TsukasaJewelleryRoom

Jeweller Tsukasaの小部屋 各Roomで異なるテーマの作品や資料画像を紹介

ロンドン時代の友に会う。

久々、ロンドン時代の友人に会ってきました。
それぞれに、お互いの分野で、あれこれ迷いながらもめっちゃ先を見て走っているのだが、
彼と話しをすると、今の自分のステージが確認できたり、過去の話しを振り返る事で様々な事が不思議と見えてくる。

このままでよい事と、もっと伸ばしていきたい部分がはっきりするし、悩んでいた事も価値があるように思えてくる。
今の私の迷いながらの結論も、それしかない!と言われるとよかったと思えるし、また頑張っていこうと思わせられる。

ロンドンでは私の人生にとって、大切な出会いや経験があった事は、十分感じているが、彼の場合はロンドンの時は、単なる知り合い、日本で改めて友達になった。それなのに、ロンドンの時の印象は鮮明に記憶されているのが不思議。
あまりにも真っ直ぐに、制作と向き合っている姿は、、眩しく感じるし、自分も感化される。
若い頃、私が他者に対して感じが悪かったのは、自分が守ろうとするものを必死に守っていた気がするし、それが曖昧で、自信もなかったから、それでもそれを信じることしかできなかったから、それを信じるという挑戦をしていたから、だと思わされる。
 
今は、それなりに様々な経験をし、
腹の中にある、心の中にある、自分の個性の中心、点だけが大切で、それがしっかりあれば、どんなに柔軟に動いてもバランスがとれていく、自分のデザインになっていく、というある種の確信がある。
それは仕事と共に学ぶ場となった合気で学んだ心かもしれない。
 
いろいろな事がすっきりする、大切な時間でした。
 
イメージ 1

.


みんなの更新記事