ここから本文です
古民家の古時計!
いつかどこかでお会い出来る日が来ることを楽しみにしてます(*^▽^*)

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

1933年〜55年までロレックス社が威信をかけて世に送り出した「バブルバック」
は有名ですが、50年代に短期間販売された「ビックバブルバック」も
存在してます。
今回はその中から、コンビモデルを紹介させていただきます。

イメージ 1

モデル名からも解ると思いますが、大きく変わったのはケースサイズと
オイスターケースに採用されていたスクリューダウン式竜頭が2段引き竜頭
になってます。

それまでの「バブルバックは縦が35mm、横が31mm」とコンパクトサイス
でしたが、「ビックバブルバックは縦が43mm、横が36mmになってます。
又、裏蓋が膨らんだ芸術品の様に美しいドーム形状は裏側からみても、直ぐに
バブルバックと解ります。

最近のロレックス・ヴィンテージ市場はダイバーズ、クロノグラフ、特殊モデル
ばかり人気になってますが、50代からはコンビモデルのヴィンテージ物を身に
着けるとお洒落ではないでしょうか!

イメージ 2

今回のモデルは1990年代に千葉県の津田沼駅前にあるアンティークショップ
(米国軍用モデルの専門店)へ「ハミルトン・ミリタリー」を買いに行ったの
ですが、ショーケースに並んでいた「ビックバブルバック」に一目惚れを
して、即購入!(-_-;)
本当は「ハミルトン・ミリタリー」を複数購入しようと思いそれなりの金額を
持って居ましたが、当時からロレックスは桁違いに高額で、その結果!
ハミルトンは1本も購入出来なくなりました(笑)

イメージ 3

画像ではロレックスのヴィンテージ物にしか見えませんが、
金色のエンジンターンベゼルも王冠マーク入り竜頭も金無垢が使用されてます。
これまでに国産機、舶来機を数千個は手にして来ましたが、
当時からロレックスは時計作りに対する材質への拘りと云いますか、国産機とは
哲学も違うように感じます。

イメージ 4

そして、1950年頃の尾錠も材質は金無垢にしているのですから、
そこまで拘るロレックスはやはり凄いです(*^▽^*)

イメージ 5

裏側に18金無垢「750」とROLEXの刻印もあります。

イメージ 6

1950年代「ビックバブルバック」 vs 1980年代「デイトジャスト」

イメージ 7

イメージ 8

ヤフーブログの更新もあと3ヶ月になりましたので、今後は戦前のロレックス
を特集したいと思ってます。


今回も最後まで御覧いただきましてありがとうございました♪
下記へ応援クイックを戴けますと励みになりますm(_ _"m)
ブログランキング 古民家暮らし ブログランキング 腕時計

ブログランキング ⇒ https://blog.with2.net/rank2374-0.html

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事