京日記 花がたみ

四季折々の 美しいものを 随筆で

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 
☆ 銘酒・月の真珠   MOON PEARL


    月の光を浴びて 真珠はまあるく 大きくなる

    その清らかな純白の輝き

    人の心もそうでありたい

    月は 宙に浮かんだ 巨大な真珠



    ブログ仲間で画家の ミーミーランさま  から

    思いがけない贈り物が届けられたのは、昨日7月27日のことでした。

    開けてビックリ Σ(・ω・ノ)ノ!! 純米吟醸酒 『 月の真珠  』



イメージ 2


☆ 御礼の電話にて


    「 こんな名前のお酒があったなんて… しかも、日本酒党の私が大好きな吟醸酒 」

    感激して早速、ミーミーランさまへ御礼の電話を掛けました。

    受話器の向こうから、明るい笑い声と共にこう話されました。


    「 とある検索中に、この銘柄のお酒を見つけてしまいました。

      本当は22日のお誕生日前に知っていれば

      この日に送ってあげられたのに、残念です。

      どうぞお気兼ねなく、蒸し暑い今宵からでも冷たくしてお召し上がりください 」



イメージ 3


    なんて、粋な計らい。 なんて、おやさしい方だろう… カッコイイその上、太っ腹!

    1本ならまだしも、3本も! うれし過ぎます。

    三重県のお酒

    三重には私も訪れたことがありますが、地酒が豊富です。

    海の幸に恵まれているからでしょうね。


    「 月の真珠 」 同じ名前ということは、私とどちらが歴史が古いのかしら… 

    ふと、そんなことを知りたくなって、三重県四日市市にある

    販売元の 『 ヤマコ醤油 』 さまへ連絡してみました。


    すると、ハツラツとした男性が出られて

    「 うちは醤油醸造をしているもんで、お酒は造ってないんです。

      近くの酒蔵で造っているものを販売しています。

      月の真珠は古い酒蔵で、歴史もあるし、女社長さんが頑張っておられますよ 」

    と教えてくださいました。



イメージ 4


☆ 稲垣酒造場 


    次に、酒蔵である 『 稲垣酒造場  』 をインターネットで検索しました。

    上品で丁寧な心尽くしのHPに好感を抱きました。

    「 三重県で一番小さな町の小さな酒蔵 」 とあります。


    蔵元のある場所は、三重県三重郡朝日町

    あの 「 壬申の乱 」 の折に、大海人皇子 ( 後の天武天皇 ) が

    朝日に向かって伊勢神宮を遥拝し、勝利宣言をして士気を高めたといわれる

    伝説の地 ― 朝日

   
    そこにある酒蔵では、伊勢神宮の御神木から由来する

    銘酒 『 御山杉 - みやますぎ  』 を醸しておられます。

    遡ること明治16年 ( 1883 )より、2016年現在133年の歴史を誇ります。


    お電話すると、とても感じの良い女性の社長さん ・ 稲垣陽子氏が出られて

    「 月の真珠  は20年ほど前から造っておりましたが

      地元の旅館やホテルでのみ販売して参りました。

      酒屋で販売するようになったのは今年からで…

      伊勢志摩サミット の影響です ( 笑 )

