† THEATER OF MOON †

つきこの創作小説劇場◆愛と幻想・・・妖しくも美しい禁断の物語へようこそ!更新遅れてすみません。

トップページ

すべて表示

劇場のご案内 2

イメージ 1

夢か幻か・・・

月が齎す妖しき光に導かれて

辿り着いた先は遥かな星の軌跡

ここではない何処か遠くの世界の迷宮

儚き夢の果てに漂う禁断の異世界ファンタジー小説




 つきこの創作小説劇場

              † THEATER OF MOON †


 風と大地と  太陽と月と   宙と星と

 花と鳥と    森と湖と    金と銀と

 聖と悪と    生と死と    剣と杯と

 全ての美しい魂の物語を

 永遠の時を彷徨い続ける神の歌を


 

イメージ 2


神話と伝説に彩られた長い歴史を持つ王都ラジール
その広大な王国を治めてきたのは代々のラザ王であった。
星の守護神であり創造主である神の子『フロネ・シス』
その子孫であると伝えられるラザ王は絶大なる権力を握って世界に君臨していた。

そして誕生したのがラザの王子リカエルであった。

リカエルは神の子フロネ・シスの象徴である美しい金色の瞳と類まれなる美貌を持ち
王となるべく恵まれた才能から『フロネ・ラ・リカエル』と幼少の頃より人々に呼ばれて
敬愛されていた。
だが王子リカエルはそんな人々の期待とは裏腹に心は孤独だった。
リカエルは愛に飢えていた。
真実の愛が何かもわからぬままに・・・
本編ではそんなリカエルの波乱に満ちた生涯を描いています。

☆只今「外伝 銀の森」を連載中の為、本編は更新休止中です。



イメージ 2


父亡き後、僅か九歳にして王位に就いた銀の森の王テリドレアーネ。
だがテリドレアーネ王は両性体のまま即位した異例の王であった。
銀の森の王族特有の銀色の髪と瞳を持つテリドレアーネは
やがて文武に秀でた美しい王としてその名を馳せる。
しかしそんなテリドレアーネも冷たい美貌の下に孤独を抱えていた。

銀の森の王とそれを取り巻く人々を中心に繰り広げられる様々な愛のかたち・・・
そして甘く切ない禁断の愛の物語・・・
「外伝 銀の森」では銀の森の王国と近隣諸国を舞台に愛と葛藤する様々な人間模様を描いています。


イメージ 2



作品一覧



■物語は全て関連した作品になっております。

 出来ましたら最初から順番にお読みいただくことをおすすめいたします。



イメージ 2



★一日一回ポチっと応援クリック宜しくお願いします!★



イメージ 2


■当劇場はほんのりエロティックな禁断のファンタジー作品を公開しております。
 一部R15やR18の指定をさせていただく作品もございます。
 同性愛等扱った作品もございますので
 そのような描写や表現に嫌悪感を抱かれる方はどうかご遠慮くださいませ。
 ご理解のある紳士淑女の皆様を心より歓迎いたします。

■ご意見ご感想も遠慮なくコメントいただけると嬉しいです。

■はじめましてのご挨拶やファンポチ報告などのコメントはゲストブック足跡の小部屋でお願いします。

 こちらから勝手にお気に入り登録させていただく場合もございますが
 基本的には相互ポチはいたしておりません。
 それでもかまわないという方はどうぞご自由にお気に入りに加えてくださいませ。
 管理人は何かと多忙な為、皆様の所になかなか足を運べないこともあり大変心苦しく
 ご迷惑をおかけすることも多々ございますのでそのように対応しております。
 何卒ご理解の上宜しくお願いいたします。
 
■コメントはちょっと苦手…とおっしゃる方は読み逃げでも全然かまいませんので
 記事右下にあるナイス!ボタンをクリック!していただくか
 記事下にありますランキングの応援クリック!をしていただければとても励みになり嬉しいです。



イメージ 3




TSUKIKOのロゴデザインは可愛いお友達の舜くん翼くんからいただきました。

◆ライン素材はSilvery moon light様からいただきました。


※小説、イラスト作品画像の著作権は作者であるつきこ(久藤津稀子)にございます。

※作品の無断転載等は固くお断りいたしております。


Copyright(C)Tsukiko Kudou All Rights Reserved

その他の最新記事

すべて表示

◆初めてお越しの方は トップページ よりお入りください。 「それにしても何だ?あの姫・・・気が強いにも程がある。助けてやったというのにお礼の言葉の一つもなかったぞ。」  シェリークはイリュミナに平手打ちされたことを思い出して、熱くなった頬を指で摩った。 「姫が怒るのは無理もありませんよ。」  エメリア伯爵 ...すべて表示すべて表示

◆初めてお越しの方は トップページ よりお入りください。  シェリークの剣に喉元を突き付けられたドナールは身動きも出来ないまま身体を震わせていた。 「そこまでだ。勇者よ。剣を納めるがいい。」  ゼア大公の一声で場内はたちまち大きな歓声に包まれた。己の勝利を確信したシェリークは笑みを浮かべると、ドナールに向けていた剣を颯爽 ...すべて表示すべて表示

◆初めてお越しの方は トップページ よりお入りください。  夜の森のゼア大公家の館では月の宴に集まった客人たちが剣試合の余興を楽しんでいた。  広場の中央では二人の若者が一触即発の緊張感漂う中、剣を構えて対峙していた。夜の森の騎士団で一、二を争う精鋭と謳われるドナール・ランデスに挑む異国の美しい青年の姿を皆が固唾を呑んで見守っ ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事