医療ミス

大和田哲雄医師 関西労災病院 IC違反・低侵襲チタン固定術の無断実験と大出血後血腫放置。チタン逸脱放置隠蔽。不全 麻痺 後遺症

(2152)自分の城を築くために

.(2152 )自分の城を築くために 『e-docor 大和田哲雄』で、ネットにて誇大宣伝の(兵庫県)関西労さい病院  整形外科 第二部長  大和田哲雄 医師.。 患者に無断で未経験の低侵襲術式セクスタントRを使い、人体実験して、麻痺させた医療ミスを隠蔽し、ジャズバンドのライブ活動で遊び呆け、名医のふり。 患者を人体実験で麻痺させつつも、趣味に打ち興じる 医師の宣伝内容をご覧あれ↓ ① ― 日本の医療行政は今後、どのようにあるべきでしょうか。 大和田哲雄医師: この国の医療は国民皆保険に支えられ、皆が平等に受診できるわけですが、 医師のモチベーションを下げてしまっているところはありますね 。混合診療が解禁になれば 医師の格付けは必要になるでしょう。アメリカですべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

(2578)閑話休題

2019/3/20(水) 午後 11:30

(2578)閑話休題 固い話を書いていると、肩が凝る。 ちょっと、骨休めを‥♪ バラバラに、あれこれ、フォトを載せてみた。 ↓医療過誤犯罪に巻き込まれた2006年より、7年前のお正月、☆は同僚と二人で北海道のキロロスキー場   へ 行った。娘は家人とお留守番。    あの鐘を鳴らすのは、、、わた〜しぃ〜♪ 和田☆子 ...すべて表示すべて表示

(2577)裁判の争点

2019/3/18(月) 午後 4:05

(2577)裁判の争点            = 医療過誤裁判 = 単純に争点を絞った方が勝訴する 、と弁護士は言う。 最大の争点は何か、そこを整理する必要があった。 ●麻痺発生の事実を、大和田哲雄医師に認めさせることが最優先。   ある弁護士は言った。『裁判官は、カルテと、画像と、医師の所見だけを信頼し ...すべて表示すべて表示

(2576)脊椎術後の麻痺発生発見のための有意な検査:膝立検査 膝立て検査は、患者には敢えて何も説明や指示を出さず、医師側が黙って患者の膝をベッド上で立てて、左右の膝を医師が保持し、無言で保持を止めて、患者の膝が倒れるか否かを見る検査方法。 この検査方法で、麻痺発生の有無をかなり正確に早期発見できるという優れた 医学文献である。 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事