      空港などへも置き、海外からのお客様のおみやげにもと思い

      英文で説明もつけました 」



イメージ 5


☆ 格調高い日本美


    「 とても洒落たシックなパッケージで、デザイナーさんのセンスが光っていますね 」

    「 あ、そうですか… ありがとうございます 」

    「 金や銀の砂子が散りばめられていて、黒漆の蒔絵  のようです 」

    三日月がロマンティックですが、実は格調高い伝統の日本美があふれた化粧箱。

    説明文の和訳はこちら



イメージ 6

                         月にいきたいです
☆ 熟成の琥珀色


    伊勢湾は真珠養殖で有名な場所。

    三重県産のお米を真珠のようにまあるくなるまで磨いて

    中心の美味しい部分だけで吟醸酒が出来上がります。 


    その過程では、酒造好適米を60%精白したものを、40日かけて醸し

    吟醸仕込みで1年以上熟成させているとのこと。

    なんとも、贅沢なお酒ですよね。
    

    特に、稲垣酒造場さまでは昔ながらの 「 熟成 」 にこだわっています。

    「 タンクにて熟成されたお酒はまろやかさが増す 」 との先代の教えを守って

    ご家族で良質のお酒を少量製造 されているのです。

    ですから、その真髄は 「 できる限り熟成した日本酒 」

    まるで、ワインかウイスキーのようですね。



イメージ 12


    社長さんはこう語ります。

    「 お客様の所へ行ったものはまだ、お酒が若いと思います。

      もっと熟成させたものもございます 」

    「 どうりで 琥珀色 をしているのですね 」

    「 はい、少し色がついておりますでしょ。 お酒本来の色 そのままです 」

    琥珀というよりも黄金に煌めいて見えます。



イメージ 7


☆ お酒の香り


    良く冷やしたところを頂戴しましょう。 瓶が汗をかいていますね。

    社長さんは

    「 MK-1という酵母を使っていますが

      それは吟醸酒の割に香りが少なくて… 」 

    と慎み深くおっしゃいました。

    なんて、正直な方だろうと好感を覚えました。 

    それに対して、私は

    「 変な香りのついた、媚びたようなお酒が嫌いで悪酔いするんです。

      よく、女性向きで〜〜 とか、フルーティーな〜〜

      なんて言ってる日本酒が本当に苦手なんです 」

    とハッキリしています。



イメージ 8


☆ 晩酌の始まり


    夕べの晩酌はお酒の風味を楽しむために、アッサリしたものばかり

    「 茄子の煮浸し揚げ出し風 」 と 「 万願寺唐辛子と椎茸の焼いたん 」

    そして、「 自家製ぬか漬 」 です。



イメージ 9


☆ 本格的な日本酒


    ひと口よばれた途端、最初は 

    まろやかで口当たりが良くて、やわらかな甘さと深いコク を感じました。

    しかし、それはほんの一瞬で、たちまち

    キリリッとした強烈な辛口と本格的な日本酒のガツンッ! という衝撃

    その変貌ぶりに驚嘆! 濃厚で 決して、甘くもやさしくもない のです。

    これは 日本酒の直球、王道! 

    すべてが本音 であるからこその旨味は

    本当にお酒の好きな人しか飲めない

    中途半端な気持ちでは飲まれてしまうくらい

    芯の強い お酒です。

    それでいて、最後の後口は 涼やかで軽やか


    ここまで書いてきて、気づいたことは 「 なんだか私に似てる… 」



イメージ 10


☆ 月の真珠同士


    「 お世辞抜きで、本当に美味しいお酒です。 とても気に入りました! 」

    と私が興奮して申し上げると、社長さんは

    「 こうしてお酒の感想をいただくのは初めてです 」

    と喜んでくださいました。

    「 ところで、これからほしい時は稲垣酒造場さんか、お醤油屋さんの

      どちらへ依頼すればよろしいですか? 」

    と訊ねると、社長さんは

    「 販売はお醤油屋さんの方へ、お願いします 」 とのこと。



イメージ 11


☆ あったらいいなと空想し、憧れるもの


    「 私の 月の真珠 という名前は、7月の満月生まれで、守護星は月

      月の女神ダイアナの守護石が真珠 であることと…


      月には水がありませんから、真珠があるはずはない。

      けれど、そんな あるはずのないものを月はどこかに隠しているのではないか

      あったらいいな… というような浪漫と空想から名づけました。


      ところが、近年の月探査によって 『 月にも水があった 』 ことがわかり

      もしかすると、本当に月に真珠があるかもしれない…

      このお酒 月の真珠 は私にとって、まさに 

      あったらいいなと空想していたものが実在した! 

      しかも、なにもかも完璧な形で! というめぐり合わせでした 」  


    改めまして、稲垣酒造場さま 「 出会いに感謝します 」

    そして、その出会いを授けてくださったミーミーランさま 「 ありがとうございます 」

    私は幸せです。



               ご案内 → 稲垣酒造場 HP

                   ご注文 → ヤマコ醤油 
  

この記事に

閉じる コメント(3)

アバター

内緒さま。
ありがとうございます。
> 「三重県で一番小さな町の小さな酒蔵」キャッチコピーにして最高。

おっしゃる通り、真っ正直で信頼できる稲垣酒造場さまです。
その真摯な姿勢がお酒に現れています。
今もよばれているのですが、美味し過ぎて、お酒が進みます。

私くらい日本酒に強くなければ、飲まれてしまう強靭な美酒。
こんな素晴らしいお酒にめぐり合えたこと、なにかの恵みとしか思えません。
ミーミーランさまの粋な計らいに感謝でいっぱいです。

2016/7/28(木) 午後 9:10 月の真珠 返信する

顔アイコン

すばらしい! 月の真珠なんてあるんですね♪ 地方の酒蔵には本当に面白いものがありますねえ。
お酒は、ワインにしても日本酒にしても、いわゆる甘口があんまり好きでない私は、キリっとしたお酒・・いいなあ。
きっと、似ておられるんですね♪

2016/7/28(木) 午後 9:32 [ 乱読おばさん ] 返信する

アバター

乱読おばさんさま。
月の真珠は銘酒です! 日本酒党の私が太鼓判を押します!
自画自賛みたいで恐縮ですが、ブラボー なうれしさと美味しさです。

以前、三重を旅した時も地酒の多さとその美味しさに圧倒されました。
鳥羽の旅館では新鮮で豊富な海の幸と共に、もちろん!
仲居さんお勧めの地酒をよばれました。

乱読さまもキリッとしたお酒、お好きでしたよね。
ぜひ、ご一緒に乾杯したいです。
この銘柄、このご縁、幸せ過ぎて感謝でいっぱいです。

稲垣酒造場さまも生真面目で真っ正直で、温かなお心と深い情けをお持ちです。
先ほど、HPを確認したところ、トップページで早速に記事を紹介してくださっています。

昨日、電話を取り次いでくださって、社長さまへ言づけてくださった若い女性と
酒蔵を守る社長さま、皆さん素適な方ばかりです。
乱読さまを始め、ここにいらっしゃる方は皆、ハンサムウーマンで似ているのかも (*^m^*)

2016/7/28(木) 午後 9:46 月の真珠 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事