ここから本文です
家庭教育研究会 Montessori seed
つくばモンテ発信 子育てのツボ

書庫全体表示

躾もやりとり

身を美しく整えるための躾、おそらく昭和育ちの方々の暮らしの中には、たくさんの躾をするための言葉や、親とのやりとりがあふれていだのではないでしょうか。
私の子供時代は半世紀前
一日中、母や祖母の躾の言葉に追いかけられていた思い出があります


朝は着替えがすぐにできるように、衣服一式が枕元に置いてありました。着替えたら水を無駄に使わずに洗顔。一本の手ぬぐいを巧みに使って、耳の後ろまで拭き清めました。使ったら木綿の手ぬぐいキリリと絞ってパシッと干す。


洗顔後もタオルでフワッとぬぐう今では考えられないですね。


幼い子どもは全身を使って、それらの躾を実践し、心に自信の種まきを続けたものです。


やれ、畳のヘリを踏んではいけない。
やれ、布団の裾も踏んではいけない。
やれ、夜に爪を切ってはいけない。
この頃、爪は和バサミで切ったものです。
やれ、夜に口笛をふいてはいけない。
風呂にはおかゆがついていて、入る前、出るとき、必ずジャブっと一桶浴びる。


おひつにも、お茶碗に飯粒の一つも残してはいけない。


一日中、あれこれ伝えられながら、それでも動いて学ぶ毎日はとても新鮮でした。


書いているうちに母の声までよみがえります。
躾はやりとり。
言葉で愛を伝え、大人が動いて子どもに真似をするチャンスを与えたものです。


だからこそ、投げかけたままでは、躾はただのお小言になります。
心のキャッチボールを通して、行われる躾を見直してみませんか?


寒い季節だからこそ、お子さんとじっくりやりとり。自分の身の始末から、他者への配慮を学び、環境への働きかけを学び。頭の働く生き生きした子どもが誕生します。
なんでも自分でできる喜びを感じさせてみませんか?

イメージ 1
             画像ナショナルジオグラフィックより
                                                          



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事