ここから本文です
家庭教育研究会 Montessori seed
つくばモンテ発信 子育てのツボ

書庫全体表示

 芋掘り翌日、連日の秋の日差しが心地よい。トッポン子は絶好調で掘り上げた芋に挑む。

ずっしり掘り上げたさつまいもを力一杯持ち上げた子どもたちが、今度はそれを数え上げようとしている。


知りたい、100本あるのかな。
3歳以上児が心を合わせて挑む。

朝の会で、数を予測する。
お風呂で50まで数えるのが精一杯の子は、もちろんたくさんの象徴を50と予測する

年長児で300が最高の予測だ。
さあ、始めよう。

準備万端。

モンテッソーリ教具の10のキンビーズを数えたように並べてみる。

1からスタート。10が10列になれば100,
汗をかきかき進む。
誰も諦めず、芋を並べる。並べ終わるとまた次の芋を取りに向かう。

芋を置いて終わりではなく、また始まる。その瞬間の子供の表情はまさに、新しく生まれ変わったような満ち足りた輝きを放っていた。

意気揚々と数えた。

いよいよ最後の芋を置いた。


さあ、いくつだろう。

四角くきれいに並んだ芋に大満足のトッポン子が眩しい。

1 100,2 100   なんと500
そして1.10 2.10    50
さらに1.2.3.         9
合わせて559  

驚きと歓声があがり、トッポン子は数量と数詞を身体に染み込ませた。

チャレンジトッポン、数を感情をともないながら手にした。

苗の育ちを目にして、収穫を迎え、畑のお掃除をした子どもたち。
数を数えて、さらに味わう
家庭にお土産にして、さらに話に花が咲く。
こうして学び、獲得した体験はきっと姿を変えて応用力となり、子どもたちをずっと支えてくれるだろう。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12












この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事