ここから本文です
ケッタマシーン 〜ケセラセラ〜
自転車&歩いたりして、心の旅を楽しんでいます。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

霧島山(韓国岳)

6月14日 金曜日

思いのほか仕事が終わるのが遅く、夕食の時間に間に合わないと思い宿に電話。
お弁当のようなもに・・・とお願いしましたが、電話対応してくれたのは大女将でしょうか部屋では匂いが云々と仰るので、仕事が終わったら電話しますと電話を切る。

仕事が終わって再度電話すると若女将でしょうか、何時頃になりますか?待ちますよと優しいお言葉をもらいましたが、20時頃になってしまうので料理を片付けてくださいと丁重にお断りし、宿への道中のコンビニで夕食。

大女将と若女将の対応の違いは天地ほどの差がありました。




6月15日 土曜日

チェックアウトすると夕食なしの料金になっていたので、料理を用意してくれていたのに申し訳ないと夕食付きの料金を払わせてもらいました。

大女将だったらありがとで済ませたかもですが、若女将との会話だったし、またお世話になりたいしね^^

天気予報は雨。
前回は雨で断念したので、今回は大浪池まででも良いから行きたいなあと登山口まで行ったらまさかの青空。







イメージ 1

でもすぐに降ってくるだろうと合羽を着て登山開始。

少し登って暑くて脱ぎました。







イメージ 2

昨夜の雨風で綺麗に洗われた山。







イメージ 3

大浪池を観ることが出来たのはラッキーでした。







イメージ 4

東まわりで歩き出すとすぐに真っ白けで景色は見えなくなってしまいました。







イメージ 5

避難小屋を過ぎたあたりから雨が降ってきたので合羽を着る。







イメージ 6

山頂近くでは暴風雨って感じですが、ミヤマキリシマが綺麗でした。







イメージ 7

『韓国岳』山頂。

山頂で周りを見渡すが何も見えず、写真だけ撮ってすぐに下山。

西回りは、たぶん大浪池が見えるのであろう個所が何箇所かありました。







イメージ 8

下山後、「新湯温泉」。







イメージ 9

入浴時間は30分以内に限定されています。

さっぱりしてから熊本に移動。







イメージ 10

マッサージチェア付きの部屋。








イメージ 11

最上階の「スカイスパ」。

湯上りにホテルお勧めの居酒屋へ。







イメージ 12

馬のホルモン煮やら、鶏のハツ唐揚げなどなど、酔いものを頂きました。

次回は、馬ヒモ鉄板焼や、豚足などを食べてみたいです。



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事