ここから本文です
古民家の古時計!
いつかどこかでお会い出来る日が来ることを楽しみにしてます(*^▽^*)

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

5月20日の御供時計は1989年、国内向けに販売された「オートクォーツ」
ですが、それより1年早い1988年1月、世界に先駆けてドイツで販売されていた
のは今回の「AGS」です。
当時、世界的なエコロジーブームの中、クォーツ式に次世代を担う画期的な
腕時計として脚光を浴びたモデルです。

イメージ 1


当時としては珍しく裏蓋がスケルトンになって居り、ケースサイズも
外径:27.6mm、厚み:4.2mmとコンパクトです。
精度は日差でなく、月差:±15秒(カタログ値)

イメージ 2


高級感あるコンビモデルの一体型ブレスレットになってますが、
販売コストを抑えるためでしょうか!
金メッキ仕様にしてしまったことが残念です。
日本のモノ作りは技術は優れていますが、コストを抑える事への美学が強く、
どうしても高級路線へ踏み込まないところが欠点に感じます。

イメージ 3


デザイン的には細部まで手の込んだ仕上げになっているのですが、
ブレスレットの裏側をみると廉価版モデルと同じです。汗!

イメージ 4


フェイス側から観ると洗練された高級感を漂わせているのですが・・・

イメージ 5


そして、前々回の記事で御供時計として登場してた「オートクォーツ」と
比較した画像です。
当時の価格ですが、「オートクォーツ」は5万円
それに対して、ドイツで販売された「AGS」は10万円前後だったと
記憶してます。

イメージ 6


次世代モデルとして脚光を浴びた自動巻き発電クォーツ式の初期型ですが、
既に30年も経過してますので、現在は殆ど見掛けなくなってます。

イメージ 7

今回も最後まで御覧いただきましてありがとうございました♪
下記へ応援クイックを戴けますと励みになりますm(_ _"m)
ブログランキング 古民家暮らし ブログランキング 腕時計

ブログランキング ⇒ https://blog.with2.net/rank2374-0.html

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事