 18

イメージ 19

帰る途中にあった「道原貯水池」。


15時半頃、ホテルに帰り、温泉でまったりして、部屋でビールを飲んで、そのまま夕食に突入しました。

小秀山(雪山登山)

先週は、仕事が思うようにならなかったからか、ちょっとしたことでイライラ。
週末、出張から帰って、かみさんと飲みに出かけたけど、他の客が気になりピリピリ。

こりゃ〜心と体のバランスが崩れているな。

山頂まで行けず断念したことと仕事がリンクしているような気がしてきて、よし!今週は、登頂できなかった山に、トレッキングではなく山頂目指して登山するぞ!ってことで、気持ちを強く持ち、先週断念した山、『銚子ヶ口』・・・
いや、その前に自分の実力を教えてくれた山がある。
https://blogs.yahoo.co.jp/tsukasanohide2004/66595110.html

『小秀山』に行くことにしました。


2月23日 土曜日

2時半に一度起きて二度寝。
3時半頃起きて、5時自宅を出発。







イメージ 1

計画より1時間早く7時から登山開始。

自分の実力を考えると三ノ谷からの往復をと計画していたのですが、1時間余分に時間を取れたので、二ノ谷からチャレンジすることにしました。







イメージ 2

「ねじれ滝」







イメージ 3

凍っていないところや岩の上を選んで歩いていましたが、避難小屋の手前で、滑って尻餅をついてしまったので、橋の上でアイゼンを装着。







イメージ 4

さくさくと歩けて良い感じ、もっと早くつければ良かったです。







イメージ 5

「夫婦滝(男滝)」が凍っているのを観て感動。

完全に凍っているところは白色だけど、ところどころペパーミントグリーンっていうかオーシャングリーンというかなんともいえない色で神秘的でした。
カメラのせいにしちゃいかんけど、そのままの景色が撮れるカメラが欲しくなりました。







イメージ 6

「カモシカ渡り」は、ポールをザックに付けて手で木の根っこや岩をつかんで登りました。







イメージ 7

「二ノ谷、三ノ谷分岐」からは初めての道です。
時々、踏み抜いたりしましたが、ワカンを使うまでもなかったです。







イメージ 8

良い景色です。







イメージ 9

風が強かったので「兜岩」の上にいくのはやめました。







イメージ 10

「第三高原」で、寝不足のせいかシャリばてか、これが実力なのかもう限界って感じで、「秀峰舎」を眺めながら休憩。

チョコようかんを食べて少し元気になりました。







イメージ 11

「秀峰舎」にザックを置き、ハードシェルの中にフリースを着て山頂へ。







イメージ 12

「小秀山」山頂。

「御嶽山」も観ることが出来て良かったけど、すんごい強風!







イメージ 13

そそくさと「秀峰舎」に戻って、アイゼン、登山靴を脱いで昼食。







イメージ 14

小屋ごと飛ばされちゃうのではと思うくらいの強風の中、窓から御嶽山を眺める。

のんびりしてたら下山できなくなると思い、急いで下山開始。







イメージ 15

良ぃ〜ね!







イメージ 16

兜岩あたりの風はかなり怖かったけど、「御嶽山」も見えて景色は良いです。







イメージ 17

分岐まで下って一安心。







イメージ 18

思いのほか雪が残っていて林道までアイゼンをつけたまま歩きました。







イメージ 19

林道のツルンツルンの道でスケートだーなんて少し遊んで、16時無事下山。

バリエーションも多く、良い景色もあり、御嶽山も綺麗に観ることが出来て、楽しかったけど、これまで登った山の中で、一番きつかったかなーと思いました。



日曜日は、グッチの散歩したり、家の花壇を手入れしたりして、午後から会社に行き、ちょいと仕事も楽しみました。
心身ともにリフレッシュできて良かったです。

2月16日 土曜日

「銚子ヶ口」って「てんくら」で天気予報が出ないので、近隣の天気予報を確認したら、なんだかあまりよろしくない。
計画したときは良かったんだけどなー。
だめもとで、降ってきたら温泉入って帰ってくるねとかみさんに言い、7時に自宅を出発。







イメージ 1

8時半頃、水車の横に駐車させてもらい登山開始。







イメージ 2

淡々と登る。







イメージ 3

少し雪が残っているなあーなんて思っていたら、しっかり雪山に。







イメージ 4

雪が少ないところでは、いのししと思われる足跡があったのですが、雪深くなってきたら、いのししの2つ爪の足跡は無くなり、ウサギかなって足跡になり、おっかなびっくりのトラバースでは、ウサギどころかトレールさえなくなる。







イメージ 5

踏み抜いたりしながらも、つぼ足で13/15を通り過ぎたところで、ホワイトアウトとまではいかないにしろ、霧でテープも見えず、戻るときに自分のトレールを見失ったら・・・ とか考えてしまい「御池岳」の恐怖がよみがえる。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1421805.html

200mごとにある標識から、「銚子ヶ口」山頂まであと400mを切っているとわかっていても、もうダメ、撤退。







イメージ 6

12/15まで戻って昼食を食べ、6本アイゼンをつける。







イメージ 7

雪のなくなったところで、珈琲タイム。







イメージ 8

タイマーで自撮りしたりして遊び下山。

車に乗って、温泉を検索していたら、鼻水がたらり・・・ と思ったら鼻血でした。
温泉に入ってるときに鼻血が出てもいかんと思い、そのまま帰宅しました。

もうすぐ山頂だっただけに、もう少し頑張るべきだったかなあとも思いましたが、山頂の楽しみをあとに残しておいたってことで、またチャレンジします。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事