徒然わいん

徒然なるままにグラスにむかひて・・・・・・・・・

全体表示

[ リスト ]

サントリーさんのご招待で、サントリー塩尻ワイナリーのワインセミナーに行ってきました。
場所は、銀座NAGANO。

1階は長野県産品の販売所になっており、バルカウンターもあって、長野県産ワインの有料試飲も出来ます。
こちらは今度利用してみたいと思います。

セミナーは2階のイベントスペースで行われました。

今回のセミナーは、今までジャパンプレミアムシリーズの一つの産地として扱われていた「塩尻産葡萄を使って塩尻ワイナリーで醸造されているワイン」を「登美」「登美の丘」ブランドと同様に、「塩尻」ブランドで9月から売り出す。リブランディングに伴うキャンペーンの一環のようです。

イメージ 1

こちらが、9月から一新する予定の塩尻ワインのボトルの面々。

イメージ 2

会場には、既に、試飲のセットアップがされていました。

まずは、銀座NAGANOのソムリエ 花岡純也さんから、「長野県内における塩尻ワインの位置づけ」について、お話がありました。一昨年「本当に旨い長野ワイン100」という本を出されています。

長野県は、北信、中信、南信、東信に分けられ、これらの地域は山脈等で分断されていて、食文化も違うそうです。塩尻市は中信にあり、松本市の南に位置しています。

明治時代から、桔梗が原の開拓が行われれ、生食用葡萄のコンコードの生産に成功し、ナイアガラも造られるようになりました。これらの葡萄から、地元でジュースやブドー酒(一升瓶ワイン)も造られ、主に地元で楽しまれていました。また、寿屋(現サントリー)の工場も大正15年に誘致され、赤玉ポートワインの原料としても使われていました。今でも、サントリーへ納入している農家の生産者組合は赤玉生産者組合という名前だそうです。
1976年にメルシャンの浅井宇介氏の葡萄の改植の提案に約60名が同意し、欧州品種の栽培が本格的に始まりました。これが、今のメルシャン 桔梗が原メルローに繋がっていくわけですね(徒然わいんのコメント)。

塩尻の標高は750mで、長野全体でもワイン畑は山間部の扇状地が多く標高は400〜900m。
そのため、昼夜の寒暖の差が大きく、ワイン用葡萄の栽培に適している。

年間降水量も松本市 943mm, 上田市868mmと日本国内ではかなり少なくて、優良な葡萄産地の条件(500〜900mm)を満たしている。

1年の平均日照時間も1940時間と、全国平均1897時間に比べ長い。

2003年からは、長野原産地呼称管理制度が創設され、長野県内で栽培された農産物から醸造されたワイン、日本酒、米焼酎、シードル合わせて、3,837種(H26.2.24現在)が認定されている。

2013年には、信州ワインバレー構想が始まった(日本アルプスワインバレー、千曲川ワインバレー、桔梗ヶ原ワインバレー、天竜川ワインバレー)。

ここからは、サントリー塩尻ワイナリー所長の篠田 健太郎さんに交代し、塩尻ワイナリーの説明になりました。

イメージ 3

塩尻ワイナリー。
右側の建屋は4年前に竣工した。左手奥に見えるのが以前からある建屋。こちらもまだ使用中。

イメージ 4

醸造場の写真も見せていただきました。

イメージ 5

選果の様子。

イメージ 6

樽熟成庫は昭和12年の建造。

イメージ 7

桔梗ヶ原の土壌は表層に黒ぼく土、その下にローム層、さらにその下に礫層で、水はけが良い。

イメージ 8

岩垂原の土壌は表層の黒ぼく土、ローム層が非常に薄い場所が点在しており、下部の礫層が露出している場所があり、非常に水はけがよく、特にワイン用の黒ぶどうの栽培に適している。

イメージ 9

試飲の準備でワインが注がれました。

イメージ 10

この3種です。

まずは、左のジャパンプレミアム塩尻マスカット・ベーリーA ミズナラ樽熟成 2013から。

グラスからの香りは、甘いキャンディ香に樽からココナッツ様の香り、オリエンタルな白檀のような香り、赤と黒の果実香。
口にすると、やや強めの酸、ほのかな果実の甘みとたっぷりとした旨味、軽い甘みのあるタンニンの収斂味、ピリッとした辛味があり、噛めるような凝縮感のある味わい。

続いて、真ん中の塩尻メルロ 2013。

グラスからの香りは、ほのかに青いハーブ、赤と黒の果実香、そこにスパイシーな香りも感じます。
口にすると、豊かな果実の甘みと旨み、ふくよかな味わい、やや強めの酸がワインの骨格を形作り、シルキーなタンニンの収斂味を感じます。

最後に、右側の岩垂原メルロ 2013。

グラスからの香りは落ち着いた感じの赤と黒の果実香。
口にすると、凝縮感のある果実の甘みと旨み、中程度からやや強めの酸、噛めるような凝縮感のある味わい。しっかりとしたタンニンの収斂味と軽い苦味を感じて、塩尻メルロと比べると、こちらの方がより大柄な印象です。
水はけが非常に良い岩垂原の石だらけの土壌が、凝縮した葡萄を育むのでしょう。

テイスティング第一部はこれで終了。
東京駅前のKITTEに移動し、お料理と塩尻ワインのマリアージュの会になりました。

続く。

この記事に

閉じる コメント(1)

とても興味深く拝見しました!


続くのですね!!
楽しみです

2017/5/11(木) 午後 1:22 [ sorayume ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事