医療ミス

大和田哲雄医師 関西労災病院 IC違反・低侵襲チタン固定術の無断実験と大出血後血腫放置。チタン逸脱放置隠蔽。不全 麻痺 後遺症

(2152)自分の城を築くために

.(2152 )自分の城を築くために 『e-docor 大和田哲雄』で、ネットにて誇大宣伝の(兵庫県)関西労さい病院  整形外科 第二部長  大和田哲雄 医師.。 患者に無断で未経験の低侵襲術式セクスタントRを使い、人体実験して、麻痺させた医療ミスを隠蔽し、ジャズバンドのライブ活動で遊び呆け、名医のふり。 誇大な宣伝をして、患者を人体実験で麻痺させつつも、趣味に打ち興じる 医師の宣伝内容をご覧あれ↓ ① ― 日本の医療行政は今後、どのようにあるべきでしょうか。 大和田哲雄医師: この国の医療は国民皆保険に支えられ、皆が平等に受診できるわけですが、 医師のモチベーションを下げてしまっているところはありますね 。混合診療が解禁になれば 医師の格付けは必要になるですべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

(2550)秋の里山 梅田空中庭園 風邪をひく前に、梅田の空中庭園のあるスカイビルへ。 この界隈には里山を目指した庭がある。 安藤忠雄さんのデザインによる希望の壁もある。 この日、たまたま、里山風庭園には職人さんの手入れ中で入れず。 電動車椅子で快適に ...すべて表示すべて表示

(2549)鬼の霍乱 

2018/11/9(金) 午後 10:50

(2549)鬼の霍乱  そっか、、鬼と自分のことを言えば、余裕シャクシャクとか、健康そのもの、とか、そういう風にとられることもあるのか。 余裕もなく、健康体でもないが(脊髄神経不全麻痺←関西労災病院、整形外科、大和田哲雄医師の犯罪隠ぺい医療が原因)、精神的にはまだまだ元気。だから鬼の霍乱と書こう。爆。 先々週あたりから家族が風邪 ...すべて表示すべて表示

(2548)人生フルーツ

2018/11/5(月) 午前 0:20

(2548)人生フルーツ 人はどのように生きると 実りある人生だったといえるのだろうか。 人生フルーツの中で、その答えは見えるような気がした。 一人の建築家と妻と雑木林と・・。 真に人間らしい暮らしを求めて、理想の家を作り、雑木林には実りある木々や畑。家屋は津端氏の手作り。素晴らしいドキュメンタリーだった。 h ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事